あゝ碓氷峠 望郷のろくさん

最近、「ハゲ」が付く言葉に、

異常に強烈な拒絶反応を起こすナゲーですが、

(ハゲフィラキシーショックとも言います)

例えば、「励ます」とか、

(ちっとも励まして無いし、ハゲ増しなら分かるけど)

「ハゲむ」とか、(励んでどうするの?)

「ハーゲンセール」とか、「ハゲンの品格」とか。

(ハゲにも品格はあります)

宇宙戦艦ヤマトの「ハゲー砲」とか、

(ハゲー砲!ッテーーーーー!ドカ~ン!)

「はげ落ちる」とか、(ジャカマシーワ!)

もう一つ、異常な抗体反応を示す言葉も。

(ナゲーT細胞が、体内に入ったウィルスを殺す感じ)

「味が薄い」とか、「薄いハム」とか、

「薄情」とか、(それナゲーそのまんまやんか!)

「ウスイーツ」とか、(そんな言葉あったか?)

ウスターソース」とか。(ドロドロやな)

でも、「ハゲ」よりは「ウスイ」方がマシかな。

髪は薄いけど、人情も薄いナゲーです。

(人じゃない、人でなしなので)

 

ということで、

本日も、激しく薄っぺらいナゲーブログ

進めて参ります。

取り憑かれたように、あちこちへ行った時の

汚写真が続きまして、恐縮でありますが、

ある鉄道の魅力に取り憑かれたナゲーの汚写真

ご紹介して参ります。

 

タイトルに書いてしまってあるので、

もう分かっちゃってますけど、

1997年9月30日、惜しまれつつ廃止された、

信越本線 横川~軽井沢間」通称「碓氷峠

北陸(長野)新幹線開業と引き替えに、

裁判をしてまで存廃を争われた線区。

1893年に歯車の力で急勾配を登る「アプト式」鉄道として開業、

1966年に電気機関車で上り下りする「粘着方式」に変更、

104年の歴史に幕を閉じました。

以前ご紹介した「小諸駅」で、特急あさまを撮影して以来、

碓氷峠」に思いを馳せていたナゲー。

(薄い頭に悲しい思いを馳せている現・ナゲー)

2泊3日の行程を組み、碓氷峠初体験しました。

 

1996年5月6日。廃線1年4ヶ月前。

f:id:nagee4678:20200716161444j:plain

クルマにて、約6時間かけて

JR東日本信越本線 軽井沢駅」に到着。

いきなり変な色の「165系電車」が停まっていたので撮影。

モントレー色」というそうですが、意味は不明。

どなたかご存知でしたら、ご教示ください。

 

f:id:nagee4678:20200716162248j:plain

もう居ました!「EF63形直流電気機関車

横川~軽井沢間は、この機関車のエスコートが無ければ、

どんな列車も走ってはいけない区間

この区間を走るためだけに製造された機関車。

1962年から、全25両が製造され、

そのうち2両は急勾配で暴走事故を起こし大破、この世を去りました。

それほど危険な、66.7‰(1000mで66.7mの標高差)。

在来線のどんな列車・車両とも連結でき、

軽井沢へ行くときは、後ろから押して、

帰るときは先頭に立って、押してくる列車を抑制する役目。

危険なときに、強力な磁石でレールにへっつく

「電磁吸着ブレーキ」という特殊ブレーキも装備。

地元の人には「ろくさん」と呼ばれて、親しまれたそうです。

 

クルマで来たので、粘着線開通で廃止された

アプト線の遺構を見に行きました。

f:id:nagee4678:20200716163741j:plain

クルマから見えるのは、数えるほど。

こちらは、「碓氷第6橋梁跡」

アプト式のほとんどの橋梁は、レンガ造りでした。

 

f:id:nagee4678:20200716164106j:plain

旧道を走って、「峠の釜飯」で有名な「横川駅」へ。

周辺に民家は少ないですが、

電気機関車の連結・開放儀式を行うため、全列車停車した駅。

 

f:id:nagee4678:20200716164244j:plain

モタモタしているうちに、JR西日本さん「特急・白山」が到着。

7~8分の短い停車時間で、峠の釜飯にお客さんが群がります。

 

f:id:nagee4678:20200716164502j:plain

駅構内には、100年の歴史がある「横川運転区」

「EF63形」のネグラです。

横川~軽井沢間11.2kmを運転するためだけの運転士さんも配属。

沿線へ撮りに行きます。

もう、この時点で、ナゲーは涙目です。

 

f:id:nagee4678:20200716164742j:plain

横川駅からちょっと離れた所。

「189系・特急あさま 長野行き」が

EF63形重連の力を借りて、グイグイ登っていきます。

この辺りは、25‰の助走区間

(女装して走るのは、見たくないです)

