大合理化に踏み切った名古屋鉄道さんの2001年その2 さようなら揖斐線・黒野~本揖斐間

ナゲーは、よく「チャッカマン」と言われます。

(科学忍者戦隊ではない)

腹が立つと、一気に火が付き、

手を離すと、シュポッと消える・・・。

最近、ブラック会社のアホ共相手に

炎上している自分がアホらしくなってきて、

急速に「まあ、どーでもええわ」と

なってきています。

そんなことに自分の時間を費やしていることが

たまらなく、勿体なくなってきました。

解決に時間が経ちすぎてるにも一因。

昨年9月から闘ってますから、すでに半年以上。

アホな奴らのために失った時間は計り知れない。

思えば、イビられつづけた半生でした。

保育園→給食無理矢理先生。

小学校→体罰先生で少々難聴。

中学校→イジメで不登校

行く先々の会社で、変な奴に絡まれ続け、

反会社的な性格になってしまいました。

(これぞ、自称任侠道)

数日前、実に数ヶ月ぶりに

アホ会社の社長と会話を交わした際、

「お前が余計なことをしてくれたから大変やわ」

「☆☆(対立するバカ社員)との問題は解決済みや!」

社長からのイビリに対し、

再び、反社戦隊チャッカマンに変身するナゲーです。

(まったく、懲りないナゲーやね)

 

ということで、消火寸前ナゲーブログ

本日も、名古屋鉄道さんの大合理化策で

犠牲になった、4路線1列車のうち

今回は「揖斐線・末端区間」をご紹介していります。

イビリーには、じゅうぶんご注意下さい。

 

名古屋鉄道揖斐線

忠節~本揖斐間、18.3kmのうち、

黒野~本揖斐間、5.6kmが

2001年9月30日をもって

廃線となりました。

これといった特徴は無い路線でしたし、

終点近くには、近畿日本鉄道(現・養老鉄道)の

揖斐駅がありましたので、

この時点で、1時間に1本まで

運行本数が減らされていたうえに、

黒野駅で乗り換えを強いられていました。

特に困る住民も少なく、

強烈な反対運動が起こることもなく、

ひっそりと消えていった感があった線区です。

撮影日が前後しますが、

黒野駅から順番にご紹介して参ります。

それでは、よろしければご覧下さい。

 

2001年1月3日。

田舎にしては巨大なターミナル・黒野駅

f:id:nagee4678:20210603190629j:plain

田舎の駅は、最先端のバリアフリーが多いですね。

本揖斐方面は、構内踏切を渡って乗り換えます。

一番左側のホームが、ほぼ本揖斐行きの専用ホーム。

電車の床は高く、

ホームからはヨッコラショットとなります。

青いドコモラッピング電車は、

「モ780形」路面区間直通電車。

明らかに電車の大きさが違います。

右側のモ780形電車は小さいですが、

この小ささが、後々大問題を引き起こします。

 

f:id:nagee4678:20210603195925j:plain

次は「中之元駅」

周囲は宅地化が進行中でしたが、

電車を利用する人は、ほぼ皆無。

岐阜市街へ行くには、クルマの方が速く、

1時間に1本の列車では、

使い物になりませんでした。

 

f:id:nagee4678:20210603202046j:plain

次は「清水(きよみず)駅」

ホームが自転車置き場になってます。

ここも周囲は宅地化進行中。

駅の一角だけは、時が止まっておりました。

 

f:id:nagee4678:20210603202323j:plain

終点の「本揖斐駅

開業は1928年(昭和3年)

実は、初代・養老鉄道近畿日本鉄道

(現・養老鉄道)さんの方が

開業は古く、1919年(大正8年)には

すでに中心部に「揖斐駅」が出来ていました。

開業当初からの駅舎と言われていますが

詳細は不明。

立派な駅舎ですが、末期は無人駅にされていました。

 

ここからは、揖斐線のフーケー汚写真を

ご紹介して参ります。

それほど特徴のない、

淡々とした路線でしたが、

田舎だなぁの雰囲気を感じてもらえれば幸いです。

 

2001年9月15日。

f:id:nagee4678:20210603204319j:plain

本揖斐から、ワンマンカー黒野行きが

黒野駅構内に進入してきます。

通勤時間帯の写真ですが、すでに電車はガラガラ。

f:id:nagee4678:20210603204523j:plain

構内にある踏切より。

意外と複雑に線路が入り組んでます。

でも、全部手動のポイントですけど。

黒白の丸いヤツが付いているのは、

通称「ダルマポイント」

黒白のは「錘」になっていて、

オモリの重さでポイントがズレないようになっています。

f:id:nagee4678:20210603205121j:plain

朝方1回だけ見られた、

「谷汲行き」と「本揖斐行き」の同時発車シーン。

実際には、本揖斐行きが数秒早く発車していましたので

どうしてもズレが生じてしまって

上手くまとまらない汚写真に。

f:id:nagee4678:20210603205322j:plain

左右に股裂け状態に。

ナゲーのケツも裂けてます。

 

