鉄道車両探しの旅? 1995年の下関駅

ナゲー国で猛威をふるう 「求犬病」に対して、

急遽、専門家による対策会議が開かれ、

感染した女王陛下の「犬猫譲渡会で話を聞きたい」

という要求に対し、有効な治療法が無い現実を踏まえ、

対症療法が有効であると判断、

本日、各務原市で行われた犬猫譲渡会へ治療に行って参りました。

兼ねてから、「やってみないとワカンナ~イ」と発言している

ナゲー総理の言葉が信じられず、

(そりゃあ、信用ゼロだし、口だけ男だし、嘘8万だし・・・)

現地専門家のアドバイスを受けることに。

到着したら、圧倒的に「ネコ」の方が多く、

ネコ好きのナゲーは、多数のネコに釘付け。

その他2名のナゲー国議員は、ヒマそう。

女王陛下は、勇気を振り絞って、専門家に提言を求めました。

専門家 「性格だから、やってみないとワカンナ~イ」

ナゲーと言っていることが一緒ではないか!

女王陛下は「ヤッパリネ~」と御納得の様子。

(どうせナゲーの言うことは信用出来ないですけど!だから?)

残念ながら、その場には希望のワンちゃんは存在せず。

(噛みついたり、大型だったりでご希望に添えず)

更に症状が悪化し、ヤブのヘビ状態に。

(なんでヤブのヘビなんだろ?ドブのナメクジではダメなんですか!)

専門家会議は解散、議事録は廃棄するナゲーです。

(まるちゃんと仲よくなるワンちゃんが居ると良いなぁ)

 

ということで、譲渡不可能なナゲーブログ汚写真

本日も進めて参ります。

昨日までの出来事はこちら↓

 

www.nagee-transient.online

 昼飯にあぶれていたナゲー。

下関駅へ戻って、名物「ふく飯」駅弁を購入。

寒風吹きすさぶ、だだっ広いホームで、駅弁を貪っていると、

買った売店のオカアサンが、

「寒いで、これ飲みゃあ(岐阜弁で失礼します)」と、

湯飲みで、熱いお茶をいただきました!

涙がチョチョ切れました・・・・。

溶解人間のナゲーに、こんなに優しくしてくれる人達が居たなんて・・・。

(溶けちゃうんだ)

有り難く頂戴し、体も心も温まったあと、

次なる目的へ、暴走が始まりました。

 

f:id:nagee4678:20200627190535j:plain

お伝えしたように、「EF81形ステンレス電気機関車」を

どうしても撮りたかったナゲー。

いくら下関駅で待っても、貨物列車は来ず。

(下調べも何もしてないから、当たり前ですけど)

隣の「幡生駅」には、貨物駅があって

そこならもしかしたら停まっているかもと思い、

山陰本線ディーゼルカーで1駅移動。

これまた派手な色塗りの「キハ48形」

 

f:id:nagee4678:20200627191057j:plain

幡生駅」に着きました。

「103系」の、これまた変わった色塗りの電車。

JR西日本の車両工場も併設。

駅の外へ出て、ステンレス機関車を探しました。

その時でした・・・・・。

走って来たではないかぁぁぁぁ!!!!

アアアアアアア、下関駅で待ってれば良かったのにイイイイイ!!

ナゲーアホカ!バカバカバカ、ターケターケ!

 

f:id:nagee4678:20200627191414j:plain

構内の外れから、最大トリミング。

なんだこの汚写真は!!最大の汚写真。

バカじゃないの?アホ?生きてる意味あんの?

 

f:id:nagee4678:20200627191543j:plain

f:id:nagee4678:20200627191609j:plain

・・・・・・・。行ってしまった・・・・・・。

ここで切り離されますが、貨物列車はいつになるのか分からない。

暗くなってきて、待ってる訳にもいかず・・・・。

全て終わった・・・・。

この時以来、いつか「捕獲してやる!ホカクシテヤル!!!!」

と、晋三を捧げるナゲーです。

(いつも間違うけど、わざとだよね?わざとです)

お茶を戴いたときの涙とは、違う涙を流しながら、

この日の潜伏先、下関駅前のホテルへ。

 

明けて、1995年12月7日。

アジトを抜けだし、一目見ておこうと

早朝の下関駅ホームへ。

f:id:nagee4678:20200627192117j:plain

関門トンネルを飛び出して、やって来ました。

ドマニア以外の方は、分からないカモですね。

(カモではありませんけど)

関門トンネルは、海底トンネルで、しかも

直流電源と交流電源が切り替わる区間で、

専用機関車が、短区間を担当していました。

国鉄時代に復活していた、短区間でのヘッドマーク

JRに民営化されて間もなく、省略されてしまいました。

ブルートレイン寝台特急富士」が、儀式が行われる

ホームへ、ソロソロと進入してきました。

 

f:id:nagee4678:20200627192602j:plain

JR九州さん所属の「EF81形交直両用電気機関車」が

およそ6kmのショートリリーフの役目を終えて、切り離されます。

交流・直流電気の切り替えのために、

専用機関車が必要なため、たった6kmでの交代。

鉄道の関門トンネルは、片方のトンネルが使用不能

なったときのために、単線区間の並列線として運転されています。

(両方向に運転可能)

 

f:id:nagee4678:20200627201709j:plain

取り残された客車。次のエスコート役を待ちます。

 

f:id:nagee4678:20200627201913j:plain

ハイ、セッティング完了。

「ED76形交流電気機関車

本来は交流用なので赤色塗装なんですが、

どう見ても、ナゲーにはピンク色にしか見えない。

今度は立派なヘッドマーク付き。

まだ早朝なので、一旦アジトへ撤収。

出直して、次なる目的地・雀田駅へ向かいます。

(ドマニアの方なら、たぶん何の目的かお分かりですね)

 

f:id:nagee4678:20200627202819j:plain

まっ、手でもペロペロしとくか!

 

今日はこの辺りで失礼します。