1997年1~3月期の鉄道汚写真 サヨナラの381系・ク2320形

職場の室温が、40℃超えの仕事に関連して、

コメント欄が暑く大炎上しているようでありますが、

(一度炎上してみたいナゲーが勝手に炎上と言っているにすぎない)

その謎の職場について、

一体ナゲーは、どのような仕事をしているのか?

あらゆる可能性を検証してみようと思います。

そんなに暑いということは、まさか・・・・・。

火葬場で、お亡くなりになった方と添い寝して炉に入る仕事か!

(死んでまうわ!1回こっきりやろが!)

ナゲヶ島宇宙人センターから過去に打ち上げられた

太陽探査衛星「ブラジャー2号」乗組員か!

(確かに暑そうやね。そんな名前の探査機があったような・・・)

もしそうなら、もう地球上に今おらへんやないか!

火災現場に真っ先に駆けつける「消防屋さん」か!

(こりゃ暑いわ。ただの野次馬やろ?消火設備は100均の水鉄砲しか無いし)

熱血教師「GTN(Great Teacher NAGEE)」か!

(暑苦しくて、すぐに嫌われる先生。不祥事ですぐ免職やね)

あの伝説の、炎の中華料理人、「名毛永(な・げーえー)」か!

(誰やそれ?炒め物暑そうや!生汗が料理に飛び散って誰も食べんわ!)

燃える毛根、「アントキワナゲー」か!

(ペンキですかぁぁぁぁ!そんで髪の毛無いのか。ゴング鳴って1秒もたんやろね。)

あの有名な戦国武将、風鈴火山、武田信な玄か!

(もうええね・・・。仕事じゃねーし。風鈴と火山って暑涼しいのか?)

ナゲー国存亡を懸けて、本業で精を使い果たすナゲーです。

(夏もイヤやけど、冬もイヤやね。全部イヤや)

 

ということで、暑苦しいナゲーブログ

本日も進めて参ります。

汚写真棚卸し状況を見極めながら

事態の推移を注視していきたいと思っておりますので

(どこやらで何度も聞いた言葉やな・・・・)

今回は、1997年に突入した鉄道汚写真、公開して参ります。

消化器をご用意下さい。

 

1997年1月日付不明。

以前ご覧いただいた伊吹山の振り返り写真。

JR東海道本線 近江長岡~柏原間。

f:id:nagee4678:20200807083411j:plain

JR西日本さん「485系特急しらさぎ

お客さんの需要がまだあった頃の「9両編成」

現在は「681系」の5両編成になっております。

それでもガラガラ状態ですけど。

完全に、高速バスに負けております。

 

f:id:nagee4678:20200807083930j:plain

同じく、この前ご覧いただいた

JR西日本さん「381系スキー集約臨時列車の回送」

土手したから撮ってて、下回りの機器が砂利に隠れ

これも鉄道写真としては、終わってます。

 

1997年2月日付不明。

(フィルムは記録をよく忘れました)

JR東海道本線 岐阜~木曽川間。

f:id:nagee4678:20200807084301j:plain

JR東海さん「381系・特急しなの」???

定期列車から引退したはずでは???

(嘘つきナゲーの本領発揮か!)

「しなの」のヘッドマークを出してますが、

これは、浜松工場への自力廃車回送

 

f:id:nagee4678:20200807084557j:plain

必要なくなった車両は短くまとめられて、

留置先の大垣駅から、二度と帰らぬ旅へ。

ヘッドマークがそのままなのは、

381系への最後のはなむけなのか、

ただ「回送」幕を出すのが面倒だったのか・・・・。

 

1997年2月5日。

JR東海 大垣駅構内。

f:id:nagee4678:20200807085022j:plain

先程の、必要なくなった「381系」が、

疎開留置されていました。

本格デビュー前の新型電車「383系」も一緒に留置。

 

f:id:nagee4678:20200807085432j:plain

383系「用無しはサッサと引退すればイインダヨ!」

381系「クソッ!こんな酔う電車にシヤガッテ!!一生恨んでやる!」

ナゲーが翻訳すると、ひどい会話になります。

よく見ると、真ん中の電車は、

国鉄特急マーク」が付いていません。

外されたのか、ドマニアに盗られたのか・・・。

(すぐにヒトを疑うクソナゲー)

静かにその時を待つ381系です。

 

f:id:nagee4678:20200807090015j:plain

近鉄時代の養老線電車ともお別れです。

 

1997年3月10日。

名古屋鉄道揖斐線 政田~下方間。

f:id:nagee4678:20200807092316j:plain

根尾川を渡るための急勾配を登ってくる「ク2320形」

コピペしてみますと、

元・愛知電気鉄道(名古屋鉄道の前身)「電7形」で、

1926年(大正15年)に製造され、

電圧1500V線区~600V瀬戸線を経て、

1973~1978年にかけて、揖斐線にやって来たようです。

 

f:id:nagee4678:20200807093318j:plain

平日朝ラッシュ時だけ、3両編成で対応していた時。

大型車でしたので、収容力はありました。

残念ながらこの年の5月、

新車投入により、廃車になりました。

モーターが付いてない車両に改造されていましたので、

後ろに付いている「モ700・モ750形」に

押されたり引っぱられる形の運転でしたが、

中間連結器が、衝撃が伝わる普通の連結器でしたので、

動き出すたびに、「ガッチョンガッチョン」と前後動して、

首が鞭打ちになりそうな電車でした。

 

1997年3月12日。

樽見鉄道 本巣駅。

f:id:nagee4678:20200807094043j:plain

当時、樽見鉄道さんの重要な収入源だったセメント列車。

日中の列車は、南松本行きと検査貨車が繋がってました。

総数1200トンを超える重量になると、

「TDE10形ディーゼル機関車重連になりました。

2両合わせて、おおよそ2700馬力!

(ちなみにナゲーは、0.3人力です)

 

f:id:nagee4678:20200807094442j:plain

突っ込み線には、JR東海さんから購入した

部品取り用の「DE10形」が留置されていました。

床下機器が、グレーに塗装されているのがJR東海さんの証。

重連で動いたら、迫力あっただろうな。

 

ナゲーの人生が大きく変わった1997年、

しばらく続けて参ります。

 

f:id:nagee4678:20200807094915j:plain

スパイダーキャットか!

元気だった頃のブーちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。