ギリギリ沁みない、ナゲーのフーケー 1992年10月期

昨日のブログでもそうですが、

ホントに「誤字・脱毛」が多くて、

(脱毛は、パソコンと何ら関係ありませんが)

「緑井色」とか

(何ですかその色?春の新色?)

駅名も二転三転4.5転したり、(中途半端な)

(ナゲーは、いつも言うことが柔軟にコロコロ変化します)

皆様に大変「ご心配を」おかけしている所ですが

(釈明会見とかでよく聞かれるフレーズですが、心配なんてしてないし)

本日は、娘の公立高校受験日でして、

受験高校に7:35必着だったんですが、

いつものごとく読みを誤り、渋滞に巻き込まれ、

到着したのがギリギリ3分前。

またもや不穏な空気が漂うところでした。

ちょっと遠い高校なので、

ボッチで行く娘に、「ガンバレ」とか一言も

声をかけることが出来ず、

余裕を持って行動しないとダメだなァと反省する

♪「人生~ギリギリ、ナゲーもギリギリ」崖っぷちナゲーです。

 

ということで、いつも公開しても良いのかいけないのか、

ギリギリスレスレ低空飛行のナゲーブログ

進めて参ります。

本日は、昨日ご紹介した神岡の分も含めて

ナゲーのフーケーご紹介します。

 

f:id:nagee4678:20200227160358j:plain

1992年10月4日。

JR東海東海道本線 岐阜~木曽川間。

今も変わらぬ黄金風景。

変わったのは、線路沿いの道が舗装道路になったぐらい。

でも、田んぼを潰して宅地化が進行中です。

 

f:id:nagee4678:20081119194613j:plain

1992年10月28日。

電車が120km/hで、ビュンビュン走る上で、

保守作業をする、電気職人さんをなんとなく汚写。

真下には、電圧1500Vの生きた架線。

ナゲーだったら、焼肉になってます。

 

f:id:nagee4678:20081119213519j:plain

1992年10月29日。

JR西日本高山本線 猪谷駅。

昨日のブログでご紹介した、神岡鉄道強行軍での撮影。

やはり、緑井色(違うって)の車両は

山々に溶け込みすぎます。

(ナーゲネーターも人々に溶け込んで狙ってます)

 

f:id:nagee4678:20081119221735j:plain

f:id:nagee4678:20081119222136j:plain

神岡鉄道神岡鉱山前駅。

出発合図をしている方が、

線路内撮影を快諾していただいた駅員さん。

濃硫酸を満載したタンク車が

山へ吸い込まれていきます。

こぼれたら大変ですね。

 

f:id:nagee4678:20081119224152j:plain

JR東海高山本線 飛騨一ノ宮~高山間。

山から一気に駆け下りる、高山線のハイライト。

寄り道して撮りました。

名古屋鉄道キハ8500系・特急北アルプス」が

高山へ向けてラストスパート。

(ナゲーのブログもラストスパート!?)

 

f:id:nagee4678:20081121143004j:plain

高山本線では、あまりにも有名すぎる撮影地。

国道沿いなので、お手軽です。

下原ダムのダム湖横を走る列車を撮るつもりでしたが、

この日はもう暗くなりかけ。最悪の条件。

 

f:id:nagee4678:20081121142600j:plain

福来信号場~飛騨金山間。

あの家、誰か住んでるのかなぁ。絶対、夜怖いし。

一瞬だけ、東海色キハ40系が顔を出します。

 

f:id:nagee4678:20081121143850j:plain

f:id:nagee4678:20081121144242j:plain

ISO100のフィルムでは、もうギリギリ限界。

でも、シャッタースピードは欲しいし、

露出もギリギリ。(ナゲーもギリギリ。しつこい?)

 

f:id:nagee4678:20081121145101j:plain

幽霊列車ですね。

どこに写ってるのか、

言われなきゃ分かんない状態。

これを最後に、神岡強行軍は終了しました。

国道41号は、クネクネ道で待避場所も少なく、

皆さん高速道路並みにぶっ飛ばしてるので

出来れば走りたくない道路の1つです。

 

これぐらいの枚数が、汚写真を見る限界ですね。

 

f:id:nagee4678:20200208162546j:plain

メシでも喰らうか・・・・。

(1袋¥100のカツオ購入で、ナゲーの小遣いギリギリ)

 

今日はこの辺りで失礼します。