心に沁みない、ナゲーのフーケー 1992年11・12月期

最新型コロナゲーウィルスに関する、

非専門家と無識者会議が、ナゲー家で開かれ、

結局ナゲーは、どういう人物なのか

どう対処すればよいのか分からないという

結論に達しました。

(どーゆー意味や?ウィルスの話しじゃ無いし)

これを受けて、ナゲー党両院議員総会

自由ナゲー党本部で開催され、

(同じナゲー家だし。両院なんてあったっけ?)

自由ナゲー党総裁・ナゲーは

「我々は、コロナゲーウィルスとの闘いに必ず勝利し、」

「ナゲー家経済を、M字開脚させるため、」

(オイオイ!違う違う!開脚はヤバイヨ!野次が飛びます)

「もとい、M字回復させるため、」

(M字だと、下がってしまうじゃないか!違うだろ!)

「思い切った、強大で誇大で肥大で盛大で粗大で重大な」

(もうええわ!分かった分かった!)

「ナゲーの小遣い増額対策を、練り上げていこうではありませんか!」

(結局そこかよ!粘土じゃねーんだから)

まずは、¥12000円の現金をナゲーに支給してほしいナゲーです。

 

ということで、

M字暴落、ナゲーのフーケー1992年11~12月期

ご紹介して参ります。

先日、単品でご紹介した写真も含みますので御了承下さい。 

 

f:id:nagee4678:20200320205430j:plain

1992年11月2日。

JR東海東海道本線 穂積~大垣間。

フーケーってもんでも無いですが、

木曽三川の1つ「揖斐川」を

ボンネット形「特急しらさぎ」が渡ります。

金華山岐阜城もチラッと見えます。

 

f:id:nagee4678:20200320210537j:plain

1992年11月3日。

JR東海高山本線 長森駅

ちょっと近代化されたホーム。

野焼きのガスが漂います。

(ナゲーのガスも、長時間漂います)

「特急ワイドビューひだ」を、普通列車が待避します。

単線区間の儀式。

 

f:id:nagee4678:20200320210746j:plain

1992年11月日付不明。

樽見鉄道・高尾~日当間。

以前ご紹介した「大物車・シキ25形」

ディーゼル機関車排気ガスがたなびく山中。

(最近、ナゲーの排気ガスは、音がしなくなりました)

 

f:id:nagee4678:20200320211046j:plain

JR東海東海道本線 木曽川~岐阜間。

ネコは一緒に暮らせても、犬はダメなナゲー。

何でかと言うと、決まった時間の散歩が絶対無理。

ブログが続いているだけでもキセキ。

 

f:id:nagee4678:20200320211315j:plain

全く関係ないけど、昔住んでいた、

ボロボロの借家の裏手。

「荒田川」が流れていて、右手側には名鉄電車の鉄橋。

中山道沿いなので、昔ながらの蔵みたいな家が並んでいます。

自然の柿は、美味かったですが、

緑色の「イラガ」によくさされて死にました。

 

f:id:nagee4678:20200320211632j:plain

先日ご紹介した、真っ赤な夕方のひととき。

すぐあとに撮ったもう1枚があります。

 

f:id:nagee4678:20200320211727j:plain

この時は、さすがに三脚をセットして撮りました。

うまいこと、この色がでたのもキセキでした。

(上手く写真を撮る腕は、ナゲーにはありません)

 

f:id:nagee4678:20200320211918j:plain

また違う日。

構内に架かる歩道橋から夜の本巣駅を撮影。

列車の明かりが遠くにボンヤリと。

寒風吹きすさび、鼻水ダーダーで撮りました。

 

f:id:nagee4678:20200320212119j:plain

レールバスが到着しました。

雪が横殴りに降ってきて、帰りたくなりました。

 

f:id:nagee4678:20200320212249j:plain

夜の貨物列車が、発車時刻に。

いろんな光が強すぎて、

意味が分からない汚写真に。

 

f:id:nagee4678:20200320212440j:plain

タンク列車が、闇夜に向けて発車していきました。

自称凍死寸前だったので、これにて撤収。

 

今日も遅番仕事でしたので、

中途半端ですが、ここまでに。

 

f:id:nagee4678:20200320212723j:plain

まるの足でも、見てやって下さい・・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。

 

※ たくさんの方に読者登録して頂き、

  まことにありがとうございます!

  こんなクソブログを見ていただいて光栄であります!

  閲覧が追いつかなくなってまいりましたので、

  仕事のお休みの日に、じっくり読ませて頂くことにしました。

  見たよマークを付けるのが遅くなりますが、

  お許しいただけますよう、よろしくお願い致します。