寒さも沁みない、ナゲーのフーケー 冬の伊吹山編1992 その2

本年も、恒例の「ナゲー一般参賀」が

ナゲー家2階「居間の間」で行われました。

ナゲーのお言葉が始まります。

「新年、明ケマシテ、オメドトウゴザイマス。」

「本年ハ、ナゲーヲ集団デイジメルコトノナイヨウ、」

「ナゲート、ナゲーブログノ、マスマスノ発展ヲ祈念シ、」

「世界平和ト、桜ヲ見ル会ノ招待ヲ、希望シマス・・・」

逃げて誰もいない居間の間で、1人日の丸を振るナゲーです。

(ナゲー、バンザ~イ!バンザ~イ!)

 

ということで、昨日から引き続きまして、

1992年1月26日に撮影した、

冬の伊吹山付近の鉄道写真を

ご紹介して参ります。

前回はこちら↓

 

www.nagee-transient.online

 心も凍てつく写真ですが、ご覧下さい。

 

f:id:nagee4678:20200103094949j:plain

同じ場所だと、似たような写真になってしまいますが、

車両はイロイロ来た時代なので、

1日へばりついても、飽きることは無かったです。

JR貨物さんの「EF65形1000番台初期形」が牽く

高速コンテナ列車。

 

f:id:nagee4678:20200103095508j:plain

JR東海さんの「117系」も過去帳入りに。

時代は常に動いています。

(動かないのは、ナゲーの頭脳だけ)

 

もうちょっと先に逝くと、(地獄?)

東海道新幹線の「トンネルドピューン」

(表現が、一部紛らわしいですがご了承下さい)

 

f:id:nagee4678:20200103095806j:plain

と言っても、下から見上げる形なので

ご覧のように、ケーブルがジャマジャマ・・・。

新幹線の撮影場所は、まだ未踏のナゲーでした。

後追いはまだ撮影できますが、

ドピュ~ンと出てくる列車は、連写じゃないと無理!

(表現が、お見苦しい点、お詫び致します)

 

f:id:nagee4678:20200103100118j:plain

これは、上り列車がドピュドピュッと出てきて、

2階建て部分だけ狙いました。

上手い具合に、青と白の塗り分け部分に

ケーブルが重なり、目立たなくなりました。

 

f:id:nagee4678:20200103100526j:plain

近江長岡駅構内は、大阪セメントから出る

貨車の関係で、広い構内でした。

手前の線路は、大阪セメント専用線

茶色のデッキ付き電気機関車が走ってたんですが、

さよならになるまで、遭遇出来ませんでした。

 

f:id:nagee4678:20200103105251j:plain

再び、元のお立ち台に戻ってきました。

JR西日本さんの「489系ボンネット形」

一応、鳥の「特急しらさぎ

 

f:id:nagee4678:20200103105425j:plain

杉木立の間から、チラリズムで。

(やっぱり、全部見えちゃうより、チラッとが良いです・・・)

 

f:id:nagee4678:20200103105558j:plain

ちょっとサイド気味から。

JR貨物さん「EF65一般型」コンテナ列車。

やはり、国鉄色が似合います。

(ナゲーは、足が臭います)

 

 

f:id:nagee4678:20200103135055j:plain

夕暮れが近づいてきました。

ナゲーは昼行性生物なので

夜はあまり出歩きませんので

夜の写真が、極端に少ないです。

(ただの面倒くさがり)

 

f:id:nagee4678:20200103135233j:plain

再び、正面がちな場所から。

JR東海さんの希少種「311系」

「ナイスホリデー近江路」ですが、

大垣駅からは、定期列車のスジに入ります。

「ナイスホリデー」の表示は、ごく短期間で終わりました。

(ナゲーの休日は、ナゲーホリデーです???)

 

f:id:nagee4678:20200103135454j:plain

急カーブを抜けて、柏原駅へ進入します。

柏原~近江長岡間は、駅間距離が結構短いです。

 

f:id:nagee4678:20200103135608j:plain

夕方から、夜に移行して

ナゲーがそろそろ、ホームシックにかかる時間帯。

 

f:id:nagee4678:20200103135735j:plain

夜の伊吹山を撮ろうとしたら、

ナゲー得意の大失敗。

電車のヘッドライトだけの露出に・・・・。

何の列車か分かんないですね。

気を取り直して・・・。

 

f:id:nagee4678:20200103135915j:plain

今度はしっかり三脚を立てて、長時間露光。

日没は、案外速いスピードで進むので、

列車本数が少ないこの区間は、

なかなかタイミングが難しいです。

新幹線は次から次へと来るので、

新幹線の光跡は、何とか撮れました。

伊吹おろしの風が、直接ナゲーを攻撃してくるので

ナゲーのブログみたいに、チョー寒いッス・・・。

 

f:id:nagee4678:20200103140300j:plain

ようやく、在来線の電車が来た頃には、

もう宵闇直前。

なんとか伊吹山の姿が撮れました。

もう、真っ暗けになるので、

伊吹山の撮影は、あえなく終了。

 

f:id:nagee4678:20200103140616j:plain

ここが、お立ち台。

珍しい列車が来る時は、

スペースが無くなるほど、ドマニアさんが並び

怒号と罵声の修羅場になります。

夜は人通りもないので、非常に寂しい所です。

闇夜に浮かび上がり、突然鳴り出す踏切は、

背筋も凍ります・・・・。

 

せっかくなので、近江長岡駅へ移動します。

 

f:id:nagee4678:20200103141003j:plain

通りから少し入った場所に、駅舎があります。

 

f:id:nagee4678:20200103141102j:plain

ホームの長さは、国鉄時代のまま。

伊吹山が閉山している間は、結構寂しい駅です。

はてな野鳥の会・会員様でしたらご存知かと思いますが、

伊吹山では、超ナゲーレンズを付けた

野鳥撮影家さんが、たくさんお見えになります。

オオタカを撮っていると聞いた事があります)

是非、一度お越し下さい。

クルマで手軽に山頂付近まで行けます!

 

ヤバイ!・・・・ヤバイよヤバイよ!!!!

もう、ナゲー家のクリスマスも終わりだよ!!!

このまま、巨猫に飲み込まれて

みんな食われるんだ・・・・。

人類は、巨猫には勝てない・・・・。

読者の皆さん、サヨウナラ・・・・

(終わりカヨ~~~~~)

進撃の巨猫ごっこ、お終い!

クリスマスツリーは、また年末!

f:id:nagee4678:20200103141552j:plain

 

今日はこの辺りで失礼します。