心に沁みない、ナゲーのフーケー 1995年春の樽見鉄道サクラ列車

スマホ・携帯電話が普及して、

ナゲー家の家庭電話も、お役御免と言った所ですが、

(すでに、オブジェになりかけています)

未だにかかってくるのが工事の電話。

リフォームだとか、太陽光とか、シロアリとか、ハゲとか・・・。

最近は、NTT関係とか、ソフトバンクの方とか言うのが多いです。

留守電にしっぱなしなので、大抵は出ませんが、

ナゲーは、チョー性格が悪いので、

たまには電話出たるか!

相手も仕事で、ノルマもアルカモでかわいそうですが

あまりにシツコイ業者には、逆襲開始!

一番有効なのが、一通り喋らせといて

「スミマセン、今、葬儀中なので・・・・」

「ごめんなさい!失礼しました!」

すぐに、電話切ってもらえます。

次が、

「今、子供が急病で救急車呼んだので・・・・」

「ごめんなさい!失礼しました!」

だいたい、この2パターンですぐに終われます。

相手を誰か確かめるため、ナゲーは最初は無言で出ます。

(メチャクチャ性格悪いね。逆無言電話か!)

「ナゲーさんのお宅ですが?」と聞かれたら、

「どちら様ですか?」と返し、業者と分かったら先程のセリフへ。

独身の時には、ここでは書けませんが、

あの手この手で、勧誘相手に遊んでいました。

(内容につきましては、ご想像にお任せします)

実はただの、人間と話すのが苦手なナゲーです。

 

ということで、書くのも苦手なナゲーブログ

本日も進めて参ります。

今回から、1995年の汚写真に突入致します。

ナゲーブログ終了までアト、25年分。

(ドンダケあるの?イヤになったでしょ?)

写真を撮りたくない時期に突入しておりましたので

いきなり、4月分からのご紹介です、

4月といえば、桜。

ついこの前、サクランピックが終わったばかりですが、

毎日が錯乱状態のナゲーですので、季節感無く、

桜の汚写真から公開して参ります。

樽見鉄道さんは、4月になると「桜ダイヤ」を設定し、

大勢のお客さんを捌くため、客車列車が走りました。

沿線の、サクラと共に走るフーケーです。

 

1995年4月6日。鍋原(なべら)~日当(ひなた)間。

f:id:nagee4678:20200607133146j:plain

クルマでは行けない、ナゲーのハゲより狭い土地。

田んぼおこしが終わり、桜は春真っ盛り。

 

f:id:nagee4678:20200607133511j:plain

日当駅をパステルカラーのTDE10形が通過します。

列車は「うすずみファンタジア号」

ここだけ見るとファンタジーですが、

普段はほとんどお客さんが居ない、極小駅。

(ナゲーは、ファンタジジーです。ジュースか?)

 

f:id:nagee4678:20200607133816j:plain

樽見鉄道・神海(こうみ)~樽見間は、

新線なので、ほぼ直線的にトンネルと鉄橋で

山間部を貫いています。

この辺りは、お茶の産地で、茶畑が広がります。

列車は「うすずみブルーライン号」

(ナゲーだったら、うすすぎハゲーライン号になるかな・・・)

お茶大好きなんですが、痩せないなぁ。ナンデヤロ?

 

1995年4月11日。

f:id:nagee4678:20200607134114j:plain

f:id:nagee4678:20200607134136j:plain

日当~鍋原間。

根尾川沿いを走る県道から。

実は、2枚とも同じ列車。

左を見ると上の写真、右へ振り向くと下の写真。

ほぼ動くことなく、同じ場所から

1本の列車を同時に撮影できる場所。

山に咲くサクラが、ナゲーは大好きです。

群れで咲くより、ポツンが好きですから。

 

f:id:nagee4678:20200607134437j:plain

高科~神海間。

樽見鉄道さんの沿線には、たくさんの桜が点在しています。

自然のまま咲いているサクラ。

 

f:id:nagee4678:20200607134652j:plain

木知原(こちぼら)駅を、根尾川対岸の崖に登って撮影。

足元には、名古屋鉄道谷汲線の線路がありました。

まだまだ若かったので、登れましたが

今となっては、足腰が弱ってしまって・・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200607134925j:plain

バックの桜は、学校の跡地かなぁ。

中途半端なトロッコ客車「うすずみ1形」を挟んだ

「うすずみファンタジア号」(廃車済み)

ロッコ風なので、65km/hで爆走しました。

貨車からの改造でしたので、

貨車の乗り心地を満喫することは出来ました。

(痔の方は、乗らない方が良かったかも・・・今更ですが)

本家・淡墨桜は、まだ満開では無かったので、

お客さんも、まだまばらですね。

満開時は、身動き出来ないほどの、

メチャ蜜状態でしたので、今だったら運行禁止ですね。

 

f:id:nagee4678:20200607135233j:plain

谷汲口駅へ向かう「うすずみファンタジア号」

現在は、線路をまたぐ道路が出来て、景観が一変しました。

 

f:id:nagee4678:20200607135754j:plain

早春の、迷峰・伊吹山をバックに揖斐川を渡る

レールバスの1軸車と2軸車の長短編成。

小さい方は、よくローリングして揺れましたが、

ポンポンにお客さんが乗ると、揺れが収まったそうです。

揖斐川橋梁の施設は、1900年誕生の海外製。

国鉄御殿場線の複線部分でに使用されていた橋梁が

戦時中の鉄材供出で単線にされ、必要無くなった部分を

1956年に移設して国鉄樽見線が開業。

製造から120年、今も現役で使用されています。

(120年は生きたくないです・・・・)

 

ナゲーの汚い性格の話から、きれいな桜の

汚い汚写真でした。(国語間違って無いか?)

 

f:id:nagee4678:20200607140823j:plain

手と手を合わせて、通じ合うまるちゃん・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。