あゝ碓氷峠 ろくさんと釜飯屋さんと地元の絆

某国・★手県と同様、

1人の感染者も出していない、ナゲー国ですが、

(国民が5人とネコ1人だけですので)

ナゲー国は、GoToキャンペーンから外されることなく、

(強盗キャンペーンなんて言われてますがね)

近隣諸国との摩擦を回避出来たのは幸いであります。

(一方的に国交しているだけですが)

ナゲー総理自身は、GoAwayキャンペーンを

毎日実施しております。(ボッチ大好きですから)、

息子が、Nintendoスイッチの「どうぶつの森」にはまっていて、

すでに、ゲーム内でかなりの額の借金を抱え込んでいるようで、

(どんなゲームや!子供に借金させるとは!たぬきちが黒幕らしい)

息子が聞いて来るんですけど、

息子 「どうやって、借金返せばいいの?」

ナゲー総理 「銀行Go To!」

息子 「分かった!」

任侠魂を伝承するナゲーです。

(Do You 親や?)

 

ということで、GoAwayナゲーブログ

本日も進めて参ります。

あゝ碓氷峠・・・。

雨の日も、雪の日も、来る日も来る日も、

列車を守り続けた「峠のシェルパ・EF63形」

その使命を終える1年4ヶ月前の様子、

昨日に続き、ご紹介して参ります。

 

1996年5月6日。

再び旧道を走り、アプト式だった旧線路の

チョー有名撮影ポイント

「碓氷第3橋梁・通称めがね橋」に向かいました。

f:id:nagee4678:20200717150406j:plain

ホントの登山をして、俯瞰撮影する方もいますが、

ナゲーはアスニートなので、(マジか!明日はニート・・・・)

写真はスポーツですが、汚写真はただのゴミ。

登山は無理。地べたから撮ります。

 

レンガ造りアーチ橋の向こうには、

JR東日本信越本線のコンクリート橋が見えています。

 

f:id:nagee4678:20200717151014j:plain

ちょうど、特急あさま長野行きが、

「ろくさん」に押されて、66.7‰の急勾配を登っていきます。

 

f:id:nagee4678:20200717151758j:plain

押していく方なので、結構スピードが出ていて

シャッターのタイミングが難しくて・・・。

唸り声を残して、消えていきました。

軽井沢駅へ、クルマで戻る途中、

駅近くの、トンネル真上で待機してみます。

その途端に、唸り声がトンネルから聞こえてきました。

 

f:id:nagee4678:20200717154421j:plain

ヴァアアアアアアア!

EF63形の4重連がアアアアアアア!

行ってしまったアアアアアアア!

 

f:id:nagee4678:20200717154533j:plain

(仕方なく、トリミング)

ドマニアながら、何時にどんな列車が走るか、

定期列車以外は把握していないナゲー。

上下列車の本数が違うため、

横川運転区からお迎えに行くための機関車4重連

この場合は、4重連でも単行(単コロ)機関車扱いなので

一番前の運転台で運転しています。

 

f:id:nagee4678:20200717154919j:plain

上野行きの特急あさまが、ここからいきなり始まる

下り坂66.7‰急勾配に、ゆっくりした速度で挑みます。

 

1996年5月7日。

2泊3日の中日は、軽井沢を見物。

f:id:nagee4678:20200717155202j:plain

北陸(長野)新幹線駅舎建設の真っ最中の軽井沢駅

避暑地の駅らしく、爽やかな駅舎でしたが、

新幹線開業に伴い、取り壊されるはずでしたが、

現在は、しなの鉄道さんの軽井沢駅舎として再築されたようです。

軽井沢といえば、上皇様と上皇后様ですが、

かつて、ナゲー国の女王陛下とも、

この地でテニスをなさった事は、

事実無根なので、全く記憶に御座いません。

 

3日目の、1996年5月8日。あいにくの雨に。

f:id:nagee4678:20200717160313j:plain

どんよりとした空気の軽井沢駅

さすがに寒かったです。

宿泊したホテルで、地元新聞を読みました。

「ろくさん」の記事が一面で載っていました。

「毎日同じ時間の、機関車の唸り声で目を覚ました」

「あの声が聞けなくなるのは、とても寂しい」

「何とか存続できないか、模索中」

と、書いてありました。

地元の人達と、一体化していたんですね。

 

f:id:nagee4678:20200717160927j:plain

JR西日本の「489系特急白山・金沢行き」が、到着しました。

 

f:id:nagee4678:20200717161029j:plain

すぐさま、ろくさんの切り離し作業が始まります。

協調運転しないといけないので、

たくさんの電気・空気ホースが繋がっていて大忙し!

 

f:id:nagee4678:20200717161229j:plain

2人がかりで、停車時間3~4分の間に解いていきます。

結構重いらしいんですよね、これが。

 

f:id:nagee4678:20200717161349j:plain

連結器も切り離して、小移動。

電車の運転士さんは、ここからまた本格的運転をしていきます。

 

f:id:nagee4678:20200717161508j:plain

後押しの大役を終えた「ろくさん」は、

束の間の休憩へ。

 

f:id:nagee4678:20200717161616j:plain

次の列車のストッパー役になるため小休止。

連結器部を見てもらうと、

たくさんのホースが付いています。

どんな車両とも連結できるように

左側のホースは、電車をコントロールする電気連結器。

(ナゲーの尻は、便器連結器付き)

連結器は、電車・客車とも連結できるよう双頭式。

(ナゲーは2枚舌式)

