儚き出会いと別れ 住友大阪セメント伊吹工場・いぶき500形

本日は晴れ着姿が眩しい、「成人の日」だそうであります。

(チョー昔は15日と決まっていたので違和感有る年代です)

って事は、今まで「人では無かった」って事?

そーゆー屁理屈大好きナゲーはほかっといて、

とりあえず、読者様の中で

晴れの日をお迎えになった方がお見えでしたら、

改めまして、おめでとうございます!

ナゲーの場合は、はるか彼方へ飛び去った日のことなど、

思い出す術もありませんが、

いきがってたのは確かであります

(今もですけど)

これで「成人映画」が堂々と見れるとか、

「酒を隠れて飲む必要はない!」とか

(隠れて飲んでたのか!)

「性人になったどー!」なんて思ったことは、

これっぽっちも有ります。

(やっぱり、そっちの性人やと思ったよね)

ナゲーの場合は、いつまでたっても

精神的成人は迎えられそうにありません。

(体はオトナッ!頭脳は子供!その名は!もうええわ)

順調にいけば、残り4分の3程の人生を

今回、成人式を迎えられた方には、

精一杯生きて頂けたらと思う次第であります。

早く真っ当な人に成りたい、星人ナゲーです。

(どこの星や?N-49星雲であります。正常な精神が3分しか持ちません)

 

ということで、来るモノは拒み、去るモノは追うナゲーブログ

本日は、1999年に終了を迎えた、

住友大阪セメント伊吹工場専用線」の

ご紹介をして参ります。

晴れ着を濡らしてご覧下さい。

 

住友大阪セメント伊吹工場専用線の存在は、

ナゲーも知っていましたが、

いつに走ってくるか等、詳細は知らず、

ナゲーにとっては「幻の鉄道」だったんですが

何も撮らないうちに「廃止」の一報が入り、

何としても撮らなければと、待ち伏せしました。

路線は、伊吹山麓の工場から、

JR東海道本線・近江長岡駅までの3.7kmを走りました。

詳しくはネット情報に譲りまして、

ナゲーの心を撃ち抜き、虜にしてしまった電気機関車との、

たった2日間の、出会いから別れとなってしまった

当時の様子を振り返って参ります。

 

1999年6月15日。

初めて出会ったのが、廃線の13日前。

土日は運休と聞いていたので、

出会えるチャンスは限られた日数だけ。

すでに貨物出荷量は減り、

列車本数も激減しているような雰囲気で、

その電気機関車は突然現れました。

f:id:nagee4678:20210111133732j:plain

見た瞬間、体が痺れました。

ナゲーの大好きな、デッキ付き電気機関車

国鉄の「EF15形」を彷彿とさせる

茶色い車体に、柔和な顔つき。

伊吹山をバックに走る

その名もズバリ、「いぶき500形」

お昼近くになってようやく姿を見せてくれました。 

f:id:nagee4678:20210111134829j:plain

1956年、日立製作所製。

当時は「大阪窯業セメント」のちに「大阪セメント」に。

車体横には「ライオン印」が掲げられていたようですが、

住友大阪セメント」に合併されたときに撤去されたのか。

ほぼ同型の電気機関車が、今でも「秩父鉄道」で働いています。

JR近江長岡駅へ向かって、単コロで走っていきました。

と思っていたら、

f:id:nagee4678:20210111134926j:plain

すぐに工場へ帰って行きました。

?????。これで終わりなのか?

あとで工場の人に話を聞いたら、

毎日、線路点検のため最初に1往復単機で

行って戻って行くらしいです。

そんな事とはつゆ知らず、もう二度と来ないのか?

と思って待っていたら、

f:id:nagee4678:20210111135137j:plain

すぐに、セメントタンク車「タキ1900形」を

牽っぱって戻ってきました!

でも、たったの3両!

もう末期の操業でしたので、出荷は抑えられていた様です。

相当昔から走っていたのに、

もっと粘り強く待っていたらと思うと、

悲しくなりました。

f:id:nagee4678:20210111135335j:plain

カッチョエエ~~~~~!!!!シビレル~~~~!!!!

戦後の国鉄(想像でモノ言ってます)のような、

小さいデッキ付き電気機関車が、

僅かな貨車を引っぱる景観は、まさに昭和中期!

f:id:nagee4678:20210111135759j:plain

セメント貨車を、近江長岡駅に放置して

すぐに単コロで帰ってきました。

新幹線とコラボるかなぁは、ムリでした。

f:id:nagee4678:20210111135920j:plain

小高い山の麓を、ゴロゴロと走っていきます。

電化鉄道なのが不思議な位の距離ですが、

「いぶき502号」はピカピカに磨き上げられ、

鉄道魂を感じました。

f:id:nagee4678:20210111140156j:plain

一仕事終わったぁ!みたいな、

ゆっくりした足取りで、工場へ帰っていきます。

沿線を歩いたら、もっと良い場所があったはずなんですが、

いつ列車が来るかも分からない状況なので、

とりあえず、工場まで追っかけ。

f:id:nagee4678:20210111140414j:plain

もう、寝てました。

パンタグラフを下ろして、

運転士さん達も昼食時間。

工場手前には大きな踏切があって、

そこから撮影してると、従業員さんが通りがかったので

失礼ながら聞いてみたら、午後にもう1本動くとのこと。

f:id:nagee4678:20210111140651j:plain

左側の建物が車庫&詰め所なので、

運転士さんの一番近いところで

「いぶき502号」は寝かされたんですね。

f:id:nagee4678:20210111140816j:plain

用意が出来次第発車ということなので、

ボヤボヤしておられず、

コンビニでおにぎりを買って、

場所を探すも、なかなかウ~ンな所が多くて

結局同じ場所で待機することに。

f:id:nagee4678:20210111141058j:plain

午後の列車がやってきました。

今度はちょっと両数が増えてます。

もう、溜息しか出ません。

後悔の念が、次から次へと襲ってきます。

もっと早く出会っていたら、

もっと沢山の写真が撮れたのに・・・・。

f:id:nagee4678:20210111141650j:plain

今度も、貨車を近江長岡駅に放置して、

単コロで帰ってきました。

f:id:nagee4678:20210111141741j:plain

林の中へ消えていきました。

今度は夜遅くになってから運転とのこと。

もう真っ暗になるので、走行写真は撮れません。

失望に渦巻く思いの中、

この日はこれで断念して、潜伏地の本巣へ帰還しました。

次に来れるのは最終日。

2回目にして、もう別れる事になろうとは。

こんなに哀しい思いをするなら、

出会わなければ良かったと思いつつ、

最終日にまた再開することを心に誓って、

次回、最終日の模様をご紹介致します。

 

f:id:nagee4678:20210111143241j:plain

f:id:nagee4678:20210111143307j:plain

f:id:nagee4678:20210111143324j:plain

ナゲーの思いは我関せず、

潜伏地の庭で遊ぶノンノちゃん。

1998年10月の様子。

 

今日はこの辺りで失礼します。