1988年 秋の名鉄揖斐線 おまけに市内線

いよいよ、11月8日から、

映画「ターミネーター ニューフェイト」が

公開されます。

明日は台風で、イトーヨーカドー全店閉店らしいので

本日発売の前売り券を、購入しに行きました。

ターミネーターシリーズは全作見ているナゲーは、

この映画を見るのが、今の最大の生き甲斐で、

これを見るまでは、審判の日が来てはいけない。

今の映画館は、手続きが煩雑で

年寄りのナゲーは、全く分かりません。

昔は立ち見当たり前、1回入場したら何度でも見れましたが

今は全席指定。ムビチケとやらも意味不明。

子供の頃の映画館は、吹き替え版はありませんでしたから、

字幕を読むのに一所懸命で、

2回見ないと、内容が頭に入りませんでした。

今は、1回見たら即退場なんですよね?

2日前しか席指定が出来ないと店員さんに聞いて、

 おそらく、ムビチケに悪戦苦闘する事になるナゲーです。

 

ということで、過去に戻ります。

何故行ったのか、意味不明ですが、

名古屋鉄道揖斐線の秋の様子と、ついでに市内線を

車両中心の写真とフーケーに分離して

ご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20191011191532j:plain

1988年10月16日。黒野~中之元間。

たぶん、歩いたんだと思います。

左にカーブして、川を渡ります。

朝以外は、750形のワンマンカーが

行ったり来たりするだけの線区になっていました。

 

f:id:nagee4678:20191011191803j:plain

道路がオーバークロスする場所がありました。

ちょっとピンボケ気味です。

周囲は、穀倉地帯。

 

f:id:nagee4678:20191011191956j:plain

中之元駅。

一応、住宅街の中にありました。

 

f:id:nagee4678:20191011192057j:plain

水路の横を、ゴトゴト走っていきます。

 

f:id:nagee4678:20191011192147j:plain

清水駅。(キヨミズと読みます。舞台はありません)

自転車をホームに停めても、

何も言われない雰囲気。

 

f:id:nagee4678:20191011192345j:plain

関係ないと思いますが、石碑があったので。

 

f:id:nagee4678:20191011192439j:plain

アーチ形の台車枠が印象的な750形。

 

f:id:nagee4678:20191011192616j:plain

終点・本揖斐駅

ホームを覆う屋根が印象深い駅でした。

 

f:id:nagee4678:20191011192837j:plain

駅舎も、トトロに出てきそうな

メルヘンチックな形。

公衆電話が2基もあります。

 

f:id:nagee4678:20191011193043j:plain

夕方の暗がりにたたずむ750形。

揖斐線の未来を暗示するような暗さ。

 

f:id:nagee4678:20191011193329j:plain

1988年10月23日。

岐阜市内線・忠節~早田間。

専用軌道から、道路に出る550形。

長良線廃線後、550形は

数両生き残りました。

黄色の矢印信号は、路面電車がある街ならでは。

知らない人が見たら、曲がってしまうかも。

 

f:id:nagee4678:20191011193653j:plain

770形。

4編成の投入にとどまりました。

 

f:id:nagee4678:20191011193807j:plain

570形は大型車でした。

東京都電の何型かは分かりませんが、

よく似た姉妹車両だそうです。

 

f:id:nagee4678:20191011194043j:plain

郊外線と繋がっていたため、

辛くも生き残った市内線支線。

まさか、全部無くなるとは思いませんでした。

 

f:id:nagee4678:20191011194443j:plain

ツンツンされたら、噛みつきます。

 

今日はこの辺りで失礼します。