華やかなりし頃 樽見鉄道・1999年桜ダイヤ

毎度お馴染み、この時期がやって参りました。

昨年は、12月に一度も雪が降らなかったのに、

今年は、見事今週に雪が降ってしまいました。

(実は撮影欲望がウズウズしているナゲー)

先々週から週間天気の気温と睨めっこしていたナゲーは、

次週に「0℃~-1℃」の表示があったので

女王陛下の命令で、タイヤ交換の儀を執り行う事となりました。

今年は、ナゲー公用車のアブノーマルタイヤ交換時期でしたので

(タイヤに「ストリップサイン」が出る直前でした。やれって事か?)

これだけは、ナゲー国家予算を投入して頂き

新品スカットレスタイヤを購入しましたので、

(購入金額にスカットしないナゲー)

タイヤ交換の儀は、今回は女王陛下公用車のみ。

しかし、寄る年波には勝てず、

1台やっただけで、ピロピロになりました。

相変わらず、しっかりした道具は車載用のみで、

ボルト締めは、テキトールクレンチ。

(フツーは、トルクレンチを使用します)

ナゲーの勘だけが頼りで、いつボルトが外れるかヒヤヒヤ。

(任侠なので、ちゃんと締め上げてます)

それでも女王陛下には、

「滞りなく、タイヤ交換の儀は終了致しました」

それと一応

「ナゲー国外では、1本¥500~1000が相場でございますが」

と、ご報告。

両手を差し出しましたが、今回も報酬の件の応酬のみで、

完全ボランティア活動とさせて頂きました。

何歳までこの行事が続くのか、

ナゲー国王室行事のあり方無識者会議で議論をして欲しいナゲーです。

(実際、何歳まで出来るかなぁ)

 

ということで、スカットレスナゲーブログ

本日は、冬真っ最中ということで、

春真っ盛りの、1999年樽見鉄道さん「桜ダイヤ」

期間中の汚写真を、鉄道・フーケー織り交ぜながら

ご紹介して参ります。

ハゲ一番には、御注意下さい。

 

全く関係ないですが、夜明けシーンから。

f:id:nagee4678:20201219171429j:plain

f:id:nagee4678:20201219171441j:plain

桜にはまだ早い、1999年3月14日。

岐阜県本巣郡穂積町地内・五六川堤防より。

太陽はデカイですね!

1億4960万㎞も離れているのに

これだけ明るいんだからスゴイですよね。

ググってみたら、この明るさは

8分19秒前の明るさなんですって。

光の速さだと、0.00001581光年だそうです。

なるほど、ナゲーの頭から光が届く時間はこんな感じか。

小5国民が希に「ナゲーのカメラなぶりたい」と言ったときは

「オメーがなぶるのは、10億光年ハイェーんやて!」と言います。

ひどい総理大臣ですね。こんにちは、ゲーナーです!(冷笑笑笑笑)

f:id:nagee4678:20201219172524j:plain

桜の時期に撮ったと言いたいですが上写真と同日。

順番が逆の、日の出前に撮りました。

JR大垣駅樽見鉄道線用ホーム。

6番線に停車中の「ハイモ230形」始発列車。

まだ月が出てましたので。

その上の星は何でしょうね?

では、樽見鉄道さんの桜ダイヤへ突入です。

f:id:nagee4678:20201219172833j:plain

1999年4月4日。木知原(こちぼら)~谷汲口間。

頭上をまたぐ「谷汲山大橋」から。

例年4月1日から20日間程度、

特別に時刻変更して、「桜ダイヤ」としてウンコウ。

(カタカナで書くと汚いね。何となく)

