心に沁みない、ナゲーのフーケー 1997年最終版。

前回は、私的な事を書いてしまい

申し訳ありませんでした。

グーちゃんの写真を編集していて、

お話しの一貫性も考慮して、

小出しにするよりも、一気にご紹介した方が

読みやすいだろうし、

その前に、自分が写真を見るたびに思い出しちゃって。

もう23年も前の話しだし、

こんな話しを書くのもどうかと試行錯誤しつつ、

ほぼ全量公開を標榜するナゲーブログなので、

書かせて頂きました。

未だに、思い出すと泣けてきますが、

いろんなコメントを頂き、

書いてよかったなと思う次第であります。

辛い思いをしてる読者さんもお見えだし、

読んで頂けた事に、感謝申し上げます。

今回からは、また今までどおりの通常営業、

ターケアホブログを書いて参りますので、

そのギャップに大いなる違和感を感じて頂きながら

見て頂けたら有り難いと思っております。

この、ナゲーブログもそうですが、

どんな事にも、いつかは別れの時が来ると思うと、

時間も解決出来ないほど、寂しいと感じるナゲーです。

(このブログが終わるのが寂しいのは、あんただけでしょ!そうです)

 

ということで、期間限定ナゲーブログ

本日もお別れの時に向かって、暴走して参ります。

今回は、公開している1997年

最後のナゲーのフーケーを

ご紹介して参ります。

涙を拭いながら、ご覧下さい。

(あまりの失望で涙が流れます)

 

f:id:nagee4678:20200920091913j:plain

いきなり「タヌキ」かよ!

しかも、ナゲーの腹とソックリではないか!

鉄道じゃねーし!

1997年10月18日。

女王陛下と、特大湯飲み造り体験で

滋賀県信楽町「宗陶苑」を訪れたとき。

あまりのタヌキの多さに、ちょっと撮ってみたかったので。

 

信楽高原鐵道信楽駅

f:id:nagee4678:20200920092254j:plain

フーケー汚写真とは言えませんが、

信号機に付けられた「バッテン」が痛々しくて。

1991年に発生した、死者42名を出した大惨事の

正面衝突事故から、既に6年が経過していたにもかかわらず、

回復できないキズが残ったままの信楽駅構内。

何で「バッテン」が付いているかというと、

鉄道には「閉塞区間」というのが必ずあって、

その区間には原則1本の列車しか入れない規則になっています。

ドマニア必殺・先頭カブリツキで

実際に見てもらったら分かりやすいのが、

信号機が立っている場合、

信号機から次の信号機までが「1閉塞区間」になります。

信楽高原鉄道さんでも、事故当時は、

途中に行き違い設備を設置して、「世界陶芸祭」の多客に

対応して列車を増発しようとしたのですが、

信楽側職員のミスと、JR西日本の信号機器無断設置、

会社間での意思疎通不十分が重なり、

途中で正面衝突してしまうという悲惨な事故になりました。

その影響で、途中の行き違い設備が使用禁止になり、

起点から終点まで、全線1閉塞区間に戻りました。

1本の列車が行ったり来たりしか出来ないので

必要の無い信号機に「バッテン」が付けられました。

(知ってたらゴメンナサイです)

バッテン頂けましたでしょうか?「バッテン!バッテン!」

(それ、どっかの番組だったような・・・)

忘れた頃に、悲劇は繰り返されますね。悲しいです。

 

1997年10月16日。

f:id:nagee4678:20200920140651j:plain

以前勤めていた会社の社員旅行で撮った写真。

記録しておかなかったので、どこか分からず、

最近、全力でネット調査しました。

(便利な世の中。「城崎・赤い鳥居」で打ったらすぐヒット)

豊岡市の「出石城跡」(違ってたりして!)

 

JR山陰本線・城崎駅付近。

f:id:nagee4678:20200920141055j:plain

山の壁に掘られたトンネルに

山手線色みたいなキハ47が吸い込まれるところ。

壁間際まで、生活臭がしていました。

 

1997年10月17日。

JR山陰本線玄武洞~城崎間。

f:id:nagee4678:20200920141412j:plain

だったと思うんですけど、

確か、ホテルを出発して川沿いにバスが走って、

5分ぐらいで、お土産処に着いたので。

北近畿タンゴ鉄道」さんの気動車なので、

JR線じゃないと思ったんですが、

グーグルマップで調べても、たぶんこの辺りかと。

今は「京都丹後鉄道」になったんですね。

(ダンゴは醤油が好きです)

 

f:id:nagee4678:20200920142007j:plain

任侠プロ写真家のPONYさんと掲載日まで被ったら、

危うく命が消される所でした。

天橋立、きれいですね。

残念ながら、歩く時間はありませんでした。

(ナゲノハゲタネとトーンが似ていますね)

 

1997年10月25日。

以前ご紹介した、JR美濃太田運輸区一般公開での一コマ。

f:id:nagee4678:20200920142337j:plain

もうひとつ、意外だったのは、

女性の見学者がポチポチ目立ったこと。

ドマニアと言えば、女人禁制みたいな雰囲気でしたが、

この日は、十数人見かけました。

ただ、写真ばかりじゃなくて、

こうしてスケッチをしたりする方や、

じっくり機械類を見ている方など、

いろんな楽しみ方をされていました。

今でこそ、「ママ鉄」とか「女子鉄」とか言いますけどね。

(「ナゲ鉄」とは言いません)

 

f:id:nagee4678:20200920143025j:plain

失意の帰り道に撮った、

JR東海太多線 美濃川合駅からの列車。

「キハ11形」が川合ダム湖の鉄橋を渡ってきます。


1997年11月6日。

JR東日本京葉線 舞浜駅

f:id:nagee4678:20200920143223j:plain

東京ディズニーランドっぽい感じと、

電車を絡めたかったんですが、

電車がボケすぎました。

女王陛下と遊びに行った最終日の夕方。

 

1997年11月15日。

樽見鉄道・谷汲口~神海(こうみ)間。

f:id:nagee4678:20200920143619j:plain

山の方は紅葉が遅く、11月下旬が見頃。

樽見鉄道さんは、名古屋に近い所でありながら、

観光鉄道の雰囲気が味わえる、良いところです。

観光列車とか走らせたら、儲かると思うんだけど。

 

高科~鍋原(なべら)間。

f:id:nagee4678:20200920144126j:plain

神海~樽見間は、1989年に開業した

比較的新しい区間

トンネルが約半分を占めますが、

鉄橋をいくつも渡ったり、

春夏秋冬の景色は、岐阜県美濃地方随一だと思います。

(ナゲー国の景色は、後ろアパート、夜は暴走族騒音で最高です!)

 

次回は、これまた1997年版最後の

鉄道汚写真をご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20200920145608j:plain

まるちゃんは、ナゲー国3代目のネコちゃん。

幸せに思ってくれてると、

良いんですけどね・・・。

みんな性格が違ってて、面白いです。

 

今日はこの辺りで失礼します。