心に沁みない、ナゲーのフーケー 1993年2月期

最近、階段を上るのが困難な年頃になってきて、

ナゲー家の1階と2階とを連絡する重要な階段を

バリアフリーエスカレーターにする法案を

ナゲー家国会に提出しましたが、

反対多数で否決されるナゲーです。

 

ということで、

心に沁みない、ナゲーのフーケー、

ご紹介して参ります。

あまりフーケーとは言えませんが、

チラッとだけご覧下さい。

 

f:id:nagee4678:20200328123853j:plain

f:id:nagee4678:20200328103256j:plain

1993年2月日付不明。

JR東海高山本線 下油井駅。

先日ご紹介した、長良川鉄道さんのレールバス撮りついでに。

高山本線の木造駅舎は、

ほとんどが無くなりました。

田舎の駅は、エレベーターも何も無くて大変です。

 

f:id:nagee4678:20200328103535j:plain

田舎の駅に行くと、地元の方が作ったのか、

手製の座布団なんかが、よく置いてあります。

ちょっと近代的な待合室だったので、

あまり郷愁も感じませんね。

(髪の毛に郷愁を感じますが)

 

f:id:nagee4678:20200328123334j:plain

山間の小駅に、数少ない普通列車が来ます。

 

f:id:nagee4678:20200328123434j:plain

国鉄時代の低いホームから、

よっこらしょっと乗り込みます。

(足が胴体より短いナゲーは、この段差は致命傷です)

 

f:id:nagee4678:20200328123601j:plain

f:id:nagee4678:20200328123615j:plain

以前ご紹介した、撮影名所。

JR高山本線・飛騨金山~福来信号場間。

下原ダムの湖面に、レールバスが映ります。

(ハゲでも、こんなにはっきりは映らない)

 

f:id:nagee4678:20200328123747j:plain

どこを走ってるのか、分かりにくいですね。

湖面に映る区間は、ほんの僅か。

 

f:id:nagee4678:20200328123936j:plain

飛水峡信号場~上麻生間。

JR高山本線を、長良川鉄道が走る証拠を撮りたくて、

県道の標識に「上麻生」と書いてあったので。

お客さんが乗ってますね。

車内に畳を敷いて、簡易お座敷車にしてあったようです。

車体が軽いから、よく揺れただろうな。

(結構、乗り物に弱いのに鉄道好きなナゲー)

 

f:id:nagee4678:20200328124229j:plain

f:id:nagee4678:20200328124251j:plain

排気ガスを撒き散らして発車していく

JR西日本さんの「キハ58系・急行たかやま」

年寄りの厚化粧みたいなパステルカラー。

(排ガスに白い車体は、掃除泣かせですよね)

 

f:id:nagee4678:20200328124425j:plain

「上麻生駅」も、木造駅舎でした。

まだ残ってるのかは不明。

 

f:id:nagee4678:20200328124517j:plain

駅前には、蒸気機関車展示館が。

閉まっていて、入れませんでした。

 

f:id:nagee4678:20200328124615j:plain

蒸気機関車には重要だった給水塔。

樽見鉄道・本巣駅にまだあるのかな?

中に入ったら、出てこれないですかね。

 

汚写真ばかりですみません。

今日はこの辺りで失礼します。

 

f:id:nagee4678:20200328125626j:plain

手と足がくっつく柔らかさ。猫背ですが・・・。