怒濤の如く押し寄せる、根尾村淡墨桜」観桜客を

気合いで捌くための総力作戦でした。

この期間だけは、予備車無しの綱渡り営業。

しかも集中するのは期間中1週間程度。

レールバスに準じた塗装に変更された「TDE11形」と

JR東海さん、14系客車による名古屋始発乗り入れの

「快速ナイスホリデー淡墨桜号」

JR東海さんは、JRマーク小型化が進行中で

客車からもJRマークが消され、国鉄形復活感がありました。

f:id:nagee4678:20201219180139j:plain

神海(こうみ)駅で行き違ってきた

「うすずみファンタジア号」

樽見鉄道さん沿線には、たくさんの桜が生きていました。

f:id:nagee4678:20201219180333j:plain

1999年4月8日。本巣駅。

間合い使用なのか、ヘッドマーク装着のまま

貨物列車の運用に入る「TDE11形」

貨物列車の時刻は、JRさんも絡んでるので

変更することが出来ず、ダイヤの編成は

苦労が多かった事だろうと思います。

f:id:nagee4678:20201219180545j:plain

「ハイモ230形314号・ワンマン大垣行き」

桜の時期になると、

芝浦工業大学さん寄贈のヘッドマーク

レールバスに装着されました。

夕方になると、普段着の樽見鉄道さんに戻ります。

f:id:nagee4678:20201219180728j:plain

1999年4月9日。木知原~谷汲口間。

今度は「うすずみファンタジア」に「TDE11形3号機」が。

どんな運用になってるんでしょう?

以前ご紹介しましたが、

ロッコ風貨車改造車をサンドイッチした列車。

「トキ25000形」という無蓋貨車の台車を使用。

65km/hまで出して走るため、

車体は窓付きとして、限りなくトロッコ感を演出。

乗り心地は、貨車なのでとてもスリリング!でした。

f:id:nagee4678:20201219181612j:plain

サンドするのは、元JR東海さんの12系改め

「オハ1000形」

エセ・トロッコ車を挟んで居るので、ドアは連動せず

車掌さんが2人で前後に別れ、

ドア扱いをしておりました。

樽見鉄道さんは、客車・貨車・レールバス

多様な列車が走る、最盛期にはドマニア垂涎の鉄道でした。

f:id:nagee4678:20201219182032j:plain

手前の車両は「ハイモ180形」

富士重工さんが開発したレールバス最初期形。

2軸車で4輪しか付いて無く、

盛大にローリングしました。

満員になると、不思議と揺れが少なくなりました。

桜並木の手前は、八重桜。

いつもちょっと遅れて咲き始めました。

f:id:nagee4678:20201219182309j:plain

f:id:nagee4678:20201219182333j:plain

ヘッドマークは数に限りがあったので

付いてないレールバスも走ってました。

この辺りの桜は、数年前の台風で

ほとんどへし折られました。

いま残っているのは2割ほど。

(ナゲーの心は、毎日へし折られてます)

f:id:nagee4678:20201219182523j:plain

根尾川対岸には、「名古屋鉄道谷汲線」が走ってました。

行きは樽見で帰りは名鉄でというお客さんもボチボチ。

「モ750形」が、忙しい樽見鉄道さんを横目にノンビリと。

f:id:nagee4678:20201219182936j:plain

樽見鉄道さん所有の「14系」を使用した

「うすずみブルーライン号」

機関車運用がおかしいのか、

ヘッドマークステイだけ取り付けてある状態。

f:id:nagee4678:20201219184648j:plain

f:id:nagee4678:20201219184800j:plain

木知原駅周辺は、台風被害を免れ、

現在でも立派な桜が咲きます。

f:id:nagee4678:20201219184917j:plain

糸貫~北方真桑間。

沿線は、随所に桜が見られます。

おつまみと缶ビール片手に「プハ~」と、

客車に揺られながらいきたいところですが、

良い時間帯はギューギュー詰めだったので

お客さんは、それどころでは無かったようです。

 

次回は、山の方と桜終焉の辺りを

ご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20201219185716j:plain

1998年6月。刺身を貪って、

f:id:nagee4678:20201219185746j:plain

寝るノンノちゃんです。

 

今日はこの辺りで失礼します。