孤高の名古屋鉄道・瀬戸線 29年前はこんなんデシタ。

ナゲーの悲惨な義務教育時代、

細かいことは多々ありましたが、

あまり蒸し返しても、大事な髪の毛が

減少しますので、

本日は、高校時代のちょっとイヤだった事を書きます。

高校生は、全般的に楽しく生活できましたが

一番イヤだった事は、やはりプールの授業。

浮上不能の瞬間潜水艦ナゲーは、

授業そのものがイヤでしたが、

その授業で着用する水泳パンツが最悪でした。

全校生徒1200名のうち、女子はたった数人でしたので

別に、なんてことは無いんですが、

その形が、ブーメランパンツだったこと。

しかも、かなり小さい。色はエンジ色。

ハミ尻で、純烈モッコリでしたので、

違う意味で、目のやり場に困りました。

(そんなもん、見たくねぇし・・・・)

飛び込みの授業だと、瀬戸際のハミチン続出!

もう、ブーメランパンツは絶対履かないと誓うナゲーです。

 

ということで、就職前最後の乗り回しで訪問した

名古屋鉄道・「瀬戸」線、

29年前の様子をご紹介します。

毎月、鉄道雑誌を立ち読みしますが、

メチャクチャ古い写真も掲載されておりまして、

ナゲーの写真なんて古い部類には入らないので

いつも恐縮ですが、あと50年も経てば

古い写真の仲間入りが出来るかな。

(張本人は、たぶん宇宙の彼方でブラックホールになってますが)

 

 

f:id:nagee4678:20191126161625j:plain

1990年3月4日。乗り回し2日目。

尾張瀬戸駅へやって来ました。

駅舎も撮っておけば良かったのですが、

駅舎に興味が回らず、極めて遺憾。

写真は、6650系(後に6750系に)

前面は3300系、側面は2段上昇窓、

足回りは、旧型電車の使い回し。

吊り掛けモーターを、ウンウン唸らせて走りました。

自動幕は種別・行き先同時表示。

 

f:id:nagee4678:20191126162438j:plain

留置線がちょびっとあって、

3730系がお昼寝中。幌が付くと感じが変わります。

 

f:id:nagee4678:20191126162545j:plain

6650系が、発車していきます。

瀬戸線は急カーブの連続です。

 

f:id:nagee4678:20191126162651j:plain

新瀬戸駅へ移動してきました。

瀬戸線オリジナルの「6600系」

少数精鋭でした。

瀬戸線から1歩も出る事が無かった

ちょっと、可哀想な気がする車両です。

 

f:id:nagee4678:20191126162901j:plain

「3770系」

本線系で走ったこともありました。

 

f:id:nagee4678:20191126163038j:plain

後ろ2両は「3780系」

初めて乗った時は、1-2人掛けの千鳥配置クロスシート

ロングシートに改造されたのかな?

ミュージックホーンを装備していました。

この車両も、本線系で走った事があるんですよね。

イエロー時代の車両を、茶所駅で見た記憶が少し。

 

f:id:nagee4678:20191126163432j:plain

走行風景を撮りたくて、歩きました。

旭前尾張旭間。「3730系」

旧型車が優等列車で爆走(でもないけど)する

楽しい瀬戸線でした。

 

f:id:nagee4678:20191126163637j:plain

車内が透けて見えるので、ガラガラですね。

この辺りも、かなり様変わりしてますよね。

 

f:id:nagee4678:20191126163737j:plain

架線柱の影がかぶりまくり・・・・。

鉄道写真としては、ナゲーと同じで終わってます。

 

f:id:nagee4678:20191126163830j:plain

数少ない直線区間を、暴走する6600系。

 

たくさん撮ったので、次回も引き続き

この場所と、木造の喜多山車庫の写真を

ご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20191126165107j:plain

たまには、変わったことがシタイヨネ・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。