初こくぞう!!!!

「こく」

あなたは、この言葉を聞いて何を感じますか・・・。

「屁をこく」・・・・すばらしい。

「嘘をこく」・・・・こくと言うのか?

「マ☆をこく」・・・ごめんなさい。

「髪を濃く」・・・・ナゲーだけか・・・。

「ぶっこく」・・・・ナゲーはいつも調子ぶっこいてますが。

 

ナゲーの働く岐阜・西濃地区には、

中山道赤坂宿が通っており、

「金生山」があります。

「かなぶやま」と読むそうですが、地元では

「きんしょうざん」と言う人が多数です。

金が生まれる山なんて、まさに現実。

この山は、質の良い石灰石が採掘され

ドマニアならご存知「赤ホキ」列車が、知多の日本製鉄に発送され

そこで出来た鉄は、トヨタ自動車の部品になって出荷されます。

金生山には「明星輪寺」が山頂にありまして、

通称「虚空蔵さん」と呼ばれています。

毎年1月12・13日には「初こくぞう」が開催されます。

(毎年、初めてこくんですよ!こくんですから!こいちゃいます!何を?)

 

その日だけ振る舞われる、甘酒が、美味しいの何のって!

毎年初めて、こくのを楽しみに生きているナゲーです。

(だから、何こくの?こいちゃう訳?)

 

ということで、本日はちょっと鉄道から離れまして、

「初こくぞう」の様子をご紹介致します。

(ナゲーが初こいてるとこはご想像にお任せします)

今年は連日の休日に当たって、相当の人出でしたので、

2日目に甘酒だけ、クルマでもらいに行き

(実は山頂までクルマで行けるのです!御利益全く無し!)

後日、山頂までの雰囲気を撮った写真を

ごちゃ混ぜにして、しかもメインは夜なので

その写真は昨年のですが、編集ご了承下さい。

 

大垣市赤坂町の赤坂宿は、古い建物も残り

その他にはホボ何も無い街ですが

町中に「子安神社」が有って、そこが虚空蔵さんへの入口

になってますが、クルマでは狭すぎて厳しいので駐車場から。

 

f:id:nagee4678:20200202193133j:plain

これ、3日後の1月15日に撮った写真です。

12日のお祭りの日には、両側にお店がたくさん並びます。

写真ではわかりにくいですが、

狭心症で医者通いのナゲーにとっては、

まさに心臓破れかぶれの急坂!

 

f:id:nagee4678:20200202195158j:plain

途中には、お参りするとカネがジャラジャラ

出てきそうな「金生山神社」

何回もお参りしておりますが、

未だにカネはジャラジャラ出て来ません。

この神社も、境内へ行くまでにすごい急階段。

天国への道は険しいです。

 

f:id:nagee4678:20200202195620j:plain

さすがのナゲーも記憶が全く有りませんが、

太古の昔、この辺りは海だったそうで

(そんなに昔からナゲーは存在していたのか!)

大小様々な化石が観られます。

写真の、手前に写っている石にも、小さい貝の化石がビッシリ。

(ナゲーも死んだら化石にしてもらおうかな?)

 

ここからが、非常にヤヴァイ道のりです。

足腰の弱い人は、完全に無理。

ケッタ(自転車)やクルマで、もしブレーキが故障したら

完全に、お陀仏です。

(お寺ですから、すぐに供養してもらえますが)

 

f:id:nagee4678:20200202200324j:plain

分かりますか!!!!!この坂!!!!

死ねと言ってるようなもんじゃないですか!!!!

2~3年前に、右側の滑り止め地帯がようやく整備されました。

これでまだ半分。

13日に行ったときは、地元少年野球選手達が

スパルタダッシュ練習していました。

もちろん監督・コーチは掛け声だけ。

(心臓停まったら、どう責任取るんだろう?)

 

f:id:nagee4678:20200202200206j:plain

ハァ~ハァ~、オッと喘ぎ声が・・・・。

死んだ・・・・・。もう帰りたくなる地点。

 

f:id:nagee4678:20200202200845j:plain

f:id:nagee4678:20200202200913j:plain

これが、金を生む山「金生山」の正体。

明星輪寺は、両側が削られた崖の細いところに立地しています。

石灰石の採掘で、山はあと30年持つかと言われています。

 

f:id:nagee4678:20200202201152j:plain

ウンコのチカラを振り絞って、

(トイレではいつも振り絞ってますが)

いやいや、最後のチカラを振り絞って山頂へ。

心臓がケツから飛び出そうになりながら。

 

f:id:nagee4678:20200202201404j:plain

着いたドドドドド~~~~~!!!!!