 

f:id:nagee4678:20200716165017j:plain

今度は上野行き特急が、ホントにゆっくりした速度で

急な坂道を、EF63形がストッパーになって下りて来ました。

廃線1年以上前なので、ドマニアさんの姿もほとんど無し。

 

f:id:nagee4678:20200716165230j:plain

25‰の下り坂で、これぐらいの傾き具合。

66.7‰は、この傾きの約3倍の傾き。

電車に乗ってると、足にちょっと力が入るような感覚。

ものすごい雄叫びを上げながら走る「EF63形」

モータを発電機として、いわゆるエンジンブレーキ状態で走ります。

巨大電気抵抗器をモータに接続するので、

ハンパネー熱が発生、その抵抗器を冷やすために

超巨大オバケ扇風機が機械室内で唸りを上げているので、

「EF63形」が雄叫びを上げているように聞こえます。

 

f:id:nagee4678:20200716165834j:plain

再び、特急あさま長野行きが来ました。

ほぼ30分間隔ぐらいで、上下列車がやって来ます。

ナゲーは、もう放心状態。

電車の運転士さんは、ただ座ってるだけです。

え?ええ?マジッすか?自動運転?

 

f:id:nagee4678:20200716170112j:plain

後ろから「ろくさん」が、グイグイ押してきます。

電車は「189系」。末尾「9」は電気機関車と「協調運転」出来る印。

ドマニアの方はご存知かと思われますので、簡単に説明します。

実は、この区間の勾配を登っていく電車では、先頭で運転をしません。

全て電気機関車の運転士さんが運転しております。

じゃあ何で、電車が先頭で走ってるの?というと、

軽井沢方面の電車の運転士さんは、信号を確認して

電気機関車の運転士さんに、無線で伝えるだけ。

加速・減速は全て電気機関車の運転士さんがこなします。

急勾配のため、連結できる両数が決まっていて、電車は8両まで。

さすがの「ろくさん」でも、たくさんの両数は押せない・・・・。

それだと、特急電車ではお客さんがあぶれてしまうので、

長編成にしないといけない。どうしたもんか・・・・・。

実は、「9」以外の電車はただ、押されてぶら下がっているだけ。

ならば、電車も一緒に力を合わせて走れば登れるのか!

ということで、電気機関車から電車もコントロールして

両方の力を合わせて登ることで、12両の長編成化を実現。

「協調運転」という運転方法を実現しました。

(協調は、ナゲーが最も苦手とすること。ボッチだからね)

 

f:id:nagee4678:20200716171144j:plain

では、電気機関車の運転士さんはどこで運転してんの?

どこだと思います?ドマニアさんは知ってますね!

電車との連結面の運転台だと思うでしよ?ブブー!

間違えた方は、ナゲー化給付金を振り込んで下さい。

答えは、最後尾の運転室。????

そうなんです。後ろ向きに運転していくんです。

(ドヤ顔、勝ち誇った気分のアホナゲー。これだからドマニアナゲーは・・・)

登山は登るよりも、下りるときの方が恐いと言われますよね。(たぶん)

(ナゲーも上り下りが激しいです。それ病気やね!)

重要な運転機器は、全て坂道を下りる側、

麓側の横川駅側運転台に装備してあります。

反対側の運転台は、機関車単コロで走れるだけの機器しか装備してありません。

坂道を下りてくる方が重要なので、

運転台の位置を変えなくても良いように、

軽井沢方面に行くときも、後ろ向きに乗ったまま運転するスタイル。

前を向いたままクルマをバックさせて全力走行する感じ。

その他にも、2重3重の安全装備がされていますが、

全校集会の校長先生や来賓のお話みたいに

ナゲーくなってしまうと、ただでさえ誰も読まなくなってしまうので

またの機会に回します。(もうやめといた方が良いかも)

 

f:id:nagee4678:20200716173514j:plain

軽井沢方面へは、軽い足取りで

(ダジャレ言うんじゃ無いよ!つまらん)

軽井沢方面は押すだけなので、時速60Km程度まで走りましたが、

横川方面の坂を下りる列車は時速37km以下の厳しい制限がありました。

それ以上スピードを出すと、

普通のブレーキでは止められなくなり暴走してしまうので。

お客さんは景色が良いところをゆっくり走るので、

旅気分を味わう、素敵な区間でしたが、

運転する方は、毎回毎回緊張感の連続だったようです。

一歩操作を間違えば、暴走してパンパラパンですもんね。

運転士さんのご苦労が、手に取るように分かる碓氷峠です。

次回も、ご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20200716174922j:plain

ちょっと中が見えないな・・・。足が吊りそう・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。