心に沁みない、ナゲーのフーケー 1997年2~3月期 揖斐線・ほうき星・その他

ナゲー総理が本業としている会社は、

組合オタンチン委員長が余計な事を言い出したため、

生活持続化給付金(いわゆる給料というヤツ)が支払われるのが

半年ほど前に、毎月「25日」から「10日」に変更。

月末払いのいろんな支払いに支障が出ております。

ナゲー国会で追求され、会社でも疲弊している

ナゲーに対する、毎月のささやかなプレゼントとして

昨日の仕事での昼メシは、

チョー豪華!スーパーの総菜弁当購入の日!

1発目の熱中症プレーを楽しんだあと、

(昨日1発目は最高39℃で、快適職場でした!完全に破綻しているナゲー脳)

近くのスーパーヘ、ルンルン気分で昼メシ漁りへ!

時刻は13時20分頃・・・・・・、豪華弁当が無い!無い!

土曜日なのに、豪華弁当がほとんど売り切れではないか!

(ナゲーの豪華とは、税抜き¥498。これ以上は払えない)

1ヶ月間、昼メシは豆腐1丁とおにぎり1個でガマンしてきたのに!

仕方なくワンランク下げて、1個だけ残ってた

「¥398ギョーザ弁当」を鷲掴みにして、

¥598マグロ丼・¥798寿司詰め合わせを、恨めしく睨みながら、

豪勢におつとめ品¥98のチーズプリンも奪取し、

レジでマイバックを忘れた事に気付き、

シールを貼ってもらって万引きしたように逃げるナゲーです。

(ちなみに午後の最高室温は41℃でした!チョーキモチ~イ)

 

ということで、おつとめ品のナゲーブログ

本日も進めて参ります。

日中の仕事は出国8時の帰国が20時30分頃、

瀕死の状態で帰国しますので、飛び飛びの更新であります。

今回は1997年2~3月期・ナゲーのフーケー

汚紹介して参ります。

 

1枚残してしまったので、またまた伊吹山

1997年2月27日。

f:id:nagee4678:20200809081953j:plain

2月なのに、ほとんど雪が無い伊吹山

ナゲー国周辺では見られなくなった

「タンク車」の貨物列車。

いろんな色や、積載品のタンク車があって、面白かったです。

鉄道では、毒物・劇物も運んでいました。

(ナゲーも、毒・劇人物です)

 

1997年3月10日。

名古屋鉄道揖斐線 政田駅。

f:id:nagee4678:20200809082350j:plain

1987年に新製された、揖斐線初の冷房車「モ770形」

朝ラッシュ時の輸送を終えそうな時間帯を走ります。

路面電車タイプですが、高速走行。

ただ収容力が無く、ラッシュ時はチョー満員で積み残すことも。

なので前回ご紹介した、旧型車3両編成が活躍していました。

3月なので、雑草も元気が出てきた頃。

(ナゲーの毛髪は3月でも元気がありません)

 

f:id:nagee4678:20200809082924j:plain

政田駅は行き違い可能な駅でした。

ラッシュ時は15分間隔で運転されました。

8時を回っていたので、通勤客も少なめに。

 

f:id:nagee4678:20200809083119j:plain

大正15年製の電車に、現代人が乗り込みます。

ドマニア以外のお客さんは、

「こんなオンボロに乗せやがって!」と思ってるでしょうね。

 

f:id:nagee4678:20200809083310j:plain

発車時間になっても動かないので、「?」と思ってたら、

女性のお客さんが、小走りにやって来ました。

車掌さんが待ってたようです。

天下の大手私鉄名鉄さんでも、地方はこんな日常です。

600V線区は、まったりした空間でした。

 

前回ご紹介した、根尾川鉄橋へ移動します。

下方~政田間。

f:id:nagee4678:20200809083836j:plain

朝日を浴びて、「モ770形」がガタゴト走ってきました。

新型車が良かった点は、1つは冷房車。

もう一つは、2両編成でも車体長が短く、

朝夕に岐阜市内へワンマンカーで直通出来た事。

忠節駅が、鉄道線と路面電車の分界点で、

朝夕は、道路が混雑する事を理由に

長編成の列車は乗り入れ中止措置で、忠節駅で分断。

必ず乗り換えを強いられていました。

後方の山は、なんでしょうね?

