とろける脳みそ、ポケットカメラ写真 ブルトレ全盛期の東京

本日は、祝日だったんですね。

今日も仕事のナゲーには、

祝日と実感するのは、道路が空いている事ぐらい。

あっ、もう1つありました。

土休日・祝日に大変なのは、嫁さんでした。

今回は特に、抜歯後の痛み+抜歯部の感染+風邪で

ヘロヘロの嫁さんに、

北斗百裂拳のようにしゃべる子供が襲いかかり、

ネコのまるちゃんの「遊べ攻撃」も加わり、

ナゲーが帰宅したときには、嫁さんは瀕死の状態。

そこへ来て、ナゲーが自分の事をやり出すもんだから、

家の中の状態は、ご想像にお任せします。

内戦勃発を危惧するナゲーです。

 

ということで、

毎日更新が危険水域に入って来た感がありますが、

ポケットカメラ写真の東京編、

気合いでご紹介してまいります。

 

当時は、空前のブルートレインブームの最中。

何年ぐらい、続いたんでしょうか?

客車の絵入りマーク化、

ブルトレのほぼ全列車にヘッドマーク取付。

この日も、東京駅ブルトレホームは

少年達でごった返していました。

16時台から22時台にかけて、

たくさんのブルートレインが発車していきました。

 

f:id:nagee4678:20191022213653j:plain

さくら・はやぶさ・みずほ」は、

すでに、九州へ向けて旅だった後。

「特急・富士」が待機中。

運転席には2人乗務してます。SL時代からの名残で、

「機関士・機関助士」でセットでした。

電気機関車や、ディーゼル機関車の機関助士は

隣に座って、指差喚呼するだけになってしまったので、

(途中で運転交代とか、してたのかな?)

しばらくして、1人乗務になりました。

EF65形1000番台は、

ヘッドマークがよく似合います。

 

とにかく、人が多すぎて

なかなかまともに、写真が撮れませんでした。

解説少なめで、どんどん出します。

 

f:id:nagee4678:20191022215234j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215357j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215436j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215458j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215516j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215536j:plain

ガラス越しに、無人のB寝台を撮影。

一度も乗ることなく、

ブルートレインが全て廃止されてしまいました。

一生の後悔です。

 

f:id:nagee4678:20191022215717j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215736j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022215809j:plain

ここまで撮って、最終に近い新幹線で、

東京にサヨナラしました。

ここまでご紹介したブルートレインは、

よい子は見れない真夜中に、岐阜を通過する列車ばかり。

東京の人を、すごく羨みました。

 

新幹線で名古屋駅に到着したら、

先に東京を発車したブルートレイン

追い越していました。

 

f:id:nagee4678:20191022220436j:plain

名古屋駅で撮影。

さすがに22時を過ぎていましたので、

大人のマニアさんが、たくさん群がっていました。

 

f:id:nagee4678:20191022220859j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022220923j:plain

 

f:id:nagee4678:20191022220938j:plain

以上で、小学4年が興奮しっぱなしの東京遠征撮影、

非常に汚い写真でご紹介させて頂きました。

ポケットカメラ写真も大詰めを迎えました。

あと数回で終了となります。

もうしばらくのご辛抱をお願い致します。

 

※再度、ご理解をお願いしますが、

 走行してくる列車に向けてフラッシュ撮影した

 写真がありますが、

 当時は、そのような危険な行為という概念があまり無く、

 ほぼ全員が同時にフラッシュしていました。

 それを咎める風潮もほとんど無い時代でしたので

 ご紹介させて頂きました。

 現代は、非常に危険な行為として、

 当然禁止で、列車往来妨害危険罪になる可能性もあります。

 古い時代の事として、ご理解・ご了承下さいますよう

 よろしくお願い申し上げます。

 

f:id:nagee4678:20191022222002j:plain

よろしくオネニャイします。

 

今日はこの辺りで失礼します。