もう少しで20年!名古屋鉄道・谷汲線の命日

本日は、ちょっと忘れかけていた

「オヤジ」の件について、ご報告致します。

いつ退院したんだっけ?忘れちゃった!アハハ!

そんなに仕事も勤務変更できず、

※ ホントは出来たけど、変更するとイヤな奴と

  組む仕事になってしまうので

  変更しなかった自分勝手のナゲー。

先週水曜日の退院後の初診察は

嫁さんに泣いてすがって、連れて行っていただきました。

他人の親のために、ホントにがんばってくれています。

死ぬほど感謝しております。(死ねませんが)

話しによると、例の淡々とした「田中麗奈」(似)先生。

「傷跡を見せて」といわれ、

オヤジは枯れかけの森林地帯まで

パンツをズリ下ろしたそうです。(完全ジジハラですね)

動じることなく、傷跡を診た後、抗ガン剤の話しへ。

「まあ、年寄りやし苦しいのもアレやで、あと2~3年やろうし」

田中麗奈(似)先生は、引きつった笑みを浮かべ、

「じゃあ、止めとこか?ホントはやってほしいけど」

3ヶ月後に予約し、その場は終わったそうです。

仕事から帰宅後、嫁さんにひれ伏すナゲー。

家へ帰ってからは、当然といえば当然ですが、

胃が3分の1なので、食欲もなく、腹も空かず、

鳥のエサみたいな量の食事を、1日5~6回。

(任侠野鳥の会・構成員ナゲーは鳥のエサは食べません)

ちょっとの咳とかで、吐きたくなくても吐いてしまったり。

ネットによると、3~4ヶ月で普通は食欲も戻ってくるみたい。

脳タリンでも、胃が無いよりはマシかと思う、無責任ナゲーです。

 

ということで、こちらはすでに亡くなった

名古屋鉄道谷汲線の、中途半端な在りし日の姿、

ナゲーのプチフーケーとしてご紹介して参ります。

 

名古屋鉄道谷汲線は、2001年10月1日、

ナゲーに惜しまれながら、廃線になりました。

まだまだ元気だった頃、1992年9月18日の様子です。

まさか9年後に廃線になるなんて、

ナノメートルも思っていませんでした。

 

f:id:nagee4678:20081118150349j:plain

毎月18日は、谷汲山華厳寺の月命日の日。

西国三十三番、満願霊場ということで、

他の場所は巡らなくても、ここだけ行けば

全部巡ったことになるという、もの凄く罰当たりな

ナゲーの勝手な解釈で有名。

お正月と、毎月18日だけは混雑する谷汲線でした。

写真は「更地駅」

(更に痔なんて、縁起が悪すぎる!)

といいつつ、駅周辺は更地はあまりありませんでした。

ナゲーが好きな雰囲気の駅の1つでした。

 

f:id:nagee4678:20081118150814j:plain

いつもは「モ750形」ワンマンカーが、

1時間に1本、行ったり来たりしていましたが、

命日には、2両編成の電車が助っ人で入り、

30分間隔の運行になりました。

(30分間隔のウンコじゃありませんよ)

 

f:id:nagee4678:20081118151216j:plain

大型車の「ク2320形」が、大量のお客さんを捌きました。

(大量って程の量じゃありませんでしたが・・・・)

 

f:id:nagee4678:20081118151558j:plain

ピストン輸送なので、すぐに折り返してきました。

谷汲線は、結構な勾配路線でした。

モータ無しの「ク2320形」を、

ヒーヒー言いながら押し上げる「モ750形」

(ナゲーも坂道は、ヒーヒー言います)

 

f:id:nagee4678:20081118151954j:plain

はぁ、登り切りました。

 

f:id:nagee4678:20081118152351j:plain

今度は急な下り坂!

古い電車は、スピード制御が大変です。

 

f:id:nagee4678:20081118152857j:plain

この先の「北野畑駅」で行き違いした「黒野行き」が

急な坂を登ってきました。

1両なので身軽です。

(ナゲーは毎日、職場で気が重いです)

 

f:id:nagee4678:20081118153247j:plain

トコトコ走っていくところが、何とも好きでした。

(ナゲーがトコトコ走ると、笑われます)

 

f:id:nagee4678:20081118153649j:plain

根尾川左岸は「樽見鉄道」が走っています。

右側は「名鉄谷汲線

谷汲山・華厳寺へは、断然名鉄電車が便利でした。

(それでも、谷汲駅から華厳寺までは、かなり距離があります)

 

f:id:nagee4678:20081118160500j:plain

赤石~北野畑間。

一面の田んぼが広がる場所。

根尾川の流れの形に沿うように、

線路はクネクネ曲がっています。

(まるで、ナゲーの性格のようです・・・)

 

f:id:nagee4678:20081118160856j:plain

黒野行き」が、車体を揺らしながら走っていきます。

自然冷却方式がまだまだ当たり前に走ってた時代。

 

f:id:nagee4678:20081118161245j:plain

意外と山岳路線のような谷汲線

無くなったのが悲しいと言いながら、

撮影はクルマで移動。

ホントは、電車で移動したいところですが

そうすると、たくさん効率的に撮れないし、

「¥」が飛ぶように消え去るし、

鉄道ドマニアの苦しい立場です。

 

次回も、谷汲線をご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20200201090157j:plain

まるちゃんの、光と陰・・・・怖い・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。