平成元年を駆け抜けた列車 金星・のりくら・EF6627その他いろいろ

本日からナゲー家では、

祝賀行事が来月まで目白押しです。

まず、本日は娘の15才の誕生日。

続いて4日後の、18日は息子の10才の誕生日。

12月15日は、嫁さんの誕生日、

続いて、クリスマス・大晦日・正月。

おめでたい事ですが、ナゲーの財布は火の車。

「私は一切関与しておりませんが、

私の権限で、本年の祝賀行事は中止させます」

「説明責任を果たして無いじゃないか!」

「あなたが行事を私物化してるんでしょう!」

「誰の金で行事をやってると思ってるんだ?」

祝賀行事中止発言を撤回するナゲーです。

 

ということで、本日も仕事が遅くなりましたので、

平成元年に岐阜を走った列車達を

簡単にご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20191114210054j:plain

1989年11月日付不明。

JR高山本線・岐阜~長森間。

急行のりくらに、とうとうJR東海色の

「キハ65形」が登場しました。

 

f:id:nagee4678:20191114210321j:plain

長森駅を発車する「キハ11形」

意外と短命な気動車でした。

 

f:id:nagee4678:20191114210446j:plain

「急行奥飛騨」と「特急ひだ」の行き違い。

 

f:id:nagee4678:20191114210532j:plain

黒煙を吹き出して猛然と動き出すDD51形。

初代ユーロ専用「592号機」は引退して、

2代目にバトンタッチ。

ナンバープレートが青色に塗られました。

 

f:id:nagee4678:20191114210743j:plain

国鉄そのもの「14系座席車」

簡易リクライニングシートは、ちょっとくせ者で

ほんの僅か背もたれが傾きますが、

力をかけてないと、すぐに戻ってしまう

困ったリクラインングシートでした。

 

f:id:nagee4678:20191114211019j:plain

JR東海道本線・岐阜~木曽川間。

JR化後数年間運転された「臨時特急金星」

機関車はJR東海所属の「EF65一般型」

貨物用機が、旅客列車を牽く姿は驚きでした。

 

f:id:nagee4678:20191114211323j:plain

仮線を行く「14系座席車」

高架化用地は整地され、いよいよ建設が始まります。

 

f:id:nagee4678:20191114211433j:plain

JR西日本から乗り入れた、「急行たかやま」

立派なヘッドマークが付くようになりました。

車両がボロボロなのか、

前面窓上の通気口には、必殺ガムテープ。

バンソウコ貼ってるみたい。

 

f:id:nagee4678:20191114211717j:plain

JR貨物さんの「EF66」が、重連でどこかへ。

1両目はヒサシ無しタイプの初期形。

そして後ろは・・・・

 

f:id:nagee4678:20191114211919j:plain

現存する最期の「EF66-27号機」

改造前の純粋な姿。

 

f:id:nagee4678:20191114212057j:plain

117系国鉄色も、マダマダ新快速でがんばります。

 

f:id:nagee4678:20191114212145j:plain

電化区間ながら、JR貨物さんの「DD51形」が

何本も遠くまで走っていました。

 

f:id:nagee4678:20191114212250j:plain

名古屋貨物ターミナルが非電化だったので、

岐阜貨物ターミナル行きのコンテナ列車は、

「DD51形」ディーゼル機関車が担当。

 

f:id:nagee4678:20191114212548j:plain

初期形の「EF65形1000番台」も

JR貨物さんに所属して、コンテナ列車を

引っ張りました。

 

f:id:nagee4678:20191114213153j:plain

 

f:id:nagee4678:20191114213210j:plain

間もなく見納めになる、清一国鉄色編成

JR東海さんの「急行のりくら」

もっと早く、ナゲーがこの世に誕生していたら、

山間部を走るキハ58系とか撮れたのに、

ちょっと残念に思います。

 

本日は、ネコ無しでこの辺りで失礼します。