今回はネコだけ。グーちゃんのお話し。

本日は、ナゲー国初代ネコ・グーちゃんについて

ちょっと鉄道から脱線して、書いていきます。

ネコを家族として迎えるのが念願だったナゲー。

女王陛下との結婚後、すぐに保健所から

家族の一員になるネコを迎えました。

1997年5月の事でした。

ものすごくちっちゃくて、まだ乳飲み子でした。

哺乳瓶とミルクを買って、抱っこしてミルクをあげました。

それでも、スクスク育ってくれて、

女王陛下・御実家のブーちゃんとも、親子のようになりました。

 

f:id:nagee4678:20200917201844j:plain

女の子なので、赤い首輪をプレゼントしました。

 

f:id:nagee4678:20200917201938j:plain

おてんばで、何でも遊びました。

 

f:id:nagee4678:20200917202017j:plain

ナゲーは、ネコとの接し方が分からなかったので、

引っ掻いたり、噛みついたりしたとき、

動物は叩かないと分からないと思って、

ひどい怒り方をしました。

お尻や頭を、ちょっと強い力で叩いたりしました。

 

f:id:nagee4678:20200917202232j:plain

そんなひどい事をされてたのに、

グーちゃんは、スリスリしてくれたし、

膝にも乗ってくれたし、甘えてくれました。

 

クルマに乗るのが大好きでした。

実家へ行くときは、ダッシュボードの上で

運転中でもスヤスヤ寝てました。

 

f:id:nagee4678:20200917202349j:plain

何でも興味のある子でした。

テレビで遊んだり、

 

f:id:nagee4678:20200917202437j:plain

壁に登ったり、

 

f:id:nagee4678:20200917202508j:plain

f:id:nagee4678:20200917202531j:plain

懐中電灯の光に、ニャニャニャと言ったりしました。

 

f:id:nagee4678:20200917202609j:plain

本日の写真は全て、1998年1月3日。

この日の写真が、グーちゃんの最後の姿。

その数日後、突然お別れすることに。

 

実家のブーちゃんと外へお遊びに出かけ、

数時間後ブーちゃんだけが、鳴きながら帰って来ました。

その鳴き方が異常な鳴き方だったので

直感的にグーちゃんに何かあったんだと思って探しました。

となりの駐車場で、倒れていました。

鼻から血を流していました。

何度も呼びかけましたが、

返事をしてくれることはありませんでした。

 

段ボールに花を敷き詰めて、グーちゃんを寝かせました。

ブーちゃんも側から離れず、毛繕いをしてくれました。

その時は、動物専門の火葬も知らなくて、

市営の火葬場へ持っていき、たくさんの仲間と共に燃やされました。

職員さんに「もういいですか?」と言われても

その場から離れることが出来ませんでした。

手元には、付けていた赤い首輪だけが残りました。

 

後悔しました。反省しました。叩いたこと。

何でも失ってから事の重大さに気付くナゲー。

愚かな人間です。

それから1ヶ月間、何も手につきませんでした。

泣いても泣いても、涙が出続けました。

今でも思い出すと涙が出ます。謝ることしか出来ません。

我が子同然で接したつもりが、

実は間違ってた。

神様が、こんなナゲーのような人間が居る家では

幸せになれないと引き離したんだと思います。

 

f:id:nagee4678:20200917203646j:plain

グーちゃんの最後の写真。

今でもお守りで、切り抜いて持ち歩いてます。

今でもグーちゃんの鈴の音が

聞こえるときがあります。間違いなく聞こえます。

 

早いもので、ブーちゃんも2代目ネコちゃんも

違う世界へ行ってしまいました。

違う世界で、一緒になって遊んでくれてるといいなぁ。

すぐにナゲーもそこへ行くので、

その時は、許してもらえるかなぁ。

 

ホントにダメな事をしたときだけ、叱ることにしました。

人間と同じように接する事を誓いました。

一緒に暮らした、8か月余りは脳に深く刻まれてます。

 

ナゲー国の、ネコちゃん達の原点だったグーちゃんです。

 

大事な大事な、グーちゃんのお話し。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今日はこの辺りで失礼します。