大合理化に踏み切った名古屋鉄道さんの2001年その3 八百津線

最近、読者さんへの記事のでの

コメントのやりとりの中で、

「視力の衰え」についてお話しを交わしましたが、

ナゲーはついこの間まで

「両目視力2.0」を誇っておりました。

特別イイモノが見えるワケではありませんが

(例えば、アレとか、あんなトコロとか・・・・)

世間一般的なお話しとして、

視力がいい人は、老眼に早くなる・・・。

実際、始まりました。

ファインダーを覗かない、左目の視力が、

某国内閣支持率のように、

「1.0~1.2」まで下がっていました。

右目も「1.5」相当まで下落。

とうとう、瞳孔開散が近付いてきたか!

両目の視力がアンバランスなので、

遠くがぼやけて見えちゃうんですよ~。

100均の老眼鏡は

もっと目を悪くすると言われていますが、

※ 老眼というと、ちょっと悔しいので言い方を変えましょう。

  ガンロー(ランボーみたいでいいね!)

  ローギャン(画家みたいでカッチョエエね)

  ガローン(文字入れ換えただけやねーか)

お構いなしで、細かい活字を見るときは

お世話にならざるを得ない状況に。

(女王陛下を見るときはメガネ無しが良いかも・・・)

以前、テレビ番組で、

途中で全盲になってしまった方が、

また写真を撮りたい!というお話しを

見たことがありまして、

思い思いに、いろいろ撮っておられて、

見える方に解説してもらったり、

点字で立体化して感覚で感じたり。

途中で視力を失うことは、非常に恐いことですけど、

写真は心で撮るものなのかと感じました。

すごいなぁ、ナゲーだったら

また撮りたいって思えないかもしれない。

その前に、心で撮ったら

全て真っ黒な汚写真になるナゲーです。

(腹も心も真っ黒だけど、頭だけは肌色)

 

ということで、ブラックナゲーブログ

本日も引き続き、

2001年限りで廃止になった、

名古屋鉄道さんの4路線・1列車のうち、

今回は「八百津線」をご紹介して参ります。

八百津線に関しては、

ナゲーにとって、忌まわしい記憶しか残ってませんが、

赤裸々につづった記録はこちら↓

 

www.nagee-transient.online

 いろいろありましたが、

悲惨な過去と向き合わなければ

ナゲーは前へ進むことが出来ない!

ここは、血が滲むほど歯を食いしばり

(それほどのことか?)

フラッシュバックに悩まされながら

(後光のことか?ハゲ?)

撮影して参りました。

「八百津線」は岐阜県の東部、

広見線明智駅から分岐して、

たった7.3kmの短い路線でした。

当初から赤字に悩んだ名鉄さんは、

1985年、今となっては時代と逆行するような

電車運転を捨て、レールバスというディーゼルカー

運転を切り替え、赤字を圧縮させようと

努力をして参りましたが、それも空しく

路線廃止となりました。

旅客のほとんどが地元高校生でしたので、

大問題に発展しましたが、

バス増便やノンストップ便の設定、

学校近くまで乗り入れる等で問題は解消。

最期は静かな幕切れとなりました。

それでは、撮影日は前後しますが

駅順にご紹介してから、

八百津線のフーケーを

コメント少なめで公開して参ります。

親子の確執には、じゅうぶんご注意下さい。

 

2001年7月17日。

f:id:nagee4678:20210606102503j:plain

名古屋鉄道広見線 明智駅

1987年までは「伏見口」という名前でした。

駅を出て川を渡った対岸が御嵩町「伏見地区」で、

地元・可児市の市制施行時に、

近くにあった「明智城趾」にちなんで改名しただけ。

明知鉄道さん・明智駅」とは、まったく関係ありません。

f:id:nagee4678:20210606103106j:plain

付近は田んぼが広がる、かなりの田舎ですが、

駅だけは、結構なターミナル。

八百津線は日中1時間に1本まで

列車本数が減らされていましたが、

名古屋方面直通電車は15分ヘッドの時代。

3本の列車が集中する時間は、なかなか壮観でした。

左側はレールバスから進化した

富士重工製LE-DC「キハ30形」

廃線を記念して、方向幕から

系統板を使用するようになっていました。

f:id:nagee4678:20210606104302j:plain

次の「兼山口駅」(草むらから撮影・トリミング有り)

かなり高台に設置されていました。

駅の形からして、

過去には行き違いが出来たみたいです。

f:id:nagee4678:20210606104635j:plain

系統板以外は、普段通りのキハ30形。

高校生下校時は、チョー満員になりました。

f:id:nagee4678:20210606104818j:plain

「兼山駅」

中間駅で駅舎があったのはこの駅だけ。

f:id:nagee4678:20210606104910j:plain

明確に行き違い線の痕。

例外なく、この時点ではドマニアさんの姿無し。

f:id:nagee4678:20210606105134j:plain

中野駅」(サンプラザはありません)

