大合理化に踏み切った名古屋鉄道さんの2001年その1 さようなら竹鼻線・江吉良~大須

まもなく人の皮を被った非人生も

半世紀の50年を迎えようとしておりますが、

数限りない別れを経験して参りました。

これからも、出会いより別れの方が

無数に増えていく年代に突入します。

例えば、

福沢諭吉野口英世との別れ(毎日のように体験している)

※ ナゲー国独自紙幣には、ナゲーの肖像画が描かれているが

  世界では1ナゲー=通貨として非公認なので

  仕方なく日本国通貨を使用中。

神との別れ(風呂場で毎日、別れの儀式を。字が違うね)

一番悲しかったのは、

一緒に暮らした、ネコ達との別れだったです。

今も尚、喪失感に苛まれています。

あと何年、人間の皮を被って居られるか

分からないナゲーですが、

ナゲーがこの世とお別れするときは、

ナゲー国葬として、

無関係各国首脳を招待するつもりですが、

たぶん、近くのドブ川に

「放流葬」されるナゲーです。

※ 任侠なので、簀巻きにして沈めるのも有りかなぁ。

 

ということで、お別れ出来ないナゲーブログ

本日から、しばらくお別れ特集としまして、

名古屋鉄道さんにしましても、

地域の方たちにとりましても、

ドマニアナゲーにとっても、

最大の悲しい出来事があった2001年。

名鉄さんが、大なたを振るった

「一挙4線区・1列車の廃止」を断行した

悲しすぎる廃止までの様子を

汚写真でご紹介して参ります。

ハンカチ・はな紙をご用意して下さい。

 

名古屋鉄道さんは、

多くの赤字路線を抱えており

1998年に一挙5路線の廃止を宣言。

三河線竹鼻線揖斐線末端区間谷汲線・八百津線)

鉄道線に限って言えば、

鉄道事業者国土交通省に届け出後、

1年後には自由に廃線に出来る制度となっており、

地元の同意は必ずしも必要ないので、

一気に廃線表明となりました。

同時に、採算が合わなかった

伝統の高山線乗り入れ特急「北アルプス」も

廃止表明となりました。

f:id:nagee4678:20210601171819j:plain

三河線を除く路線は、地元との合意に達し、

2001年9月30日をもって

運行終了が正式に決定。

三河線末端区間は、地元との協議が難航し、

地元自治体が、5年間の赤字補填と

利用客増加への取り組みをするということで

保留になり、明暗が分かれる結果となりました。

 

それでは、各路線ごとに撮った、

最期の現役汚写真、

ご紹介して参ります。

最初に、廃線のイメージが一番薄かった、

竹鼻線(訓読みでお願いします。決してチ☆ビ線とは言わないで)

羽島市役所前~大須間。

電圧1500V路線の廃止としては、

約40年ぶりの廃線となりました。

まずは既出の1枚。

2000年7月3日。

f:id:nagee4678:20210429191835j:plain

柳津~西笠松間。

只今ナゲーのオヤジが入院している病院の近く。

竹鼻線の終点・大須駅は、

現在の岐阜県海津市にある

「千代保(ちよほ)稲荷神社」最寄り駅になっておりました。が、

実際にはバスに乗り換えて、

十数分もかかるところにあって、

とても利用できる状況ではありませんでした。

地元では「おちょぼさん」の通称で、

串カツ・ナマズの蒲焼きが有名です。

撮影日は前後しますが、

起点側から順にご紹介します。

まずは、羽島線との分岐点「江吉良駅

2001年7月25日。

f:id:nagee4678:20210601182006j:plain

1982年の羽島線開業時に復活した駅。

直進が大須方面、

右は新幹線「岐阜羽島駅」方面。

羽島市役所前駅にほど近いため、

当初は羽島線普通列車は通過しておりました。

現在は宅地化が進み、全列車停車に。

f:id:nagee4678:20210601184345j:plain

f:id:nagee4678:20210601184410j:plain

大須方面に乗っていく人も居るんだ・・・。

と思いながら、「大須」表示の列車を撮影。

江吉良~大須間は、行き違い設備も全て撤去され

1本の列車しか入れない「スタフ閉そく式」

江吉良駅無人駅のため

羽島市役所前駅でスタフ受け渡しを行っていました。

 

