1995年の鉄道汚写真 飯田線・トロッコファミリー号

某国首都で、またまた多人数の感染者が出たことについて、

「積極的にPCR検査をしたから出た結果」

と、仰っていた政治関係の方がお見えですが、

じゃあ、今まで消極的に検査してたの?

そうか!だから、ナゲーファミリーでは感染者が出ないのか!

ナゲー国では、あらゆる事に消極的だもんなぁ~。

だいたい、ナゲー総理大臣が消極的ヒューマンなので、

何をするにも遅いし、遅れ気味。

それにしても「夜の街」は、

なんで横文字で言わないんでしょう?

直訳すると、「タウンオブナイト?」

語呂が悪いのか!

「夜のナゲー」は、横文字にするとどうなるかな?

「ダークナゲー」・・・・・、カッコエエではないか!

(ちょっと違う気もしますが・・・・)

ちなみに、エレクトリックカイロ高校卒業のナゲーです。

(電気回路?高校は電子化卒業です)

 

ということで、消極的ナゲーブログ、

本日も進めて参ります。

今回も、非常につまらん汚写真の公開です。

1995年8月11日

飯田線・トロッコファミリー号に乗ったときの様子です。

といっても、枚数が少ないですので

今日も、サーッと流しそうめん的にご覧下さい。

始発駅は、JR豊橋駅

1992年12月から運行を開始していた

「急行・伊那路」が、停車中でした。

f:id:nagee4678:20200615153345j:plain

f:id:nagee4678:20200615153556j:plain

電車はJR東海さんの「165系急行形直流電車」

昭和の中頃時代に全盛だった急行電車に付けられた

ヘッドマーク」を模して作られた、特製マーク付き。

車体横の、特大JRマークも

小さいシールに変更されて車端部に貼り付け。

国鉄のイメージを忠実に再現した、JR東海さんでした。

 

f:id:nagee4678:20200615154211j:plain

ハイ、もう乗り込んでいる写真です。

豊橋~豊川間は、複線区間の走行なので

トロッコ車両には乗れず、豊川駅から移動。

 

f:id:nagee4678:20200615154340j:plain

低速走行ですが、風がビュービューで真夏でもチョーキモチー!

大人の皮を被ったクソガキナゲーも大はしゃぎ!

中部天竜駅までの2時間半、アッツー間でした。

 

f:id:nagee4678:20200615154747j:plain

JR東海さんの目的は、

ただでさえ遠かった、佐久間レールパークへの誘客。

この日は見学せずに、折り返しのトロッコにも乗車。

 

f:id:nagee4678:20200615154931j:plainトロッコ列車は、水窪駅まで回送されています。

飯田線のチョー有名撮影地、

「渡らずの鉄橋」を走行させるために

水窪駅まで回送させたという話も。

とにかく、往復だけでも5時間近くかかるので、

トロッコ列車も結構早い時間に、折り返してきます。

 

f:id:nagee4678:20200615160046j:plain

帰りの「トロッコファミリー号」を新城駅にて。

とにかく速度が遅いので、

上下の定期列車を待避のため、長時間停車。

機関車は「ED18形」、元々はイギリス製の機関車。

1925年に輸入したモノを

飯田線で使用する目的で、1953年頃改造されたようです。

ロッコファミリー号運行初期は、

ヘッドマークが付けられていましたが、

大正~昭和初期の雰囲気を出すために、

ヘッドーマークは外されました。

 

f:id:nagee4678:20200615160814j:plain

大正時代の電気機関車が、

気合いで走ったせいなのか、

2005年に致命的故障を起こして、

ロッコファミリー号から引退したようで、

現在は、リニア・鉄道館で保存されています。

(ナゲーも致命的故障をしておりますが現役)

 

f:id:nagee4678:20200615161108j:plain

帰りも乗るお客さんは、とても少なかったです。

なので、車内もきれいに撮れました。

帰りはみんな、早く帰りたいですもんね。

国鉄時代には無かった、座布団のおかげで、

木製の椅子ですが、痔にはならずに済みました。

こうゆう楽しい列車が、

最近は少なくなったので、

佐久間レールパークは無くなりましたが、

また走らせて欲しいなぁと思う、オコチャマナゲーでした。

 

f:id:nagee4678:20200615161855j:plain

目を丸くするほど、ツマラナイ・・・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。