32年ぶりの枇杷島分岐点・電撃訪問+プチ・ナゲーのフーケー

ナゲーの周辺にも、悪性の病気になった人が

たくさん居ます。

競泳の池江さんも、アナウンサーの笠井さんも、

まさにこれからって時に、

分岐点にさしかかってしまい、

そのような経験の無いナゲーは、その気持ちを

計り知る事が出来ません。

ナゲーの周辺では、そのような病気にかかる人は

良い人ばかり。

ひょっとして、悪人になれば病気にかからないのか?

今の所、たいした病気にかからないナゲーです。

(やっぱりね!)

 

ということで、昨日からの続き、

約30数年ぶりの、名古屋鉄道枇杷島分岐点

電撃訪問のご紹介です。

こちらの記事を合わせて見て頂くと、

過去との違いが分かるのでは思います。

 

www.nagee-transient.online

 

 

www.nagee-transient.online

 西枇杷島駅から、分岐点方向へ歩きます。

f:id:nagee4678:20191218153018j:plain

2200系特急が、急カーブと29‰の急勾配を

キーキー言いながら駆け上がります。

奥に小さく見える建物は信号場の建物。

CTC(列車集中制御)になったので、

今は無人になったと思われます。

 

f:id:nagee4678:20191218153313j:plain

1800系+1200系の特急。

8両編成だと、画面に収まりませんでした。

 

歩くこと数分。

(後期中年者でも、手軽に歩ける距離です)

 

f:id:nagee4678:20191218153604j:plain

先にクルマを停めていたので、

実際は戻ってきただけですが、

32年ぶりの電撃訪問に成功!

早速、踏切を渡って名古屋本線の列車を狙います。

 

f:id:nagee4678:20191218153751j:plain

いかがでしょうか?

背景と行き交う車両は、かなり様変わりしましたが、

基本的に、「懐かしい~~!」と興奮。

1987年当時に、せっかく撮影したのに

落としたフィルムが無いか、ちょっと探してみましたが

やはり行方不明で、捜索を断念。

(そんなん、あったら宝くじ絶対当たるわ!)

 

f:id:nagee4678:20191218154159j:plain

廃車が決定したと噂に聞いた「1700系」も来ました。

右側には犬山線が分岐。

5分も間隔開かずに電車がやって来ます。

名古屋駅で、慌てて「特急」に飛び乗ると、

枇杷島分岐点にさしかかり、

「ヴァアアアア!間違えたぁぁァァ!」

ということになりかねない、

まさに、進むべき道の分岐点。

 

f:id:nagee4678:20191218154437j:plain

名古屋のシンボルになった

「ゼニトラレル・タワーズ」(おっと間違えた)

「セントラル・タワーズ」がそびえ立ちます。

当時は、当然ありませんでした。

 

f:id:nagee4678:20191218154719j:plain

そういえば、旧塗装の1000系を

枇杷島分岐点で撮った写真が無いなぁ・・・・。

しまった!撮っておけば良かった・・・。

今頃思っても、After Festival・・・?

踏切には障検(障害物検知装置)が設置されて

ちょっと撮りにくくなりました。

 

f:id:nagee4678:20191218155104j:plain

かなり霞んでましたが、御嶽山でしょうか?

 

反対側へ移動します。

 

f:id:nagee4678:20191218155343j:plain

犬山線から勾配を登ってくる「3300系」

ステンレス車が多くなりました。

 

f:id:nagee4678:20191218155306j:plain

おおお~、32年前は新車だった「6500系」

32年間、変わらず元気に走ってます!

そうそう、この角度で沢山撮りました。

 

f:id:nagee4678:20191218155703j:plain

6500系連続の登場!しびれました!

ナゲーが小学生の時に、

当時は最新技術だった界磁チョッパ制御を搭載して

(詳しいことは、他の文献にお譲りします!)

登場した6500系。

「ケホッ、ケホ~~」と息を吐く

ブレーキ排気音が特徴の6500系。

こうして元気に働いている姿を、

また同じ所で撮れたことに感動しました!

 

f:id:nagee4678:20191218155808j:plain

鉄橋のあいだからは、名古屋城も見えます。

(無理矢理だなぁ・・・)

 

f:id:nagee4678:20191218160703j:plain

名鉄の顔となった「ミューアオイ」

(じゃなかった・・・)

ミュースカイ」2000系。

そのまま列車種別になってしまいました。

日中は、岐阜方面では見れなくなりました。

 

f:id:nagee4678:20191218160907j:plain

パノラマカーとか、ザ・名鉄というような

車両が来なくなって、昔人間ナゲーは

ちょっと寂しいですが、

ドンドン電車が来る枇杷島分岐点

今でも、鉄道ドマニアの聖地であると

(勝手に聖地にして良いのか!)

確信するナゲーでした。

 

では、ここからはちょっと気になった

ナゲーのフーケー・西枇杷島枇杷島分岐点界隈を

ご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20191218161728j:plain

庄内川に架かる道路橋を歩きます。

小さい堰みたいな感じになってました。

庄内川は昔は結構汚い川でしたが、

この時も、歩いていたらちょっと臭いました。

(ひょっとして、自分が臭いのか!)

 

f:id:nagee4678:20191218162039j:plain

 

f:id:nagee4678:20191218162121j:plain

 

f:id:nagee4678:20191218162220j:plain

昼にしか行った事が無いので、

夜だと、また雰囲気が違うかもしれません。

 

f:id:nagee4678:20191218162407j:plain

 

f:id:nagee4678:20191218162526j:plain

名鉄側も撮ってみました。

なんだかなぁ~って感じです。

 

f:id:nagee4678:20191218162645j:plain

西枇杷島駅のすぐ近くの飲み屋さん。

まだ営業してるのかな?

西枇杷島駅はローカル駅かなぁ。

確かに、夜になると寂しそうな駅周辺です。

 

f:id:nagee4678:20191218163130j:plain

西枇杷島駅のすぐ横をまたぐ道路橋は

結構レトロな感じの橋。

ホームレスさんが居そうな感じです。

 

f:id:nagee4678:20191218163259j:plain

やっぱり名鉄電車は、「真っ赤」じゃないと。

 

遠い昔に思いを馳せた、枇杷島分岐点でした。

 

f:id:nagee4678:20191218164020j:plain

両手でスポンジを捕まえ、弄ぶまるちゃん。

動きが早すぎて、ブレブレに。

スポンジの命が消えようとしています。

まるちゃんに、慈悲の心は無いのか!

スポンジ危うし!

 

今日はこの辺りで失礼します。