田んぼの中のポツン駅。

f:id:nagee4678:20210606105352j:plain

忌まわしい記憶が、

ナゲーの脳内でグルグル廻り、

吐き気と闘いながら撮影・・・。

(目線が違うでしょ!いやいや・・・・)

当時と風貌は変わらない「八百津駅」

高校生大量発生の前に退散します。

駅から学校までは、結構な距離がありました。

 

では、八百津線点描へ。

2001年9月22日。

f:id:nagee4678:20210606122227j:plain

廃線8日前。満員でした。

新可児行きは、系統板無しの通常スタイル。

2001年7月17日。

f:id:nagee4678:20210606105750j:plain

明智~兼山口間。

明智駅を発車すると、大きく左へカーブし

可児川」を渡ります。

f:id:nagee4678:20210606113708j:plain

以前は国道21号線だった道路上から。

沿線には、終点まで架線柱が

16年も残されたまま。

f:id:nagee4678:20210606113941j:plain

f:id:nagee4678:20210606114012j:plain

f:id:nagee4678:20210606114031j:plain

ローカル線は、田んぼが定番。

給油しないといけないので、

昼間に1本、設備がある「新可児」行きになります。

f:id:nagee4678:20210606114259j:plain

山口駅に進入する明智行き。

草ボーボーも定番ですね。

 

2001年9月22日。

f:id:nagee4678:20210606121848j:plain

f:id:nagee4678:20210606121919j:plain

兼山~兼山口間。

山間部の様相です。

線路際へ上がれる道を発見したので。

f:id:nagee4678:20210606121609j:plain

兼山駅。

昔は有人駅だったんですけどね。

f:id:nagee4678:20210606121701j:plain

ツバメちゃんが、駅を管理しておりました。

2001年9月22日。

f:id:nagee4678:20210606122530j:plain

兼山駅。

 

2001年7月17日。

f:id:nagee4678:20210606122720j:plain

兼山~中野間。

この辺りからは平坦線に。

キハ30形も、快調に飛ばします。

f:id:nagee4678:20210606122927j:plain

中野~八百津間。

f:id:nagee4678:20210606123121j:plain

終点・八百津駅。

丸山ダム建設用の線路も有ったようです。

広い敷地なので、資材とか置いたのかな。

 

チラッと出しましたが、

廃線10日前ぐらいから、

「さよなら八百津線」系統板が

掲出されるようになりました。

地元民よりも多くのドマニアさんが駆けつけました。

f:id:nagee4678:20210606123646j:plain

明智駅に進入します。

f:id:nagee4678:20210606123728j:plain

f:id:nagee4678:20210606123756j:plain

ナゲーも1往復乗りました。

心に深い傷を負ったあの頃と、

ほとんど変わらない風景。

オヤジの呪縛から抜け出せるのか!

f:id:nagee4678:20210606123953j:plain

この光景も、まもなく思い出に。

f:id:nagee4678:20210606124036j:plain

今は海外で余生を送る、キハ30形。

f:id:nagee4678:20210606124135j:plain

f:id:nagee4678:20210606124201j:plain

八百津駅には、最終日まで

日中は駅員さんが配置されました。

f:id:nagee4678:20210606124258j:plain

新可児駅からの直通列車。

御嵩方面のホームから発車するシーン。

 

2001年9月28日。

f:id:nagee4678:20210606124509j:plain

廃線3日前。

新可児で給油を終えたキハ30形が

広見線の線路を走ってきました。

学校前~明智間。

単独の駅名表示がされた昔ながらの

系統板を廃線記念で掲げています。

f:id:nagee4678:20210606124736j:plain

御嵩方面のホームに到着。

f:id:nagee4678:20210606124807j:plain

八百津からの列車を待ちます。

廃線3日前でも、ドマニアさんもこの程度でしたからね。

いかに、冷めたムードが漂っていたかが分かります。

f:id:nagee4678:20210606124927j:plain

八百津からの新可児行きと、

御嵩からの明智止まりの列車が到着。

犬山方面へ行く人は、

左側のレールバスに乗り換え。

ここでギューギューになりました。

4両編成から1両に乗り換えですもんね。

普段なら混まないけど、ドマニアさんが半数以上。

15分後には、また電車が来るから良いですけどね。

f:id:nagee4678:20210606125201j:plain

1日1回の「キハ30形」並び。

f:id:nagee4678:20210606125239j:plain

給油のために新可児へ向かいます。

こちらも昔ながらの系統板付き。

f:id:nagee4678:20210606125412j:plain

f:id:nagee4678:20210606125446j:plain

八百津線も、列車が行ってしまえば

静寂そのもの。

それほど悲しまれることなく

最終日を迎えることになります。

ナゲーの心の傷も癒えることなく・・・。

(そんなに、虎馬なのね。漢字で書くな)

八百津線の最終日までの光景でした。

(写真垂れ流しでスミマセン)

 

次回は、廃止される「特急北アルプス号」と

廃線記念で運転された、

懐かしの名称付き列車を

ご紹介して参ります。

 

f:id:nagee4678:20210606125821j:plain

よそ者に脅迫されるノンノちゃん。