心もガタガタ、ナゲーのプチフーケー 名鉄美濃町線1992

まだ2月なのに、今日もポカスカ陽気ですね。

(どんな陽気なのかな?)

ちょっと風が強いですが、

これが俗に言う「ナゲ1番」でしょうか。

(そんな風吹いたら、ウィルス蔓延するわ)

頭はいつも、ハゲ1番が吹いているナゲーです。

 

ということで、通常営業のナゲーのブログ

本日は「名古屋鉄道美濃町線1992」

ご紹介して参ります。

カテゴリーに迷いますが、一応ナゲーのフーケーに。

体が大人になり、脳みそもチョット大人になったナゲー。

美濃町線を、本格的に記録しはじめました。

1992年9月2日。

新岐阜駅周辺から、歩を進めて参ります。

 

f:id:nagee4678:20200223141605j:plain

各務原線・田神~新岐阜駅間にあった、

「マジで開かずの踏切

今はもう無くなってるかなぁ。今度見てきます。

この道の奥には、民家とアパートしか無くて、

常に遮断機が下りていて、ボタンを押さないと

上がらない踏切です。

常に下りていたので、チンチン警報機が無かったような。

(ナゲーがボタンを押すと、爆発します)

 

f:id:nagee4678:20200223142221j:plain

マンションが建ち並ぶ各務原線

馬面電車「モ600形」が、ガタゴト走っていきます。

(何で、ちょうど日陰でシャッター切るかなぁ・・・)

本線系の車両とすれ違うと、倒れました。

(そんな事は無い!)

 

f:id:nagee4678:20200223142657j:plain

ナゲーは美濃町線だと思い続けていた

田神線・市ノ坪駅」

車庫(岐阜工場)が併設されていて

車庫自体は1967年に開設されていたようですが、

悲願の本線・新岐阜駅乗り入れを果たすため、

ナゲーがこの世に発生する1年前の、

1970年に開業した路線のようです。

現在の跡地は、巨大なパチンコ屋になりました。

※ 余談ですが昔、岐南駅の近くにもパチンコ店があって

  その店のネオン管がいつも切れていて

  「チ★コ」になっていました。コラ!

 

f:id:nagee4678:20200223143155j:plain

さわやかな初秋の風と共に、

路面電車「モ880形」が入ってきます。

 

f:id:nagee4678:20200223143551j:plain

当時は15分間隔で運転されていました。

市ノ坪駅で、必ず行き違いをしていました。

駅員さんが、タブレット(俗に言う通交手形)を

運転士さんから受け取ります。

 

f:id:nagee4678:20200223143758j:plain

新岐阜からの反対電車到着までの間、

束の間の談笑。

名鉄600V線区は、社員さんの数も本線よりは少ないので

みんな顔見知りになったのかな?

(ナゲーはボッチなので、会社でもボッチです)

 

ここからは、1992年9月4日。

f:id:nagee4678:20200223144026j:plain

美濃町線・北一色駅付近。

さして広くもない道路に、

岐阜の路面電車は走っていました。

写真上の方で、道路は右へ。線路は左へ専用軌道に。

北一色駅には、乗務員詰所があって

運転士・車掌の交代が行われていましたが

ナゲーが小学低学年の頃に詰所は廃止されました。

岐阜の路面電車は、電車が近づくまで

道路上は危なすぎて、待っていられませんでした。

(写真で、かすかに白線が外側へ広くなっている場所)

 

f:id:nagee4678:20200223144604j:plain

車掌さんが乗っていましたので、走行中に

「お降りの方はみえませんか?みえませんね?」

と車内放送。窓から顔を出して、

駅付近にお客さんが居ない事を確認すると

「チンチン」と運転士に電鈴合図を送って

通過していました。

そこが軌道法と鉄道法の違いですかね。

(駅では無く、バス停と同じ扱いですね)

 

f:id:nagee4678:20200223144923j:plain

ちょうど青信号だったので、

そのまま北一色駅を通過してきた

「モ600形・普通新岐阜行き」

路面電車に乗るのは、岐阜では命がけでした)

 

f:id:nagee4678:20200223150413j:plain

北一色~競輪場前間は、かなり駅間距離がありました。

歩くと非常に遠いです。

北一色駅付近には、模型ファンだったらたぶん知ってる

「ビッグマン」という名前の、大きい模型屋さんが

今でも営業中です。

(ビッグなナゲーは、態度がデカイので嫌われます)

 

f:id:nagee4678:20200223150805j:plain

専用軌道に入って初めての駅が「野一色駅」

元祖・美濃町線、徹明町行き電車ヘは

ここで乗り換えになっていました。

「続行マーク(黄色い円板)」を付けた徹明町行きが、

追っかけてきた新岐阜行きと、接続待ちをしています。

(「ゾッコンマーク」を付けた女性は、ナゲーにゾッコンにならんわ!)

「続行マーク」は、

「後ろからまだ電車が来ますよ」という印。

先行電車はタブレット(通交手形)を持っていません。

反対の行き違い電車は、黄色い円板を付けた電車が来ても

タブレットを受け取れないので、発車することが出来ません。

人間がしっかりしてないと、正面衝突事故になります。

上手いこと考えられてましたね。

 

この駅から、美濃町線の本性が現れますが

その続きは、また次回。

美濃町線も大好きだったので、

これからも沢山出てきますが、ご了承下さい。

 

f:id:nagee4678:20200223152842j:plain

まだまだ寒いですが、膝には絶対乗らないまるちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。