1995年 賑わった樽見鉄道 いろいろ汚写真+プチフーケー 

ようやく学校が始まって、

平穏な時間が甦ったナゲー国ですが、

その途端、息子が通う小学校では、

復活登校の2日目、悪夢の避難訓練が行われたようで、

当日の朝は、息子がパニック状態に陥りました。

以前にも書きましたが、原因はあの

NHK(ナゲー放送協会)が鳴らす、緊急ナゲー速報の音。

※ なんの速報や?意味が分からない方は、

  「ナゲー」の部分を「地震」に置き換えて下さい。

当人にとっては、生きるか死ぬかの死活問題で、

「お腹痛い、吐きそう・・・、オエッオオオエッ」

(ヤメロオオオオ!ツレゲロしてまうやないか!)

ナゲーは息子を説得しました。

「世の中には、アラーム音より、もっと恐いモノがあるんやて!」

「昔から、地震・雷・家事・嫁さんと言うことわざが・・・・・」

(あっ・・・間違えた・・・・)

女王陛下からの攻撃に備え、

頭上ハゲ形ミヒャエルナゲー激システムで、

(またそれかよ!)

敵からの攻撃を迎撃し、報復として

ナゲドン2号大陸間言語道断ミサイルを発射するナゲー第1書記です。

(最近ホントに書いていてワケが分からなくなっています)

 

ということで、言語道断のナゲーブログ

本日も進めて参ります。

今回は、樽見鉄道さんの汚写真が、かなりの枚数

だぶついてきましたので、一挙公開して参ります。

岐阜県内に独立国を構えるナゲーは、

どうしても、山の汚写真が多くなりがちで、

いつもと代わり映えがしませんが、

トイレのように流してご覧下さい。

 

最初に出し忘れの2枚。

f:id:nagee4678:20200620154027j:plain

1995年4月15日。十九条~横屋間。

 

f:id:nagee4678:20200620154124j:plain

1995年6月11日。日当(ひなた)~高尾間。

ホントに出し忘れちゃって、いつ出そうかなぁと思ってたんですけど、

別に出さなくても、という程度の汚写真。

 

f:id:nagee4678:20200620154426j:plain

十九条~横屋間。

曼珠沙華と聞くと、まんじゅうを思い出します。

(「まんじゅ」しか合ってね~し!)

この花も、毒があるんですよね。

(ナゲーの言葉にも毒があるので、嫌われます)

 

1995年11月11日。

この日は、一大ドマニアイベントが樽見鉄道さんであった日。

f:id:nagee4678:20200620154649j:plain

f:id:nagee4678:20200620154748j:plain

本巣~木知原(こちぼら)間。

なんの変哲もない「ハイモ230形」レールバスですが、

いつもは取り付けてある「スノープラウ」(除雪板)が

取り外された珍しい状態なので、一応記録で撮影。

 

当時、樽見鉄道さんでは、

車内で薬膳弁当を食べてお話しを聞く「薬草列車」と

(「薬物列車」だったら、そのスジの人が喜ぶかも)

薬草弁当を食べるだけの「ヘルシー列車」が

(「ヘルス列車」だったら、そのスジの人が喜ぶかも。ナゲーだけだったりして)

人気列車として運転されていましたが、

この日に限り、JR東海さんから旧型客車貸切の

「ヘルシー列車」が直通乗り入れ列車で運転された日。

鉄道ドマニアさん主催の団体列車で、

一切の装飾無しで走行しました。

f:id:nagee4678:20200620155145j:plain

谷汲口~神海(こうみ)間。

愛用していた望遠ズームレンズが、

体調を崩しはじめており、ピントがどうも・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200620155908j:plain

