荒海沁みない、ナゲーのフーケー(プチ) 山陰自分探しの旅?その2

昨日お伝えした、

汚ヤジ容疑者の「バイク任意保険未加入問題」の続報です。

汚ヤジ容疑者の不祥事に対して、

ナゲー総理大臣が、昨日から釈明に追われ

「全て指導を怠ってきたワタクシの不徳の致すところであり、」

「過去の事とは言え、責任を痛感しております。」

「進退を決めるのは、ご本人が決めることであり、」

「しっかりと説明責任を果たすことが、重要であります。」

「ワタクシ、ナゲー総理も国民の皆様のために、ナゲー国憲法を改正し・・・」

ひとりナゲー総理記者会見を早々に打ち切り、

早速、保険会社に相談したところ、

「単独では入れないので、ナゲーの保険に特約としてなら」

という方向に、話が急展開。

汚ヤジをナゲー総理自ら説得、

来る27日から、バイク任意保険運用開始となるようです。

ナゲー検察特捜部から、事情を聞かれた汚ヤジ容疑者ですが、

いつから任意保険が失効したかの尋問に対し、

汚ヤジ容疑者は、

「そんなもん、バイク乗り始めてから1回も任意保険入った事無いぞ」

「・・・・・・・・・・」

「知らぬが仏」を、ものすごく実感したナゲーです。

(今まで一度も人身事故が無かった事を、神様に感謝します!)

 

ということで、釈明出来ないナゲーブログ、

本日は、前回の続きから進めて参ります。

前回はこちら↓

 

www.nagee-transient.online

 勝手に山陰、自分探しの旅の様子です。

「キハ52形・快速とっとりライナー」で、

JR米子駅に到着。

ここも乗り継ぎに、あまり時間が無かったので、

構内に停車いていた電車を、

パッパッパッと撮影。

f:id:nagee4678:20200625164214j:plain

今となっては、中京地区に進出し、

当たり前のように顔を合わせられるようになった

「EF64形1000番台」

それまでは、中央(東)線と首都圏近郊、

岡山地区の伯備線でしか見ることが出来なかった電気機関車

初対面のナゲーは、コーフンしまくり。

 

f:id:nagee4678:20200625164449j:plain

山陰本線普通列車

どこ行きかは失念しましたが、

まだ客車の各駅停車列車が残っていた時代。

モノスゴ~ク乗りたい衝動にかられ、

キモイオーラ出まくりのナゲーでしたが、

この先の予定もあるので、泣く泣く移動開始。

ちょっと乗り詰めで、尻の穴が悲鳴を上げそうだった頃。

この日の潜伏先、出雲市駅に到着。

駅前の「ホテルαー1」にアジトを構えました。

(このホテル、現在までに含めて3回利用しました)

疲れ果てた翌日、始発列車に乗るために出雲市駅へ。

1995年12月6日。

 

f:id:nagee4678:20200625164950j:plain

何が目的かというと、

日本海をバックに、列車を撮ること。

時刻表と大激論を交わしましたが、

残念ながら普通列車の本数が少なく、

ブルートレイン寝台特急・出雲」は、

目的の場所で撮れないことが判明していたので、

とりあえず、山陰線の車両だけでもと思い、

チョードマニア有名撮影地、山陰本線・五十猛~仁万間へ。

 

f:id:nagee4678:20200625165245j:plain

五十猛駅で列車を捨て、ボッチで現場へ。

真冬の日本海側の寒さを、侮っていたナゲー。

容赦ない寒風で、身もアソコも縮こまりながら、

(アソコは、一生使用不能になるかと思いました)

瀕死の重傷を心に負って、現地到着。

 

f:id:nagee4678:20200625184340j:plain

左に見える、小高い丘を目指す途中で、

「キハ58系国鉄色普通列車」が接近。

荒涼とした景色の中を走ります。

 

f:id:nagee4678:20200625184509j:plain

ヒーヒー言って登りました。

遮るものが何もなく、冷たい風が

ナゲーのハートをバキューン!(なんやそれ?)

おにぎり1個とお茶をで、ボッチを満喫します。

(寒すぎて、鼻水ダダ漏れ

 

f:id:nagee4678:20200625185246j:plain

なぜか、1両目の「キハ47形」にJRマーク無し。

国鉄の雰囲気が出せました。

構図はメチャクチャですけど。

 

f:id:nagee4678:20200625185450j:plain

「キハ181系・特急くにびき

3両の短い編成。山陰本線の現実。

 

f:id:nagee4678:20200625185609j:plain

五十猛駅で行き違ってきた「特急おき」

よく見てもらうと、ヘッドマークは文字のみ。

この頃から、ドマニアの愚行が散見されるようになり、

ヘッドマークも盗難に合い始め、

やむなく、文字のみのマークに。

 

f:id:nagee4678:20200625185933j:plain

f:id:nagee4678:20200625185953j:plain

f:id:nagee4678:20200625190031j:plain

鉄道ドマニア定番地ながら、

滅多に来れる所ではないので、

ナゲー的には、これで満足。

ホントは、この場所で寝台特急出雲を待ちたいのですが、

この後の日程で、明るいうちに下関まで行きたかったので断念。

五十猛駅へ、鼻水ボトボト垂らしながら戻ります。

 

f:id:nagee4678:20200625190251j:plain

いつの時代なのか、分からなくなる佇まい。

いきなり、ホームの列車接近放送があり、

「ヤバイ、出雲が来る!」(麒麟じゃないよ)

歩いてきてギリギリの時間でした!何も用意してない!

 

f:id:nagee4678:20200625190812j:plain

アアアアアアアア!!ヤッテシマッタァァァァァァァァ!

時間が無くて、絞りをオートにしたまま撮影してしまった!

ヘッドライトの強烈な明かりに負けて、

真っ暗な汚汚汚写真に・・・・・。終わった・・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200625191009j:plain

後ろは、まともに撮れました・・・・・。

行ってしまった・・・・・。

岐阜から来たのに・・・・・。

落ち込んでいるヒマはない!

次の普通列車を待つと、下関に夕方に着けない。

駅前にあった、民家にしか見えないクリーニング屋さんにお邪魔して、

「スミマセン、タクシー呼びたいので電話お借りしていいでしょうか?」

そうなんです、公衆電話も無い五十猛駅でした。

オカアサンが出てきて、

「どっから来たの?(方言分からないので岐阜弁で)」

「岐阜から写真撮りに来たの?わざわざ?大変やねぇ!」

「電話代はいらんよ!」

しばらくして、タクシーが来ました。

タクシーの運ちゃん、

仁万駅ね。列車無いもんね。電車撮りに来た?岐阜?」

岐阜の話に花が咲き、仁万駅に到着。

「また来てよ!」と言われて、再訪を誓いました。

山陰地方の人情に触れて、

ナゲー国を山陰に建国しようかと思ったナゲーでした。(ウソツケ!)

 

f:id:nagee4678:20200625192018j:plain

仁万駅に到着した途端、

非常に深刻なトラブルに見舞われたナゲー。

果たしてナゲーの命運は?

遠い異国の地で、命果てるのか!

真相は次回!(そんなに大げさでも無いんですけど・・・)

 

f:id:nagee4678:20200625192420j:plain

どどどどどどーなるの????

 

今日はこの辺りで失礼します。