心に沁みない、ナゲーのフーケー 1987年の名鉄・国鉄

仕事が遅くなる日は、

ショートバージョンで書かせて頂いてます。

 

今日も昼ご飯を購入しに、

10時頃会社を抜け出してスーパーへ。

昼食代は¥200に収まるように

努力しています。(税抜き価格)

いつものように、¥98の総菜パン

¥68の海苔が無いおむすび、

¥20のコロッケ。

今日は特別ご褒美に、¥38の缶カフェオレ。

やばい・・・。¥200超えてシマタ。

ふと、おつとめ品コーナーを通ると、

「チーズケーキプリン」なる見たことのない商品が

あるではないですか!

しかし、値段は「¥88」・・・・。

誘惑に弱いナゲーは、断腸の思いで購入。

(ナゲーは、甘いもの大好き)

職場に帰って早速、上司の目の前で試食・・・。

(睨まれても、お構いなし)

・・・・。後悔の念に苛まれるナゲーです。

 

ということで、冒頭の通り

いつもの、心に沁みない、ナゲーのフーケー

ご紹介していきます。

既出の写真に、ちょっと手を加えてありますので

ご了承下さい。

 

f:id:nagee4678:20191002211351j:plain

名古屋鉄道・3800系。

午後の日射しが入り込む、

気だるい雰囲気の、木造電車。

 

f:id:nagee4678:20191002211513j:plain

揖斐線黒野駅

打ち水で、暑さを和らげた所へ

真っ赤な電車。

 

f:id:nagee4678:20191002211638j:plain

真っ赤な電車が、ひしめき合って

暑苦しいです。

 

f:id:nagee4678:20191002211719j:plain

パンタグラフを精一杯延ばして

スプリングポイントが乱立する駅に

大正生まれの電車が来ました。

 

f:id:nagee4678:20191002212007j:plain

現在のオシャレな車両とは違った、

さりげない楕円の窓。

 

f:id:nagee4678:20191002212112j:plain

名古屋本線加納駅

夕暮れのパンタグラフ

ちょっとゴチャゴチャですが。

 

f:id:nagee4678:20191002212212j:plain

名古屋鉄道犬山線

シワシワになった柿。

電車の風で落ちそうです。

 

f:id:nagee4678:20191002212322j:plain

犬山線・徳重付近。

自然の護岸で釣りを楽しむ人達の横を、

かましい吊り掛けモータ音+鉄橋音で

魚は逃げないのかな?

 

f:id:nagee4678:20191002212520j:plain

知多新線内海駅

朝モヤから抜け出して、終点へ。

 

f:id:nagee4678:20191002212618j:plain

河和線富貴駅

朝モヤの中へ、突入していきます。

 

f:id:nagee4678:20191002213040j:plain

国鉄最後の日。

矢印のように、上向きになりませんでした。

 

f:id:nagee4678:20191002213130j:plain

復元前の東京駅・赤レンガ駅舎と。

単色塗りの電車が良く似合います。

 

f:id:nagee4678:20191002213242j:plain

今の東京駅と、かなり違いますか?

滅多に行かない岐阜人なので。

 

f:id:nagee4678:20191002213355j:plain

東京に感じますかね?

※ほぼ既出写真、一部トリミング有り。

 

手抜き工事の、全然沁みない写真、失礼しました。

今日はこの辺りで失礼します。