牧野駅

f:id:nagee4678:20210601184654j:plain

行き違い設備の痕跡が残っていました。

f:id:nagee4678:20210601184810j:plain

1日を通して30分間隔で走っていました。

だけど、ガラガラ状態。

f:id:nagee4678:20210601185016j:plain

遮断機が無い踏切も、たくさんありました。

 

「長間駅」

f:id:nagee4678:20210601185104j:plain

運用の都合で、パノラマsuper増結用の

1800系もしばしば入りました。

依然、住宅地を進みます。

 

長間~中区間を行く1800系。

f:id:nagee4678:20210601185237j:plain

線路と宅地の境には、

柵も何もありませんでした。

f:id:nagee4678:20210601185412j:plain

東海道新幹線との交差地点。

1日中張り付いていれば、

上手いこと、交差する画像が撮れたかもですが、

f:id:nagee4678:20210601185517j:plain

タッチの差で撃沈。

f:id:nagee4678:20210601185606j:plain

今度はナンチャッテパノラマカー

たった1編成のみの「7100系」が来ました。

方向幕があるのに、系統板を付けているのは、

行き先幕の「新岐阜」と「大須」の間隔が

非常に離れているため、

自動と言いつつ、幕を見ながらスイッチを扱い

「ここだ!」って場所で

止めないといけない手動式電動幕でしたので

折り返し時間が短い大須駅では、

新岐阜」が出てくるまで時間がかかりすぎるので

板の方が簡単ということで系統板に。

 

「中区駅」

f:id:nagee4678:20210601190041j:plain

なぜ「中区」なのかは不明。

町名は「羽島市上中町中」

相変わらず、住宅地の真っ只中。

 

「市之枝駅」

f:id:nagee4678:20210601190303j:plain

ここも行き違い設備があったんですね。

ホームは島式の形になってます。

空いたスペースは、地元の方の花壇に。

ここからちょっと田舎のムードになります。

 

f:id:nagee4678:20210601190716j:plain

お寺さんも増えてきます。

f:id:nagee4678:20210601190809j:plain

羽島市南部は、大穀倉地帯。

一面の田んぼが、正確な四角形で並んでいます。

 

「八神駅」

f:id:nagee4678:20210601190523j:plain

大きくカーブして西へ進路をとります。

駅の周辺には、雑貨屋さんやら

いろいろ建ってました。

 

終点の「大須駅」。

2001年3月13日。

f:id:nagee4678:20210601173351j:plain

ナゲーホームに見えますが、

大須までの全ての駅は、

実は2両分しかありませんでした。

f:id:nagee4678:20210601175609j:plain

パラパラとお客さんが

乗ったり、降りたり。

6500系の4両編成。

後ろ2両はドア締切扱い。

運転士さんは、車内を移動して反対運転室へ。

f:id:nagee4678:20210601175817j:plain

先頭2両が、ホームから飛び出てます。

スタフ閉そく式なので、

出発信号機も無く、

時間になったら踏切ボタンを押して

発車していきます。

f:id:nagee4678:20210601191140j:plain

汚写真は前後しますが、停車中の列車。

昔は立派な駅舎がありましたが、

いつの間にやら、取り壊されていました。

イレギュラーですが、

オヤジカメラ汚写真から、

1981年頃の大須駅の様子。

f:id:nagee4678:20210601191401j:plain

駅員さんもちゃんと居て、

おちょぼさん行きのバスも出ていて、

それなりに乗り換え客で賑わいました。

 

竹鼻線は、いろんな車両が出入りしたため、

最後の日の前日まで、特別な装飾を

施されることもなく、

静かに、淡々と最期の日を迎えました。

 

2001年9月28日。

名古屋本線竹鼻線 笠松駅

f:id:nagee4678:20210601191921j:plain

最期の日まで、あと2日。

ドマニアさんが群がることもなく、

一番寂しく最期の日を迎えた

路線ではないかと思います。

二度と見られない「大須」行きの列車を

記憶の片隅に植え付けました。

竹鼻線・江吉良~大須間の

最期の日までの様子でした。

 

次回は、「揖斐線」をご紹介致します。

 

f:id:nagee4678:20210601193929j:plain

至福のガムテープのあとは

寝ぼけ気味の、ノンノちゃん。

 

今日はこの辺りで失礼します。