宵の名鉄黒野駅。ク2320形最後の活躍。

いったい、この暑さ苦しさは

いつまで続くんでしょうか?

ナゲー予報手の、ナゲーに聞いてみようと思います。

せ~の、「ナゲーさ~ん!!」

「ダレヤ!昼寝しとんのに起こしがってワレ!」

(本日午前3時30分出勤でしたので、昼寝してました!)

失礼しました!それでは今後のナゲーについて

予想して参ります。

ナゲー国全域を、ナゲー高気圧が覆っていまして、

しばらくこの暑苦しさと、イライラ・キモイ感が続くと思われます。

一方、東シナゲ海には、「タイ風ナゲー3号」が接近中で

(タイ風のナゲーとは?エスニックじゃなくて、エロニックか?)

海上では、およそ10mのハゲしいナゲーが予想されます。

(10m?どんなハゲしさなのか!!進撃のナゲーか?)

夕方になると、局地的にナゲリラ豪雨が降る確立が高くなり、

ハゲしいナゲーとともに、突風も発生する見込みですので

ヅラの方は、厳重な警戒をお願い致します。

明日になっても、ナゲー国上空にはナゲーが居座りますので、

ハゲしい暑苦しさと、うっとうしいナゲーになりそうですので、

いまのうちにナゲーとは縁を切ることをオススメするナゲーです。

(意味のない前振りやなぁ)

 

ということで、むさ苦しいナゲーブログ

本日も進めて参ります。

今回は、前回の続きから

1997年3月23日、

名古屋鉄道揖斐線 黒野駅

最後の活躍「ク2320形」の汚写真を

汚紹介して参ります。

熱中症ワクチンを開発して下さい。

 

f:id:nagee4678:20200813140226j:plain

闇夜に浮かぶ、何やらの標示物。

黒野~谷汲間は、2つの閉塞区間を1つに併合しますので

一列車しか運転してはいけません!

途中の「北野畑駅」に列車行き違い設備がありますが、

夜間・早朝・昼間は、お客さんが非常に少ないので、

通行手形を「□(ヨンカク)」の形1つにまとめて

行き違いができないようにしますよ。という意味合い。

鉄道は、規則が非常に厳しいです。

1つ間違えたら、大事故になりますので。

 

f:id:nagee4678:20200813141041j:plain

先程、今日の仕事を終えた「ク2320形」が、

寝床の黒野検車区に、入れ換えして入庫します。

大型車は、オネンネの時間になりました。

 

f:id:nagee4678:20200813141253j:plain

蛍光灯に浮かび上がる、幻想的な大正の楕円窓。

(ナゲーの頭も蛍光灯に浮かび上がると、幻滅的です)

一度「幻想的」と書いてみたかっただけ!許して!

 

f:id:nagee4678:20200813141502j:plain

揖斐駅からの電車が、駅員さんの誘導合図で

「モ510形」が止まる同じホームに入ってきます。

なんせ3番線しかないので、手狭でした。

(ナゲーが運転すると、たぶん突っ込みます)

 

f:id:nagee4678:20200813141705j:plain

新型電車の「モ770形」市内からの直通電車が到着。

明らかに、車両の長さが短いですよね。

これでも2両連結ですから。

本揖斐行きの電車は、「モ510形」の前方。

よっこらしょっと歩かない、ちょっと遠いです。

 

f:id:nagee4678:20200813142031j:plain

檻の中に居た、サルとかの動物電車が

車庫から出てきました。

1994年の「名古屋鉄道・創業100周年」記念で、

本線系統の「1000系パノラマsuper」と、

600V線区の「モ770形第2編成」が、

一般公募の中から選ばれた塗装に変更されました。

名古屋鉄道さんのレジャー部門である

「犬山モンキーパーク・リトウルワールド・南知多ビーチランド」に

ちなんだ、動物や建物のイメージが描かれました。

「モ770形」は「ブルーライナーミニ」

と呼ばれ、1997年まで走りました。

 

f:id:nagee4678:20200813142852j:plain

1時間くらい撮ってたかなぁ。

完全なるキモイ不審者になっていたナゲー。

モ510形が、夜中の発車まで待ち続けます。

 

f:id:nagee4678:20200813143024j:plain

この日最後の大型車運用、

「ク2320形2326号車」が、終点黒野駅に入ってきました。

お客さんは、数えるほど・・・・・。

 

f:id:nagee4678:20200813143132j:plain

運転台が高くなっている「2326号車」

ク2320形も、1両ずつ顔が違っていて、

個性的な車両でした。

(ナゲーも個性的な生き物です。良く言えばですけど)

22時も回って、これ以上居ると通報されそうでしたので、

夜の黒野駅とク2320形に別れを告げて、

潜伏先の、ナゲーアジトへ帰りました。

 

次回からは、ナゲーの運命を決定づけた

1997年の出来事から、つまんでご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20200813143616j:plain

それって、もしかして・・・・・・。

 

今日はこの辺りで失礼します。