オヤジカメラ汚写真 おそらく1975年頃の国鉄岐阜駅

今でこそナゲーは、岐阜県内で一県二制度、

領土134.843平米の独立独裁国家総統でありますが、

小さいときは、一般岐阜県人でありました。

岐阜から出た事が無いので、

現在も鎖国状態のナゲー国ですが、

小さい頃の遊び場は、

もっぱら名鉄茶所駅か、国鉄岐阜駅でした。

 

ということで、本日は出し惜しみの

オヤジカメラ汚写真から、

少しだけ、ご紹介して参ります。

おそらく、1975年頃の国鉄岐阜駅から、

オヤジに連れられて行った時の、

オヤジが撮った汚写真です。

f:id:nagee4678:20200530164642j:plain

日本国有鉄道さん「153系」でしょうか?

なぜか、前面を撮らなかったオヤジ。

低運転台車、前面オレンジ1色塗装。

前を撮って欲しかった・・・・。

運転室背面の窓には、暗幕が下ろしてあります。

当時の国鉄ではお約束で、

客の目を嫌う傾向がありました。

「快速」のサボが横に挿してあります。

当時は名古屋~岐阜間1時間当たり、快速1・普通1の本数しか

走っていませんでしたので、

お客さんは、自然と国鉄岐阜駅周辺の人か

遠くへ出かける人のみで、本数が少ないので、

客数はたくさん集中しているように見えました。

 

f:id:nagee4678:20200530165409j:plain

旧型の茶色に塗られた荷物車両。

形式は疎いので、分かりません。

荷物列車も、ある程度本数があって

岐阜駅にも、かなりの列車が停車していました。

無造作に放り出された荷物。

職員さんも手慣れたもので、

開けたドアから、ホームに放り投げていました。

ワレモノだろうが何だろうが、お構いなし。

「乗せてやる・運んでやる」が常識でしたからね。

 

f:id:nagee4678:20200530170026j:plain

高山本線の列車「キハ17形」

旧形式は、キハ45000形で

1953年から製造された、

日本初の液体式量産型気動車だったそうです。

座席はもちろん直角座席ですが、

すごく狭くて、今の日本人の体型では

とても2人は並んで座れないほどの狭さ。

高山線は、結構ボロいディーゼルカー

たくさん走っておりました。

いろんな車両が走っていて、

目をギラギラさせて見入っていた記憶が残る

オヤジカメラ汚写真でした。

今後も不定期で、出し惜しみして参ります。

 

f:id:nagee4678:20200530171025j:plain

バズを足蹴にする、チビまるちゃん。

 

今日はこの辺りで失礼します。