名古屋鉄道 普段のミステリー列車と、オグリキャップ号

もうすぐクリスマスですが、

「サンタクロースは存在する」と

小学4年の息子にマインドコントロールして

信じ込ませていますが、

先日、息子の3DSLLがとうとう破壊され、

「サンタさんに頼めばすぐもらえるわ!」

と、拡大解釈する息子。

よく落としたり、ダダクサな使い方をしていたので、

「物を大切にしないと、(サンタ)じゃなくて、

(サタン)さんが来るぞ!」

「サタンさんは、どうしたらプレゼントくれるの?」

「サタンさんは多額の金と引き替えに、プレゼント渡すんだぞ!」

「じゃあ、父ちゃんが金出せばもらえるんやネ!」

そのうち、サタンに連れて行かれるナゲーです。

 

ということで、なかなか鳥の写真が出てこなくて、

はてな野鳥の会・非正規会員として

忸怩たる思いですが、

鉄分も補給して頂ければと思います。

今回は、1991(平成3)年1月4日、

何かの事故で混乱した、名古屋鉄道さんの

行き先変更列車の写真です。

普通の車両写真ですが、事故の影響で

普段見れない系統板表示が

少し走りましたので撮影しました。

 

f:id:nagee4678:20191210152825j:plain

場所はおなじみの、加納~茶所間。

なんの事故だったかなぁ?

ちょっと記憶にないんですが、

鳴海止まりになった「5700系」急行電車。

 

f:id:nagee4678:20191210153303j:plain

羽島線は事故の影響はなく、

時刻表通りの運転。

「3730系」が、ウンウン駆け抜けていきます。

 

f:id:nagee4678:20191210153409j:plain

こちらも「5700系」

急行「行き先不明」。

まさに、ミステリー列車

当たって砕けろ状態。

 

f:id:nagee4678:20191210153533j:plain

8連の後ろは「5300系」

どうやって車内案内してたんでしょう?

「急行行けるところまで行きです」とか・・・。

 

f:id:nagee4678:20191210153711j:plain

「7500系」も、やはり「急行行き先不明」

これ、回送と絶対間違えるわ!

行き先不明だから、チョークでも書けない。

 

f:id:nagee4678:20191210153841j:plain

その間には、普段通りの急行新羽島行き。

「7100系」が珍しく入りました。

パノラマカーの中間車に運転台をくっつけた

1編成のみの珍車でした。

 

f:id:nagee4678:20191210154039j:plain

「5300系」とりあえず神宮前行き。

さっきは鳴海行きだったのに、行けなくなった様子。

 

f:id:nagee4678:20191210155225j:plain

7000系「急行行き先不明」

俗に言う、名鉄ではなくて「迷鉄電車!」

行けるところまで行け!

人生訓のように感じるナゲーです。

 

1990年10月から、名鉄特急は

大幅な変革を遂げました。

全席指定をやめ、指定席車を2両に縮小

一般席(いわゆる自由席)設けて

乗車機会を増やすという、

JR東海さんに徹底抗戦する態勢になりました。

 

f:id:nagee4678:20191210155858j:plain

特急豊橋行きの一般席車。

指定席は1000系4両か、7700系2両。

今後、その写真も公開していきます。

 

f:id:nagee4678:20191210160041j:plain

おまけ。

1991年1月15日。

名馬「オグリキャップ」が笠松競馬場

凱旋帰還するのを記念して運転された

「特急・オグリキャップ里帰り記念号」

笠松競馬場まで、見に行きました!

 

f:id:nagee4678:20191210160250j:plain

迷猫・オマルキャップ

 

今日はこの辺りで失礼します。