眉間にシワを寄せたような、イカツイ顔つき。

(眉間にシワを寄せると、天知茂さんにならないナゲー)

当時のJR中、最大重量(108トン)の巨体。

(68.9kgの巨デブ体ナゲー)

では普通電車に乗って、横川~軽井沢間を1往復します。

 

f:id:nagee4678:20200717162600j:plain

乗り心地を記憶に残そうと、体に神経を集中させ、横川駅に到着。

JR東日本さんの「107系」が停車中。

「165系」からの採用品を多用していました。

2017年で現役引退、私鉄に譲渡されました。

 

f:id:nagee4678:20200717162934j:plain

ウロウロしていたら、軽井沢駅から普通電車が到着。

構内外れからは、25パーミルの勾配。

望遠レンズにすると、結構勾配が分かりますね。

 

f:id:nagee4678:20200717163104j:plain

電気機関車が電車を引っぱるという姿に、

感動の涙がチョチョ切れるナゲー。

 

f:id:nagee4678:20200717163305j:plain

前々日撮り忘れたので、駅前の「おぎのや」を記録。

古そうな建物ですが、再建なのかは不明。

(オギノ式も、開発した所ではありません)

 

f:id:nagee4678:20200717163522j:plain

東日本にお住まいの方には、大変申し訳ありませんが、

ちょっとだけ、東日本方面のナゲーが遭遇した方達に、

いい思い出が無いナゲー。

実は、この横川駅で、フツーに撮っていて

駅員さんにど叱られてしまいました。

「列車にカメラを向けるな!」とか、「歩き回っちゃダメだ」とか。

切符も持ってたし、何か違反をしたつもりも無いナゲーですが、

反論しても、堂々巡りになるのは明らか。

もう1本だけ撮って、帰ることにしました。

ごめんなさいね、東日本地方の方に悪意は全くありません。

イヤな体験が、結構重なったもので。

 

f:id:nagee4678:20200717164210j:plain

特急あさまとの、今度は連結場面。

ホームには運転概要の掲示板が。

詳しく書いてあったので、勉強になりました。

この間にも、峠の釜飯争奪バトルが

後方のホームで繰り広げられております。

 

f:id:nagee4678:20200717164426j:plain

手旗誘導で、「ろくさん」が近づいてきました。

運転士さんが、ちょろっと顔を覗かせております。

 

f:id:nagee4678:20200717164529j:plain

「自動連結器」から「密着連結器」に切り替えて、

いよいよ、ドッキング!(イヤらしい意味ではありません)

連結を終えて、各種試験を終えると

発車ベルが鳴り響き、大慌てでお客さんが乗り込みます。

発車の度に繰り返される、ある儀式。

 

f:id:nagee4678:20200717164836j:plain

峠の釜飯・立ち売りさんが、列車に向かって深々と頭を下げます。

7~8分間に、何個売るんでしょうね?すごい労力です。

群がる客を捌く神業。ナゲーには出来ません。

 

f:id:nagee4678:20200717165044j:plain

最後は、「ろくさん」と運転士さんにも、労いの挨拶。

運転士さんも手を振って応えます。

電車だけではなく、碓氷峠で働く人達の協調運転も見事です!

鉄道は信頼関係で成り立つ仕事なのかなと思った瞬間です。

(じゃあ、ナゲーには鉄道なんて到底無理だね)

駅員さんに怒られた後だけに、

ちょっと救われた気がしました。

 

次の普通電車で、そそくさと横川駅を後にします。

f:id:nagee4678:20200717165729j:plain

普通電車の車内より。

横川運転区には、先代のアプト式電気機関「ED42形」が置いてありました。

ネットからコピペすると、

スイスから輸入された機関車を元に国産化

1934年から製造され、1963年の粘着運転切り替えにより

全車廃車され、1号機は現在は「碓氷峠鉄道文化村」に保存、

2号機は、軽井沢駅近くの小学校に保存されているようです。

(やっぱ、42という数字は良いですね!)

 

f:id:nagee4678:20200717170716j:plain

電車内から見た、アプト線時代の「碓氷第3橋梁」

走ってるところを撮りたかったなぁ・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200717170820j:plain

必ず再訪することを、ろくさんに誓って、

軽井沢駅を後に、岐阜まで7時間あまりの帰途に。

 

実を言うとこの旅にも、女王陛下を連行しましたが、

度重なる強制連行の事実を明らかにすると、

UN(国際ナゲー連合)から、脱退させられると

破滅の第3次ナゲー大戦に発展してしまい、

ナゲー国が存亡の危機に立たされますので、

今回は汚写真を伏せて、強制連行の事実を隠蔽しました。

1泊目は、軽井沢プリンスホテルで贅沢三昧、

2泊目は、防衛庁保養施設「軽井沢グリーンヴィラ」で監視付き宿泊、

(銃剣を突きつけられながら夕食・・・ご想像にお任せします)

2日目は、軽井沢を満喫して頂いて、1・3日目は鉄道三昧。

という感じの、3日間の旅行でした。

 

魅惑に取り憑かれた碓氷峠には、あと2回出没します。

その様子は、順次ご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20200717172535j:plain

あっ、ああっ、おおおっ・・・・、引き出しが動いてる・・・・、あわわわ!

 

明日は、汚写真棚卸しのため、臨時休業の予定です。

これを機に、傷ついた心と体と目を休ませて下さい。

再開できたら、またお会いしましょう!

(会いたくねーわ!)

いや~、ナゲーブログって、ホンッとにバカモノですね!

ハイ、サヨナラ、サヨナラ・・・、サヨナラ・・・・・。