2001年9月20日。

f:id:nagee4678:20210603203730j:plain

同時発車を、デルタ地帯から見た構図。

羨ましいぐらい、草ボーボーですけど。

黒野駅を発車した本揖斐行きは、

進行方向左へ、大きくカーブをして

終点を目指します。

谷汲行きは右へカーブをしていきます。

f:id:nagee4678:20210603204001j:plain

直後に「三水川」を渡ります。

人も渡れるようになっていたのかなぁ。

写真だけ見ると、そんな雰囲気です。

f:id:nagee4678:20210603205648j:plain

中之元駅すぐにあった、

お堂みたいな建物と。

f:id:nagee4678:20210603205821j:plain

中之元駅。

珍しく、日中なのにお客さんが居ました。

 

牛乳は大好きですが、

そういえば、人乳って売ってないですね。

(そうゆう発想しか出来ないのか)

沿線に1ヶ所だけ、酪農家の横を通り過ぎていました。

f:id:nagee4678:20210603210219j:plain

f:id:nagee4678:20210603210240j:plain

f:id:nagee4678:20210603210300j:plain

中之元~清水間。

一瞬の出会いなので、汚連写で。

いつも通っている電車なので、

ホルスタインちゃんは、ビックリしません。

そういえば、豚乳も無いですね?

f:id:nagee4678:20210603213605j:plain

清水~本揖斐間。

沿線の小学校には、こんな垂れ幕も。

寂しく思う方も、いらっしゃったんですね。

 

2001年9月14日。

f:id:nagee4678:20210603214057j:plain

清水を出ると、ほぼ国道沿いに走ります。

国道はビュンビュンとクルマが。

 

2001年2月7日。

f:id:nagee4678:20210603214538j:plain

揖斐駅に進入する「モ750形」

廃線までまだ半年あった時。

日常の光景でした。

f:id:nagee4678:20210603214714j:plain

f:id:nagee4678:20210603214807j:plain

ノンビリしてましたね~。

交通弱者にとっては、

金銭的にも唯一の移動手段。

だったんですけどね。

 

揖斐駅は、独特のムードがある駅でした。

f:id:nagee4678:20210603215003j:plain

f:id:nagee4678:20210603215021j:plain

f:id:nagee4678:20210603215044j:plain

大きい屋根が付いていて、

終着駅!っていう雰囲気が漂っていました。

お客さんがたくさん居た頃は、

右側の線路も使われてたんですね。

 

2001年9月3日。

f:id:nagee4678:20210603215212j:plain

ポツポツと、ドマニアさんが

出没するようになってきた頃。

f:id:nagee4678:20210603215346j:plain

こうなると、日常も破壊されますね。

人のこと言えませんが。

f:id:nagee4678:20210603215431j:plain

木造電車の「モ750形」

廃線告知の貼り紙が出してありました。

 

2001年9月13日。

夜の本揖斐駅を見たくて。

f:id:nagee4678:20210603215550j:plain

f:id:nagee4678:20210603215637j:plain

f:id:nagee4678:20210603215655j:plain

f:id:nagee4678:20210603215715j:plain

黒野~本揖斐間も、スタフ閉そく式。

運転士さんが、踏切ボタンを押して

発車していきます。

f:id:nagee4678:20210603215814j:plain

電車が行ってしまうと、

1時間の静寂が訪れます。

 

2001年9月22日。

f:id:nagee4678:20210603215930j:plain

廃線10日ぐらい前から、

モ750形には「さよなら」の文字入り系統板が

掲出されるようになりました。

こうなると、もうドマニアさんがウジャウジャに。

人のこと言えませんが・・・・。

f:id:nagee4678:20210603220114j:plain

朝の通勤・通学風景。

f:id:nagee4678:20210603220156j:plain

パラパラと普段通りのお客さんが

新岐阜方面の電車に乗り換えます。

f:id:nagee4678:20210603220259j:plain

f:id:nagee4678:20210603220325j:plain

しっかり見ないと分からないぐらいの

小さい文字の「さよなら」

仕方ないなぁ、モード丸出し感。

 

2001年9月26日。

f:id:nagee4678:20210603220725j:plain

さすがに夜になると、ドマニアさんも

ほぼ居なくなります。

f:id:nagee4678:20210603220822j:plain

最終日まであと4日ですが、

そんな雰囲気は、系統板だけ。

f:id:nagee4678:20210603220926j:plain

数人の地元客を乗せて、まもなく発車。

f:id:nagee4678:20210603221012j:plain

行っちゃいました。何事も無いかのように。

 

実は、最終日に4路線全てを

写真に収めたかったんですが、

岐阜県の東西、端から端まで

あまりにアチコチに廃線区が飛び散りすぎて、

全て回れなかったので、

後日ご紹介する、最終日だけの写真に、

揖斐線だけ数日前に撮った写真を混ぜます。

ちょっとインチキ気味ですが、

ご了承して頂いて、

70数年の歴史に幕を下ろした、

揖斐線・末端区間の最期の1年の光景でした。

 

次回は「八百津線」をご紹介致します。

 

f:id:nagee4678:20210603221948j:plain

なぜか、ナゲー愛用のコップで

手を突っ込んで氷で遊ぶノンノちゃん。

 

今日はこの辺りで失礼します。