(岐阜に拠点を構えながら知らないナゲー)

能郷白山なら、知ってますけど。

 

f:id:nagee4678:20200809084459j:plain

すぐ横には、狭い道路橋もありましたので、

歩道もなく、かなり迷惑をかけながら撮影。

行き違いもギリギリの、いわゆる「睨み合い橋」

(思いやり橋なんてモノは、迷信としか思えないナゲー)

「モ750形」が、「ク2320形」を引っぱります。

 

f:id:nagee4678:20200809084846j:plain

鉄橋を渡り終えると、33‰の下り坂。

一気に転がり落ちます。

(ナゲーの転落の人生とダブります)

 

f:id:nagee4678:20200809085048j:plain

対岸の「下方駅」を、覗きます。(ナゲーの得意技!)

新品のコンクリート、木、鉄、3種類の架線柱。

 

f:id:nagee4678:20200809085404j:plain

トリミングしたので、画像が荒れてます。

(ナゲーの心も荒れてます。いつもだけど)

政田駅を発車した電車は、ぐんぐん加速して

根尾アプローチの急坂を登ります。

 

f:id:nagee4678:20200809085611j:plain

この鉄橋、強風が吹いたら、

ポトンと、下に落ちそうですね。

廃線になるまで、風で止まったというような事は

聞いたことありませんでしたけど。

車体が小さい「モ770形」

パンタグラフが伸びきってます。

(ホントに伸びきると、バネになっているのでビヨ~ンと飛びます)

 

f:id:nagee4678:20200809085933j:plain

朝ラッシュ輸送を終えた、旧型電車軍は

車庫がある「黒野駅」へ向けて

続々と帰還して参ります。

日中の運転は、ほぼ「モ770形」オンリーに。

 

f:id:nagee4678:20200809090144j:plain

平日朝の、3両編成が揖斐線最大の見せ場でした。

後ろの「モ750形」は、昭和2年生まれの「旧・デセホ750形」

どちらの車両も、本線でバリバリ走ってた車両。

デセホに至っては、国鉄高山線下呂駅まで乗り入れた経歴の持ち主。

余生は、ノンビリムードの揖斐線がお似合いでした。

(ナゲーの余生は、ナゲー国で虐待の日々か・・・・)

 

最後にもう1本撮って。

f:id:nagee4678:20200809090839j:plain

f:id:nagee4678:20200809090922j:plain

今にもぶっ倒れそうな、木製架線柱を

くぐり抜ける「ク2320形」

車輪も「スポーク車輪」といって、自転車のタイヤみたい。

向こう側が透けて見えます。

今は「一体圧延型」といって、最初から車輪のカタに

溶かした鉄を流し込んで固めるのが一般的。

昔は、スポークの外側にタイヤをはめ込む「焼き嵌め」技法。

SLの車輪は、みんなこんな感じですね。動輪はちょっと違いますけど。

焼きが不十分だと、ブレーキをかけたときに

外側だけ止まって中身のスポークだけが回転していまい、

走行中に外れたりしたことが、間々あったようです。

 

1997年3月12日。

ほうき星(彗星)が肉眼で見えると話題になったこと、

覚えてらっしゃるでしょうか?

f:id:nagee4678:20200809091907j:plain

「ヘールボップ彗星」

太陽に最も近づき、どんなに心が汚いナゲーでも

目の不自由な方以外は、尻尾まできれいに見えた彗星でした。

今はこうして見えてますけど、

朝起きたら、見えなくなってたというような病気があるのも

テレビで見たことがあります。

見える事に感謝しつつ、今を大事にしたいです。

 

f:id:nagee4678:20200809092422j:plain

数枚撮ったうちの、そこそこ見れるかなという感じの2枚。

たぶん、一生で一度の事だろうと、感激しました。

次にやってくるのは、西暦4530年頃かもだそうです。

(もう、ナゲーしか生きてないでしょう。いつまで生きる気や!)

地球連邦軍 ナゲロ・レイ VS 黒い彗星のナゲー。

ナゲロくん、君はニュータイプかね?(旧タイプです)

 

樽見鉄道 本巣~木知原間。

f:id:nagee4678:20200809093219j:plain

見事になんの花か分からない状態の汚写真。

一応、梅の花なんですが・・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200809093346j:plain

桜ダイヤに向けての、

「うすずみファンタジア号」試運転。

なんせ、1年のうちに3週間程度しか走らず、

普段は北方真桑駅に長期間放置プレイだから、

慣らし運転が重要になってきます。

桜ではなく、ウメとのコラボでした。

 

f:id:nagee4678:20200809093642j:plain

スルメに向かって、匍匐前進するブーちゃん。

(「ほふく」を変換すると、こんな字書くんですね。知らなかった)

 

今日はこの辺りで失礼します。