オヤジカメラ汚写真 ライバル決戦!国鉄117系VS名鉄パノラマ白帯車

カップ焼きそばが、無性に食べたくなって

約1年ぶりに、腕によりをかけて

製作を開始しましたが、序盤で手順を間違い、

真っ先に焼きそばソース粉末を「ドバッ」と

豪快に入れてしまいました。

焼きそば風味ラーメンにして食べたナゲーです。

 

ということで、劣化してきたナゲーブログ

本日も進めて参ります。

今回は、出し惜しみするオヤジカメラ汚写真からのご紹介です。

 

f:id:nagee4678:20200622182717j:plain

おそらく、1982年4月頃。

日本国有鉄道東海道本線 岐阜駅。

今では、なんの変哲もない「117系」です。が、

この年に、満を持してピカピカ新車鮮烈デビュー。

岐阜~豊橋間でおそらくシェア90%以上を占めていた

永遠のライバル「名鉄電車」に戦線布告した国鉄

(ナゲーも会社でビラばらまいて、宣戦布告しようかな)

関西地区に続いて投入された「117系」を戦力に投入。

「東海ライナー」と命名して、

列車本数も1時間当たり、快速2普通2に増発。

 

f:id:nagee4678:20200622193241j:plain

オヤジと撮影に行って、毎度イヤだったのがコレ。

「電車の横に立て!」と言われ、渋々立たされるナゲー。

家庭内暴力ですよね!)

しかも、チョー怒派手なグリーンのジャージ。

(これでナゲーは、緑色好きに洗脳されました)

こんなの着てるヤツ居なかったって!

オヤジがジャージ着てたからなぁ。

強制着用ってヤツで。

「電車だけで撮って」と言うと、オヤジはチョー不機嫌に。

そんなことは、横へどけといて、

 

f:id:nagee4678:20200622193754j:plain

名古屋鉄道茶所駅より。

茶所駅に隣接して、茶所検車区が有って

その留置線がホーム先端部まで来ていました。

階段が付いていて、当時の風潮通り

降りてもダレも注意しない、ノンビリ時代。

国鉄・117系にちょっとだけ肝を冷やしたか、

名鉄さんも看板車両「パノラマカー7000系」を大幅リニューアル。

座席は、もっと柔らかくした転換クロスシートに、

ヘッド部分には白い枕カバーをつけ豪華に、

通路には絨毯を敷き、

車掌さんには、アコガレの女性車掌「パノラマメイツ」を起用、

※ 男性車掌とペアでしたので、車内改札に男性が来るときもあり

  かなり苦情が出たようです。みんな変態ですね。

一般列車との差別化を進め、国鉄に報復攻撃を仕掛けました。

写真は初期形改造車で、種別表示は「回・特」のみ。

外してひっくり返す方式で、現場の社員に嫌がられ、

後期形改造車はパタパタめくる方式に変更。

座席も体にフィットするタイプに交換、公衆電話も設置されました。

 

f:id:nagee4678:20200622194824j:plain

「電車だけ撮って」と反抗して言った将来チョイグレナゲー。、

こっそりフレームにナゲーを入れやがったオヤジ。

潜伏アジトが近所でしたので、ジョリッパ履き。

ナゲーの息子と行くときは、

「一緒に撮るか?」と聞いてから撮る事にしたナゲー。

親子間の悪しき連鎖は、ナゲーの代で断たれました。

当時の座席指定料金は、¥200だったかな?

全く記憶にないので、そのスジに詳しい方にお譲りしますが、

運賃を足すと、岐阜~名古屋間は国鉄より少し高くなった気が。

それでも、本数は圧倒的大差。

(白帯車は絶対数が少なかったので、なかなか当たりませんでした)

駅の立地も、名鉄さんの方が地域の中心部に。

国鉄に勝ち目もなく、敗北したままJR東海へ転換となりました。

その後、JR東海さんの激しい増発攻撃と、名鉄さんの運賃値上げで、

名鉄さんは岐阜~名古屋間のお客さんを一気に奪われ、

シェア争いに、終止符が打たれました。現在は、

名鉄さんはきめ細かい地域密着形に方針転換、

JRさんは都市間輸送を主にして、

補い合いながら協調して、東海地方のクルマ社会と対決しています。

(ア~、なんて良い話しなんだ!天下不武を目指すナゲーです。織田信ナゲか?)

 

f:id:nagee4678:20200622201542j:plain

天下不武を目指してむしゃぶりつく、小まるちゃん。

 

今日はこの辺りで失礼します。