岐阜近傍の、変哲もないJRの写真 1991年

本日、嫁さんが感冒を発症しました。

2人目の子供を出産するまでは、

嫁さんは風邪引き知らず。

ナゲーは毎年5~6回は風邪を引いていて、

インフルエンザは、過去に栄光の3年連続受傷をした事があります。

(家族に与える影響が大きい、インフルエンザー?)

「バカは風邪引かない」と言いますが、

嫁さんは、スットボケではありますが、

バカではありませんでした。

2人目の子供を出産以降、形勢が逆転。

嫁さんは、年に4~5回は風邪を引くようになり、

ナゲーは、ほとんど風邪を引かなくなりました。

ということは、やっぱり

「バカは風邪引かない」伝説を実証したナゲーです。

(ブログ見てたら分かりますよネ~)

 

ということで、全く関係ありませんが

1991年に撮影した中京地区の電車写真、

順番にご紹介して参ります。

目玉となる電車が無い時もありますので、

まあ、こんなもんかって感じでご覧下さい。

 

f:id:nagee4678:20191219143558j:plain

 

f:id:nagee4678:20191219143819j:plain

1991年5月6日。

JR東海東海道本線 岐阜~木曽川間。

高架のコンクリート

もの凄く速いスピードで完成が近づきました。

その横をすり抜ける「117系」

列車は「快速ナイスホリデー近江路」

雨の日でもナイスホリデーでした。

 

f:id:nagee4678:20191219144138j:plain

「211系5000番台」も、岐阜に溶け込みました。

 

f:id:nagee4678:20191219144229j:plain

新型車に置き換えが発表された

「キハ85系気動車」の貫通型。

最近の電車は、顔が怖いですが、

この頃は、まだまだ優しい顔つきの電車が

多かったです。

新車のついでに、列車名も変えてもいいかも。

例えば、「特急さるぼぼ」とか、

「特急ひだっち」とか・・・・。

(「ひだっち」はユルキャラの名前)

 

f:id:nagee4678:20191219144442j:plain

「113系」カボチャ電車も、

まだまだ存在感がありました。

あ~、出来ることなら、

もう一度乗り心地を味わいたいです。

(関西へ行けば、まだ乗れますけど、財政難で・・・)

 

f:id:nagee4678:20191219144653j:plain

「ワムハチ」こと、ワム80000形を連ねた

EF65一般型の貨物列車。

国鉄色がまだ主流の頃

 

f:id:nagee4678:20191219144828j:plain

いよいよ出て来ました!

JR貨物色のEF65一般型。

しっくりこないなぁ・・・・。

パンタグラフが切れてしまって、

鉄道写真としては落第。

 

f:id:nagee4678:20191219145037j:plain

f:id:nagee4678:20191219145049j:plain

「213系5000番台」も登場しました。

車内はほぼ転換クロスシート

当時はトイレが付いていませんでした。

現在は飯田線で主に活躍してます。

オデコには「JR」マーク。

後にJR東海は、シールの縮小・撤去を始めました。

 

f:id:nagee4678:20191219145346j:plain

東海地区限定「赤ホキ」を引くEF65一般型。

モウモウと砂埃が立ってます。

名古屋駅とかで、この列車が通過したあとは

砂埃でボーボーになります。

JR貨物さんの機関車は、言っちゃ悪いですが

比較的、汚いです。

頑張って仕事している証ですかね。

 

f:id:nagee4678:20191219145534j:plain

やっぱり、霞んでますね。

今でもスタイルは変わっていません。

 

目玉車両が無い、普段着の電車でした。

 

スポンジが瀕死の状態でしたので、

下に落とした瞬間を狙って、

スポンジを拾い上げる手に、逆ギレ攻撃!

凶暴な一面をマルダシする、まる野郎!

スポンジは一命を取り留めが・・・・。

 

f:id:nagee4678:20191219150106j:plain

 

今日はこの辺りで失礼します。