茶色の客車なので、目立ちませんね。

目立つとイジメられますからね。ナゲー体験談より。

目立たなくてもイジメられるけど。ダメじゃん。

神海駅で行き違い停車中に、ナゲラッチ。

f:id:nagee4678:20200620160147j:plain

 う~ん。ピントがダメだなあ・・・・。

鍋原(なべら)~日当間。

第5根尾川橋梁を渡る、ヘルシー列車。

ドマニアさんの要望で、国鉄列車を再現したとか・・・。

この鉄橋、実は相当高いところを走ってます。

この列車は、樽見駅から営業列車として折り返してくるので、

それまでブラブラ。

f:id:nagee4678:20200620160412j:plain

神海~高科間。

 

f:id:nagee4678:20200620160557j:plain

神海駅に戻ると、「薬草列車」が到着。

先頭車が専用車両で、後ろは一般の列車。

後ろ車両のお客さんの、好奇の眼差しを受けながら

車中で薬草弁当を満喫します。

 

f:id:nagee4678:20200620160759j:plain

先程の旧型客車列車が、折り返してきました。

この日だけの、スペシャ普通列車大垣行き。

f:id:nagee4678:20200620160854j:plain

車掌さんが、手動ドアを開けて安全確認。

ナゲーが小学校の頃は、こーゆー列車が

北陸本線には、まだ走っていて、

開けっ放しのドアから去りゆくホームを見たり、

今では信じられない光景が日常でした。

f:id:nagee4678:20200620161123j:plain

レールバスと旧型客車の出会いも、最初で最後。

f:id:nagee4678:20200620161210j:plain

f:id:nagee4678:20200620161225j:plain

大垣行き普通列車ですが、本巣駅で車両交換。

再び普通樽見行きで折り返してきます。

 

f:id:nagee4678:20200620161356j:plain

水鳥(みどり)駅。

普通列車樽見行きで折り返してきた、

JR東海さんの旧型客車。

後方の三角屋根は、濃尾大地震であらわになった

断層が間近で見られる「地震断層観察館」

f:id:nagee4678:20200620161605j:plain

機関車の後ろ、街灯を目立たなく撮れば良かったんですが、

何も考えずに撮るナゲー。

折り返し、JR名古屋行き団体列車になって

一大イベントは終わりました。

 

その他の、樽見鉄道さんの汚写真です。

f:id:nagee4678:20200620161810j:plain

1995年11月日付不明。高尾~水鳥間。

根尾川対岸の国道157号から。

f:id:nagee4678:20200620162014j:plain

違う日の「薬草列車」

池田満寿夫氏が外側だけデザインした車両が

メインで使用されるようになりました。

後方の山は能郷白山

f:id:nagee4678:20200620162155j:plain

薬草列車の折り返しは、回送車両になって

揺れる車内で、後かたづけ。

(片づけは、ナゲーが最も苦手とする分野)

 

f:id:nagee4678:20200620162500j:plain

1995年11月25日。日当駅。

再び運転された、JR東海さんからの乗り入れ「ヘルシー列車」

今度は、ユーロライナー塗装に更新された14系座席車。 

賑わいのあった頃の樽見鉄道さんです。

 

f:id:nagee4678:20200620162324j:plain

この年、本巣~樽見間が

タブレット・票券閉塞方式だった保安装置が、

自動信号化されると聞き、

記録に残したいと、タブレット閉塞機取扱の様子を

撮影させていただきました。

説明すると、2万光年ぐらいかかりそうな保安の仕組みなので

説明は割愛させていただきますが、

簡単に言うと、この赤い機械は隣の有人駅にも同じモノが有って、

いわゆる1本の列車しか通せない通行手形を機械から取り出すときに、

隣の駅とボタンを押すタイミングを合わせながら、

手形を取り出すという、チョーアナグロ・・・・もとい、

チョーアナログのマシーン。

タイミングが合わないと、いつまでも取り出せないという、

ボッチナゲーには、絶対ムリな道具。

到着した列車の手形を機械に入れないと、

次の列車の手形が取り出せない仕組みになっています。

ボタンを押すときに鐘が鳴るんですが、

その音が独特で、何とも言えない郷愁を感じたものでした。

自動信号化までは、どこの駅でも見られた光景でした。

 

1995年の樽見鉄道さんでした。ダラダラでしたね・・・。

 

f:id:nagee4678:20200620164454j:plain

ダラダラしちゃって、カユイワ~。

 

今日はこの辺りで失礼します。