間もなく終焉、ハーフカメラ汚写真 たぶん1980年代前半の名鉄電車

ホントに有り難いニュースが飛び込んできました!

なんと、全世帯に2枚も、2枚も!

布製のマスクが配られるらしいじゃないですか!

素晴らしいです!ナゲマンショック対策を超える

(苦しい!苦しすぎる!)

非常に大胆な新型ウィルス対策で、

不安がメチャクチャ払拭されました!完璧です!

さすがです!感動して開いた口が塞がりません!

(塞がないと、危ないじゃないか!)

他国でもしてないような、大胆な対策!

早速、家族間で割り当て表を作成して、

5人+ネコで、使い回しさせて頂きます!

(3日に1回しか、巡って来ないな・・・・)

イヤ~アリガタイ、ホントにアリガタイ!

お肉券も(出来れば、松阪牛が良いなぁ)

お魚券も(出来れば、浜松のウナギが良いなぁ)

ついでに、お野菜券も、北斗の券もアキレス券も欲しい

ナゲー国・賊議員ナゲーです。

(なんや北斗の券って?)

 

ということで、汚染拡大・ハーフカメラ汚写真

ご紹介して参ります。

残り僅かとなりましたが

(ホントに有り難い!)

危険ですので避難して下さい。

 

f:id:nagee4678:20200402171436j:plain

お馴染みとなりました、

名古屋鉄道新岐阜駅 名古屋本線ホーム。

夕方になると、白帯特急は増結されて

6両編成になりました。

連結されるのは「7700系・白帯車」

連結作業に入る前に、一旦手前で停止しますが、

パノラマカーは、運転台が高いため

停止信号の赤旗を、ナゲー棒の先に付けて

合図をしていました。

写真のお兄さんは、背が高い方でしたので

カッコヨク持ってますが、

ナゲーだったら、背伸びして足がつります。

※ 何度も新岐阜駅へ通ううちに、仲良くなった

  写真のお兄さん。いろいろ遊んでくれました。

  その写真は、また次回。

 

f:id:nagee4678:20200402172547j:plain

その「7700系・白帯車」の車内。

モケットが張り直された、フカフカの転換クロスシート

写真は初期形の座席。

後期形は、ヘッド部が1人用に分割されたタイプに。

 

f:id:nagee4678:20200402172832j:plain

「3730系」

平成初期まで残った旧型車。

ブレーキ操作が非常に難しい車両で、

乗務する運転士さんが、この車両を見るなり

「ウワッ、サンナナやんか・・・マジかよ!おれ出来ン・・・・」

悩みながら、歩いていった姿を

今も鮮明に覚えています。

 

f:id:nagee4678:20200402173256j:plain

「6000系」今も活躍中です。

このお兄さんと、赤帽の助役さんも

仲良くなってもらった駅員さん。

「団」の幕を出してもらいました。

こちらも連結準備中。

名鉄電車は、連結しても貫通幌は繋ぎません。

瀬戸線のみ繋いでました)

 

f:id:nagee4678:20200402173543j:plain

デビュー当時の6000系車内。

公園のベンチのような、

チッチャイ固定クロスシート

しかも急角度が付いていて、

背が小さかった、ナゲーのオカンは、

座ると足が床に着かなくて、

ものすごく、この車両を毛嫌いしてました。

更にしかも、ものすごく狭くて

2人座るとオシクラマンジュウ状態。

今だったら、痴漢じゃなくても痴漢になってしまう座席。

(ナゲーには、うってつけの座席ですが・・・)

これで、任侠鉄道共の会の抗争相手、

本家・鉄道友の会の「ブルーリンボン賞」を獲得ですから。

あまりの不評に、ほどなくロングシート

改造されました。

 

f:id:nagee4678:20200402174318j:plain

5200系・5202号車。

事故で大破して復元されたときに、

高運転台に改造された、貴重な唯一の車両。

5500系にも1両、同様な顔の車両がありました。

ツリ目で、怒っているように見えました。

 

f:id:nagee4678:20200402175356j:plain

こちらは、5500系の運転室。

非常に簡素で、狭くて、居住性は

今の車両に比べて、格段に低かったです。

この形式までの、車掌さん用の車内マイクは

壁に作りつけのラッパ状のもので、

みんなのツバが飛ぶため、

かなり臭かったようで、敬遠されてました。

 

f:id:nagee4678:20200402175716j:plain

7000系(左)と、7500系。

名鉄2大スターのパノラマカー並び。

 

f:id:nagee4678:20200402175834j:plain

3850系。1951年誕生、1990年他界。

台車や機器は、瀬戸線の「6750系」に

再利用されました。

この車両も、いろいろな顔を持つ車両でした。

 

f:id:nagee4678:20200402180117j:plain

「美合」の文字が、一番均整がとれていると

ナゲー的には感じた、逆さ富士板。

 

f:id:nagee4678:20200402180214j:plain

5000系・ブー電車。

「高速」での走りっぷりは、見事な車両でした。

全面展望も、パノラマカーの次に最高でした。

 

f:id:nagee4678:20200402180417j:plain

7000系パノラマカーが、白帯特急車に

改造中のために、代用編成に組み込まれた5500系。

性能的にはパノラマカーと同じだったようですが、

違和感丸出しでした。

(ナゲーは、居るだけで違和感丸出しです)

 

f:id:nagee4678:20200402180645j:plain

f:id:nagee4678:20200402180700j:plain

3650系。1941年誕生、1988年他界。

最後まで原型を保った姿。

美しい車両でした。

(対照的な、美しくないナゲー)

 

次回のハーフカメラ汚写真は、

最終回となります。

もう2度と現れませんので、ご安心下さい。たぶん。

駅員さんに遊んでもらった時の写真や、

こんなの有り得へん!ドマニア垂涎の汚写真

(そこまででは無いですが・・・・)

ご紹介して参ります。

最終回ですので、見ると命の危険が伴います。

持病のある方は、ご遠慮下さい。

 

今日はこの辺りで失礼します。

 

f:id:nagee4678:20200402185053j:plain

ヤヴァイ・・・。死にたくない・・・。どうしよう・・・。

見るのやめよかなぁ・・・。