心に沁みない、ナゲーのフーケー 名古屋鉄道・揖斐線

昨日、何で仕事が早く終わったかというと、

健康診断が会社近くのお医者さんであったので、

直帰したため。

良いことが1回でもあると、良いことは続かないものですネ。

しかも、ショッキングだったのは、

身長が、自称168㎝だったのに、

看護師さんから、「はい、167.4㎝」

頭の中がホワイトワールドに。

脳みそが崩れ去る数値が聞こえました。

縮んだ? チヂミ? プルコギ?

これでは、四捨五入しても「自称168㎝」と

言えないではないか!

これでは、家族に虐められるではないか!

昨日から、三捨四入を数学界の常識にするナゲーです。

 

ということで、本日は

仕事が遅くなりましたので

心に沁みない、ナゲーのフーケーを

ご紹介して参ります。

名古屋鉄道揖斐線の一コマです。

(1988年撮影、既出・一部トリミング有り)

 

f:id:nagee4678:20191005213341j:plain

旦ノ島駅。

巨大な段差が、乗客を襲います。

 

f:id:nagee4678:20191005213456j:plain

 

f:id:nagee4678:20191005213605j:plain

尻毛~旦ノ島間。

河川敷のグラウンドでは、少年サッカーが

頻繁に行われていました。

みんな、電車どころではないようです。

 

f:id:nagee4678:20191005213747j:plain

吹きっさらしの鉄橋を、ガタゴト。

 

f:id:nagee4678:20191005214053j:plain

 

f:id:nagee4678:20191005214017j:plain

有名だった、餘部鉄橋に似てないか・・・。

岐阜城も望めました。

 

f:id:nagee4678:20191005214217j:plain

古そうな石積みの土台を、新型が走ります。

 

f:id:nagee4678:20191005215740j:plain

黒野駅

木造の待合室、大正時代を感じますか?

(ちょっと遊んでみました)

 

f:id:nagee4678:20191005214718j:plain

カラーでも、昔っぽい雰囲気はありますか?

数は少ないけど、名鉄らしい系統板も。

 

沁みない写真でした。

 

今日はこの辺りで失礼します。