1999年3~4月期の鉄道汚写真 非難轟々EF65形まつり

あろうことか、昨日は

女王陛下の4?回目の御生誕祭の日でありました。

(ナゲーの場合は、汚誕生災になります。災いです)

例によって具体的数字は伏せますが、

はっきり言って、この年齢になって

嬉しい感情は全くなく、

もう、こんな年齢になったのかと、

嘆く方に主眼が置かれております。

まあ、でも、この年齢になるまで生きていられたこと、

ナゲー国の為に、心を鬼畜にして御尽力頂いたことに

深く感謝をしている所であります。

今回の御生誕祭では、庶民の運動靴をご所望でしたので、

靴屋さんに同行し、吟味に吟味を重ね、

ナゲー老後貯蓄の老人ホーム頭金から

贈呈することと相成りました。

先月から来月にかけて、まだまだ費用がかかる行事が

目黒押しですので、ナゲーの目が黒いうちは、

老後貯蓄からの負担が続きそうです。

更に緊縮財政を推し進め、

老人ホーム65歳入居に向かって

今後のクリスマス・お年玉戦争に、万全に備えるナゲーです。

 

ということで、汚写真目黒押しのナゲーブログ

本日は 1999年3~4月期の

鉄道汚写真をご紹介して参ります。

垂れ流しますので、御注意下さい。

 

f:id:nagee4678:20201216164037j:plain

1999年3月28日。

JR東海道本線 岐阜~木曽川間。

またまたJR貨物さん「EF65形1000番台」でスミマセン。

今度は黒で統一されたセメントタンク車「タキ1900形」

高架区間から地平に降りる地点。

この場所の近くにあるのが、名鉄電車の茶所検車区。

f:id:nagee4678:20201216164613j:plain

「7500系」パノラマカー

運転士さんが乗り込んで、出発準備。

雨の日は、ずぶ濡れですね。結構大変でした。

運転士から、さぞ嫌われてると思ったら、

個室でお客さんの目もなく、気楽に運転できると

好評だったようです。

ナゲー友人の運転士さんだった人のお話。

「7500系」は低重心構造でホームより床が低く、

電車をコントロールする制御方式も特殊でしたので

他の形式と連結運転することが出来ず、邪魔者扱いされ、

中部(ウン)国際空港(ヤメレ!)開港時に

さよならセレモニーも無く、ひっそりと廃車になりました。

一部は走行機器だけ再利用され

「1030系パノラマsuper」4編成と

増結用「1850系」に生まれ変わりました。

f:id:nagee4678:20201216165655j:plain

1999年4月8日。

車体は後期形1000番台だけど、

パンタグラフだけ古い形の「1049号機」

残念ながら、更新色に変えられました。

 

f:id:nagee4678:20201216165838j:plain

1999年4月9日。

細かい事を言うと、いわゆる

窓周りが「白Hゴム」の「1077号機」

窓ガラスを押さえるゴムが白いのは、

国鉄時代からの伝統。

黒いゴムになったのは、ごく最近の事です。

後方の高架橋は「国道21号」

渋滞慢性・事故多発の「極道21号」です。

(ナゲーは任侠49号です)

f:id:nagee4678:20201216170253j:plain

1999年4月12日。

これも「白Hゴム」ですね。

もう飽きてきたなぁ、まだEF65出るの?

f:id:nagee4678:20201216170432j:plain

まだまだ出るんですね~。ホントすいません!

大垣~穂積間。これもパンタだけ初期形の更新色。

パンタグラフの話しをついでに。

ここは直流区間で、架線電圧は1500V。

加速時には大電流が流れますが、

パンタグラフの菱形部分、細い鉄の棒は

ただ支えているだけに思われますが、

実は、支え棒にも大電流が流れています。

知らずに触るとイチコロ。

交流区間では高電圧なので、近づいただけで吹っ飛ばされます。

決して近づかないで下さい。(誰がやるんや、ドマニアさんなら)

f:id:nagee4678:20201216171158j:plain

「ニーナ」ちゃんの先輩の「ニーロ(勝手に付けました)」

(この呼び方、ナゲーはあまり好きではない)

JR貨物さん「EF66形0番台26号機」

架線の真上に太陽が来ると、

顔が架線の影で真っ二つに。

頭上の箱は、後付けの冷房装置。通称「弁当箱」

f:id:nagee4678:20201216173546j:plain

1999年4月16日。

「ホキ9500形」通称赤ホキ。

美濃赤坂行きの石灰石専用列車を牽く「EF65形0番台」

貨物専用機として製造されましたが、

晩年は、JR東海さんでは旅客列車も牽引しました。

ついでにもう一つ、パンタグラフのお話し。

電気機関車は、圧縮空気で上げて、重さで下げます。

電車は、バネで上げて、圧縮空気で下げてフックで固定します。

電気機関車は大出力のモータを使用しているため

パンタが架線から離線すると、パワーが大きく損なわれるため

常に強い力で架線に押しつけておく必要があり、空気を使っています。

空気がないと上がらないため

「ジスコン棒」というナゲー棒で下からパンタを持ち上げます。

昔は竹竿、今はグラスファイバーで不導体ですが、

ちょっと命がけ的作業です。

電車は多少離線しても出力にはあまり影響がないので

バネ上昇式になってます。

(違ってたら、責任を取って恰幅します。もうしてるし)

f:id:nagee4678:20201216174621j:plain

1999年4月17日。

樽見鉄道さん直通「快速ナイスホリデー淡墨桜号」

晩年に近いときは、ヘッドマークも付けられなくなりました。

先頭はJR東海さん「DD51形ユーロライナー専用1037号機」

DD51にとって客車5両は、鼻毛です。

(最近切って無いので伸び放題のハナゲー)

f:id:nagee4678:20201216175018j:plain

1999年4月19日。岐阜~木曽川間。

もう何も言いません・・・・。

(しつこい性格は嫌われる)

f:id:nagee4678:20201216175113j:plain

f:id:nagee4678:20201216175157j:plain

お馴染み、JR西日本さん485系「特急しらさぎ

JR西日本特製の自動連結器カバーも付きました。

タイフォンのカバーは、開きっぱなしの時が結構ありました。

 

結局今回も、最終的にEF65形1000番台まつりに

なってしまいました。

ご批判は紳士に受け止めます。

(会社では紳士に受け止めないためすぐケンカになる非紳士ナゲー)

ある特別塗装のEF65を捕獲するまで

延々と続きます・・・・・(絶対読者さん逃げるわ)

でも、あと少しです!

 

f:id:nagee4678:20201216175543j:plain

f:id:nagee4678:20201216175558j:plain

本巣潜伏時の、ノンノちゃん。

ベランダが大好きでした。

 

今日はこの辺りで失礼します。