奥にはクルマの駐車場が!!!!!!

歩いてこないと、御利益はタブン有りません。

ここからの写真は「初こくぞう」2日目の13日に

クルマで来た時の写真です・・・・。

(ナゲーが一番卑怯者で、御利益一切無し)

 

f:id:nagee4678:20200202201529j:plain

2日目は、お店も撤収して、

静かな環境で、初めてこくことが出来ます。

(だから、何をこくの?)

 

f:id:nagee4678:20200202201820j:plain

終点の、最奥に有る本堂。

その奥には、でかい石が仏様として飾ってあります。

ナゲーの益々の発展と、ハゲ防止を御祈願して・・・・

(自分中心のナゲーです)

 

f:id:nagee4678:20200202202041j:plain

f:id:nagee4678:20200202202121j:plain

奇岩巡りがしたい方は、まだまだ登れます。

 

f:id:nagee4678:20200202202238j:plain

f:id:nagee4678:20200202202313j:plain

早朝に行ったので、コントラストがハゲしいです。

(だから、コントラストは激「ハゲ」しいと言うのか!今知ったヨ!)

 

f:id:nagee4678:20200202202656j:plain

登ってきた直後は、死にそうな暑さで

ハダカになりたい気分だけど、

しばらくすると、汗が引いて寒さに襲われるので

このたき火が、ホントに救われます。

 

f:id:nagee4678:20200202203346j:plain

さあ、いよいよ待望の甘酒をいただきに、

この建物の中へ。

1年に2日間しか飲めない、特製の甘酒!

 

f:id:nagee4678:20200202203520j:plain

ヴァアアアアアアアアアア!!!!!!!!

メッチャメッチャウマイ!!!!!!!

ご飯粒がそのまま入っていて、ほんのり甘く、

口の中に広がる、豊かな旨み・・・・・。

絶品です!生きてて良かったぁと、思える瞬間。

 

f:id:nagee4678:20200202203745j:plain

大垣市内から、天気が良ければ

名古屋の「ゼニトラレルタワーズ」まで見れる

絶景を見ながら飲む甘酒は、もう最高!

500mlの水筒3本を手に、

意地汚いナゲーは、¥500を志で置きながら

「ホントに好きなので、水筒に下さい!!!!」

と、お願いして、

毎年いただいて参ります。

いつも快く詰めて下さいますので、ホントに感謝感謝です!

帰り道は、下りの急坂が控えています。

行きも帰りも、命がけの「初こくぞう」でした。

 

ここからは昨年行った、本番の「初こくぞう」1日目12日

夜の「火渡り神事」の写真です。

f:id:nagee4678:20200202204502j:plain

f:id:nagee4678:20200202204529j:plain

f:id:nagee4678:20200202204550j:plain

矢が(ナゲノミクスの3本の矢じゃ無いです)が

天空放たれ、(非常な寒さに、天空に鼻水を鼻垂れるナゲー)

燃やされた木を並べて、お坊さんに続いて

一般の人も火を渡れます。

(面(ヅラ)の皮は厚いですが、足の裏は薄いナゲーなので不参加)

 

f:id:nagee4678:20200202204952j:plain

息子だけ、犯罪者のようにしてしまいました。

 

f:id:nagee4678:20200202205034j:plain

みんな甘酒飲んで、酔っぱらいに・・・。

(オコチャマでも飲めますので、ご安心下さい)

 

本日は、鉄道から離れたナゲーの汚写真でした。

 

f:id:nagee4678:20200202205302j:plain

自分らばっか、いいの飲んで・・・・・。

 

いよいよ明日は、オヤジの入院。

気を引き締めて、行って参ります。

最後にこちらを。

 

f:id:nagee4678:20200202210324j:plain

 

f:id:nagee4678:20200202210344j:plain

今日はこの辺りで失礼します。